アメリカ西海岸

2018.03.24

こんにちは。第3期ベンラボアンバサダーの網倉育枝です。

12回目の今回は、2015年8月に旅したアメリカ西海岸の滞在記をお送りします。

 

自炊とは切っても切れない関係のスーパーマーケット。

これまで様々な都市で旅ごはんをしてきましたが、個人的にはアメリカの
スーパーマーケットが楽しくて一番好きです。

北欧のスーパーマーケットに並ぶ商品のハイセンスさや、可愛いものの多さは、群を
抜いている気はしますが、実際に買い物をするとなると、パッケージや陳列棚に表記
されている言葉が理解できない故、商品を選ぶ上で、多少なりともストレスを感じる
のは否めません(私の場合)。が、その点、英語圏は買い物しやすい♡

■シリコンバレー、パロアルトにあるFB本社前の大看板。1 Hacker Wayって住所がいかにもな感じ!

 

旅程

 

Air:成田ーシアトル

宿泊:シアトル2泊

Air:シアトルーサンフランシスコ

宿泊:パロアルト(シリコンバレー)1泊ーヨセミテ2泊ーナパバレー
2泊ーサンフランシスコ3泊

Air:サンフランシスコー成田

 

 

滞在1都市目はシアトル。

初シアトルだったので、お決まりの?スタバ1号店や、マリナーズの本拠地
Safeco Field の球場見学ツアーに参加したり、定番ルートを観光。

中でも一番気に入った場所は、高台にある Kerry Park。市バスで簡単にアク
セス可能で、シアトルのシンボルの一つスペースニードルや、ダウンタウンの
高層ビル群、エリオット湾、そして、雄大なマウントレーニア、全てが見渡せ
て本当に綺麗〜!

 

■中央奥にうっすら浮かぶのが、標高4392mの Mt.Rainier 8月でも雪がたくさん残ってる。

 

そして、このケリーパークのある Queen Anne Hill には、私の大好きなスーパー
Trader Joe’s があったので、お買い物も済ませられて一石二鳥でした。

トレジョーのすぐ側には、全米チェーンスーパーの Safeway もあり、はしごし
てお買い物ができます。

日本人の間で人気の米スーパーといえば、トレジョーとホールフーズが有名で
すが、このセーフウェイも又、価格・品揃え・品質のバランスが良く、2週間
の滞在中、最もよく利用しました。特に車移動の場合、絶妙な立地にでーんと
大きく建っていることが多く、重宝しました。なので、会員価格で購入可能な
メンバーズカードを早々に作成。店内ですぐに作ってもらえます。

 

■上:トレジョーのQueen Hill店、下:全米チェーンスーパーのセーフウェイ

 

ということで、上記2店のスーパーを回って、食材を買い込み旅ごはん。

トレジョーでNew York Strip Steakと表記されたお肉を買ってみました。
あとで調べたらショートローインという部位のようで、持参したシーズ
ニング類をまぶして焼いてみたら、柔らかくておいし〜い♡

$9.49/LBのお肉だったので、g換算したら260円位で、なかなかお得感あります。

 

■旅ごはん in Seattle ハンバーガーとフレンチフライは、
キャピトルヒルで人気というDick’s Drive-In Restaurantでお持ち帰り。

 

■シアトルの宿泊先は、カウンターキッチンのついた1bedroom

 

シアトルで2泊後、空路サンフランシスコへ。

当時、中学2年生だった娘が、スタンフォード大学で開催されていたテニス
キャンプに1週間参加するため、空港からレンタカーで移動し、この日の
宿泊先は大学からも近い、シリコンバレーの中心都市 Palo Alto。

 

■広大なキャンパスの敷地内。優雅で素敵な雰囲気でした。

 

■パロアルトのアパートメントは、大きなコの字型にレイアウトされたStudioタイプ

 

アメリカで定番のうちごはんといえば?と、考えてみて、パロアルトでの旅ごはん
はマカロニチーズに。どのスーパーに行っても、マカロニと粉末チーズがセットに
なったものが、ものすごい種類で売られているので、シアトルのトレジョーで求め
たものを使ってみることにしました。

