福岡市タクシー運転手が作った鶏鍋の晩御飯

出来上がりの鶏鍋グルメ

前回の記事 ー 福岡市タクシー運転手の「俺のキッチン」、今回は鶏鍋」ーでは鶏鍋の作り方を解説したけど、今回は鶏鍋をメインとしたその日の晩御飯をご紹介。

家庭料理の参考になればいいけど、地域によってはいい魚に恵まれないところもある。

鍋料理には添えたい刺し身

今回は福岡市城南区南片江のスーパー「ダイレックス」でいい刺し身があった。

この白身魚アカハタの刺身が何と¥380。淡泊な味わいだけど適度に脂がのった酒好きにはたまらん一品。

アカハタはポン酢と柚子胡椒でいただいた。

 

あかはたの刺し身

メインの鶏鍋

鶏鍋お椀

見てのとおりだけど、具材は鶏肉、ニンジン、ゴボウ、白菜、白ネギ、きくらげ、シイタケ、シメジ。

すりおろした生姜とニンニクを入れて、鶏ガラ出汁、白だし、醤油、みりん、酒、塩などを味を確認しながら足していき、最後に柚子を絞り入れ、さらに柚子の皮を細切りにして加えると上品かつ旨味豊かな鶏鍋となる。

箸休めに長芋とろろと青菜の漬物

刺身と鍋は料理の主役ではあるが、食事全体の味のバランスにはやはり箸休めが要る。

今回の箸休めは長芋のとろろと青菜の漬物。

 長芋とろろ

 

青菜漬け

料理全体は下の写真の通り。

鶏鍋食卓

 

〆は玄米ご飯を残ったおかずと食べたけど、おかずによって味が変わる(味変)ので飽きない。

デザート

この日は女房が買ってきた濃厚チョコレートケーキに栗とココナッツムースのタルト。

濃厚チョコレートケーキと栗とココナッツのタルト

まとめ

・鍋物には刺し身を添えたい。

・鶏鍋の具材は適当に好きなものや冷蔵庫の残り野菜でいいが、椎茸やシメジを入れると風味が増す。

・鶏鍋の仕上げには柑橘類、できれば柚子の搾り汁を入れたうえで薄切りにした皮も入れたい。

・メインの料理の他に箸休めになるものがあれば味わいのバリエーションが増える。今回は長芋とろろと青菜の漬物。

このバランスで一度鶏鍋の晩御飯を作ってみるといい。

タイトルとURLをコピーしました