 

この日の買い出しは、宿泊先からほど近いスーパー、Sprouts Farmers Market。
ファーマーズ系スーパーなだけあり、オーガニック商品も多く、新鮮で種類豊富な
野菜類が目を引きました。この時は、3種の小ぶりなレタス類・ラディッシュ・
じゃがいも、そして、トマト缶とお買い得品だったスモークベーコンをチョイス。

あとは、マカロニチーズの材料に牛乳が必要だったので、一番ちっちゃい容量の
ものを手にとってみたら、Half&Half とでっかい表示。何と何のハーフやろ?と
見てみたら、生クリームと牛乳のようで、それらが半々で混ざってる商品がある
なんて、アメリカちっくやなあ〜と思いつつ、カゴに入れたのを覚えています。

 

■スプラウツの店内。野菜の他、ナッツやチーズ類も豊富

 

■旅ごはん in Silicon Valley 

マカロニチーズによく合う、ベーコンとじゃがいものトマト煮込みを作成。

 

 

娘をキャンプへ送り出し、レンタカーで向かった先は、世界遺産のヨセミテ国立公園。

ヨセミテビレッジ内に2泊できたので、トレッキングをしたりして、マイナスイオン
をたっぷり吸収。大自然を満喫することができました。

■左上:左側の半月状の岩がハーフドーム。左下:宿泊したアワニーホテル。

右上:滝のふもとに出現した虹。右下:滝のてっぺん(始まり)!

 

ヨセミテを後にし、次の目的地はワインカントリーのナパ。

ナパではデリも併設されてて人気のワイナリー V Sattui Winery で 、旅ごはん
初のピクニック♪

サラダだけアパートメントの部屋で作っていって、あとのローストビーフと
バゲットはOakville Grocery、テイスティングして好みだったソーヴィニヨン
ブランと、ミックスオリーブはワイナリーのデリで調達しました。

 

青空の下のごはんは気持ちいい〜!

 

■Picnic in Napa 美しいワイナリーのお庭には、

ピクニック用にたくさんのテーブル&椅子が設置されてます。

 

■上:ナパバレーにあるデリが充実した可愛いスーパー、オークビルグロッサリー

下:ピクニックをしたV Sattui Wineryの美しいお庭と、右側は建物内のデリコーナー

 

■ナパのアパートメントも、細長いコの字型のStudioタイプ

 

旅の最後はサンフランシスコ。

ナパから車を走らせ、途中、サンフランシスコ対岸の街、イーストベイにある
Berkeley でスーパーマーケット巡り。バークレーは、オーガニックや地産地消
など、早くから食のあり方や環境問題に積極的でリベラルな街として、全米で
も有名な都市です。

 

この日まわったのは、主にバークレーで出店してるローカルスーパー3店、
Andronico’s Community Markets・Berkeley Bowl Marketplace・Star Grocery と、
全米チェーンのWhole Foods Market の合わせて4店舗。

■左上:アンドロニコス、中上:バークレーボール、右:ホールフーズ、下:スターグローサリー

 

3年前のことなので、それぞれのスーパーの特徴や印象があやふやになってし
まってるのですが、特にローカルのお店は、地元のオーガニック商品を前面に
出していたように思います。

 

ベンラボネタとしては、ホールフーズで、恐竜の絵が描かれたサンドイッチ
ボックスを購入。単に上にパカっと開けるだけのプラ容器なのですが、日本
でなかなかない見かけることのない型で、トーストを持参するときなど便利
で重宝しています。

 

■ある日の娘のお弁当。厚みがあるので、ホットドッグもOKです

 

1週間のキャンプを終えた娘をピックアップし、夜は AT&T Park でメジャー観戦。

翌日のサンフランシスコ最終日は、前回(5年前)訪れた際に、ケーブルカーに
乗ったり、アルカトラズ島に行ったり、フェリービルディングでお買い物したりと、
定番の観光ルートは回ったので、この時は、おしゃれ地区で有名な Mission を散策
することに。

■上:店の外まで人で溢れている、バイライトマーケットとタルティーヌベーカリー
下:サンフランシスコ、ミッション地区を代表するローカルスーパーのレインボーグローサリー

 

ミッション地区のランドマーク的スーパーといえば、レインボーグローサリーだ
そうで、倉庫のような大型店舗に、こだわり感のある品揃えが特徴的なスーパー
でした。地元の有機食品の他にも、オーガニックコスメなども充実していて、お
手頃価格のものから高級品まで、幅広く取り扱っていたように思います。

一方、レインボーグローサリーとは対照的に、小さいお店なのだけど、地元で絶
大な人気を誇るバイライトマーケット。ちょっと広めの雑貨店くらいの大きさな
のに、人で溢れかえっているもんで、買い物しにくい!!笑 デリコーナーはレ
ジの横にあるので、私が行った時は、お会計の列に並びながら、商品を選ぶとい
う様相でした。

そして、道を挟んで向かいにあるバイライトのアイスクリームショップ、並びに
あるタルティーヌベーカリーも人気店のようで、これまた長蛇の列でしたが、
せっかくなので並んで食べてきましたよ〜。

他にも、ヒースセラミックのおしゃれなショールーム兼工房もあり、ミッション
地区は、食にまつわるショップが充実していて、食べることに興味のある人は、
1日楽しめるエリアだと思います。

 

 

さて、ミッション地区でちょこっと買い物し、この旅行最後の旅ごはん。

 

サンフランシスコの宿泊先は、コンロがなく電子レンジのみだったのですが、
ホテルで毎日ハッピーアワーがあり、ビアとスナック&サラダをフリーで頂
けました。なので、晩ごはんは軽く、バイライトで買ったアボカド&チキン
サラダに、タルティーヌベーカリーのバゲット、あとはサラダとレンチンし
た缶のクリームマッシュルームスープで、調理したものはほぼ無しに等しい
のですが、一応、旅ごはんということで撮影。笑

並んで購入したアボカドサラダにバゲット、確かに美味しかったですが、
まあ、日本のデパ地下のお惣菜や、評判のベーカリーと似たような感じでしたかね〜。

 

■旅ごはん in San Francisco 左のスープ皿は、ヒースセラミックで購入したものを早速使用。

 

■サンフランシスコの宿泊先は1 bed roomで、
中央奥にあるのが、電子レンジと冷蔵庫・シンクが備わったwet bar

 

私がこれらのスーパーの存在を知ったのは、第3回のブログでも触れた
「スーパーマーケットのグロサリーデザイン in サンフランシスコ」を、
旅前に読んだからです。

全米の大都市全てが、このようにスーパーマーケットが充実しているのか?
ちょっとよくわからないのですが、少なくとも、サンフランシスコ周辺には、
全米規模からローカルまで、私が訪れた以外にもまだまだたくさんのお店が
あるようで、スーパーマーケットラバーには、本当に楽しい都市だと思います。

 

 

 

1年間に渡り、担当させて頂いたベンラボブログ「旅ごはん」も、これにて
最終となります。

このブログをお読み頂き、旅先調理に興味を持って頂いた方がいらっしゃれば
嬉しいですが、余計大変に感じた方の方が、多かったりするのかなあ〜?とも思ったり。

日常から解放されるのが旅の一番の目的だと思いますが、現地で調理したりして、
異国で日常を感じるのもまた、旅の醍醐味じゃないかな〜と思う私です。

 

1年間お付き合い頂き、どうも有難うございました。

最後に恒例、お気に入りの1枚。

 

■ヨセミテ国立公園の日没近いトンネルビュー

 

 

 

 

 

 

【くらしソムリエ茶話会 「本日のお弁当作り」 】

2018.02.07

3期ベンラボアンバサダー 藤田郁子です。

2018年、あっという間に2月となりました。
今年はお野菜が高くて高くて!!
しかもお店に無い!!

▼昨年秋の天候不良

▼寒さで育たずに出荷できない

普段、産直野菜に携わっている野菜ソムリエとしても、悲しい現実です。

例年ならば、「今日も鍋にしよう」「今日もおでんだわ」と思うくらいの、

抱えるのが大変な特大ハクサイや、見事な太いダイコンが並ぶ時期なのに、
巻きが緩いミニサイズのハクサイや、細いお綺麗なダイコンがちょこっとあるだけ。
大分県も例外ではありません。

 

そんな野菜高騰の今、使えるところは使いましょう、と、
お弁当作りの一部をご披露します。

 

今までだったら、ちょっとポイっとする時もあった、

◇キャベツの芯

◇シイタケの石づき

◇ダイコンの皮

 

今は貴重なので、みじん切りにして、ベーコンと炒めて・・・

 

 

玉子焼きの具になりました。

焼く前に小ネギも入れています。

味付けは軽く塩コショウのみ。

 

さて、カボチャ煮がちょっと残っています。
残ったのではなく、残した確信犯でしょう?というお声もありますが、

ご想像にお任せします(*^^*)

 

さっき玉子焼きを作った小型フライパンは洗わずに使います。

丸めて焼きます。

 

焦げ目がちょっと付いたくらいの時に、少しだけお水(お湯)を入れて、

蒸し焼きにします。

 

照りもいい、カボチャ団子完成。

同じフライパンで、もう一品。
お餅大好き女子高校生のために、ベーコンで巻いて焼きました。

後は、冷蔵庫から、これまた残していた、

レンコンきんぴらとハッシュドポークを。

リーフレタスの上の部分だけを使って間仕切に。
下の部分はお味噌汁へ。

 

今年最初の旬の野菜ソムリエのお野菜情報

 

1月から出回ってきたハウストマトが頑張っています!

美味しいトマトの見分け方は、よく言われているのが、

★放射線状に見える筋(スターマーク)がある

★水に浮かべると沈む

があります。

他にも、生産者さんから実際に伺ったのですが、

赤く色づく前の色が、薄いピンクではなく、オレンジや黄金色のトマト。

店頭では赤くなっていることが多いので、難しいかもしれません。

もし、じっくり見る機会があったら、

スターマークとオレンジか黄金色を探してみてください。

 

たまたま並べたら、何かに見えてしまったハウストマトです。

 

本当は、ご紹介しようと思っていた

★ブロッコリー

★ロマネスコ

★スナップエンドウ

これらが、今年、まだ手に入っていません。
次回、ご紹介できればしますね。
お野菜から、早く春の声が聞きたいです。

 

それでは、次回。

鬼オムライス

2018.01.31

皆さまこんにちは、そして
明けましておめでとうございます
ベンラボアンバサダーのZUZUです。

この時期は学級閉鎖が多いですよね、
皆さまは大丈夫ですか???
私と娘は毎日R-1を飲んで
インフル予防に励んでいます。
去年もR-1のおかげでか2人共に
インフルにかからず冬を越しました!
今年も沢山食べて沢山寝てR-1飲んで
冬を乗り越えたいとおもいます(^^)

さてさて、一月も後半になってきたので
今回は節分のお弁当をご紹介♡

ではさっそくいってみよー!

まずは玉ねぎ、人参を入れて
ケチャップライス作り

 

 

これを弁当箱に詰めていきます

 

お次はスクランブルエッグ!

 

 

これをケチャップライスの上に

 

もう、予想ついてきたのでは?笑
枝豆を真ん中に置いて

 

チーズを型抜きします。
横にいた娘が手伝ってくれました( ´ ▽ ` )

小さなパンチで海苔を抜きます

 

小さなパンチで穴を空けたまわりを
今度は大きなパンチで抜きます

パンチで抜いた海苔を先程のチーズに

 

目を付けます

 

口はハムで好きな形を作ります
私は雲型でアワワ感を出してみました。

 

 

ウインナーを三角にして
ツノにすれば出来上がり!

 

ホッペは最初人参でやってみたのですが、
同系色すぎてケチャップのほうが可愛く
なりました(^^)

頭の中にイメージがあっても
実際やってみると全然違うかったり
ん〜。。。
となる事が多いのですが
これだッッッ!
ってなった時は本当に嬉しい♡

今回の鬼さんは
「わ〜!!食べられる〜!!」
って慌ててる顔なんですが
そういうストーリーを考えながら作るのも
とても楽しいですよね。