お弁当にも新春の演出を♪『お正月気分を楽しむデコ Part-1』

2015.12.19

おとな可愛いデコ弁テク 〜9〜

 

 

お弁当にも新春の演出を♪『お正月気分を楽しむデコ Part-1』

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
こんにちは。ベンラボアンバサダー野添美栄です。

 

クリスマスが終わるとおせちの買い出しやら準備が待っていますね〜。
今回は、「お正月気分を楽しむデコ」をご紹介したいと思います。
おせちにも使える(使えない?)アイテムもあるかも〜。

 

まずは、「椎茸デコ」から。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 
左)通常よく見かける椎茸カット。
中央)少し調子に乗って、小さく数多く入れてみました。
キラキラ感が出て何だか可愛いと思いませんか?(←自画自賛)
右)更に調子に乗って、シメジにもキラキラカットをしてみました。
これは!!暇つぶしにいいかもしれません。(笑)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

次は「人参デコ」

 

 

おせちにかかせない「梅人参」や「ねじり梅人参」って包丁ではなかなか上手くできないですよね。
時間もかかるし・・・とにかく手を切りそうで危ない(>_<)。
でも、抜き型を使えば、とても簡単にできちゃうのです。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

さっと火を通した人参を抜き型で抜き、包丁でひと手間手を加えて立体感を出す!これがポイントです。
桜の型を使えば春にも使えそうですね!!

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

「花れんこん」もいざ包丁で作るにはとても難度が高いですね。
でも、型で抜いた人参にストローで穴を開ければ「花人参」のできあがり。

 

 

簡単でしょ!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

次は、女子力を上げる「薔薇デコ」

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

1cm幅のリボン状にカットしてさっとゆでます。
(スライサーを使えば簡単です)
水分を拭き取って端からくるくると巻くだけ。
できれば2〜3個作って葉っぱを添えると更に可愛くなりますよ。

 

 

「薔薇デコ」応用編。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 
かまぼこを薄く3枚スライスして(さっとお湯をくぐらせると巻きやすい)くるくる巻き付けていき、
土台になるかまぼこに切り目を入れ、そこに葉っぱと一緒に差し込みます。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 
・切り目を入れた竹輪に差し込んでみました。
コンパクトで竹輪の長さで自由に高さを変えられるので、
これはお弁当にオススメです。

 

 
・紅白のかまぼこをスライスして交互に並べ、切り目を入れて市松模様に。
金粉でもかければ豪華な仕上がりになりそう〜〜〜。
今回は108円のかまぼこなので、少し安っぽい仕上がりですが、

 

お正月用かまぼこを使えばもっと豪華な仕上がりになること間違いなし!!
皆さん、ぜひお試し下さいね。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

最後に「ハート苺」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

半分にカットした苺の上部に切り込みを入れるだけ。
少し角を取ってあげるとキュートなハート苺の完成!
デザートを出す機会が多い年末年始、こちらもぜひ♪

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

お正月気分を楽しむお弁当デコ、参考になりましたでしょうか。
お野菜の具材を変えていろいろ応用もできます。
何か色味が足りないなぁ〜って時に思い出していただければ嬉しいです。

 
さて、次回のテーマは『お正月気分を楽しむデコ Part-2』
どうぞお楽しみに♪

 

そして、そして、来年も引き続きよろしくお願い致します。

皆さま、どうぞ良いお年を〜♪

 

クリスマスにむけてお弁当もちょっと楽しい演出を★

2015.11.20

おとな可愛いデコ弁テク 〜8〜

 

こんにちは。野添美栄です。

街はクリスマスでだんだん賑わってきましたね。
今回は、クリスマスにむけてお弁当もちょっと楽しい演出を★というわけで、
オムライスに少し手を加えた「薄焼き玉子の模様デコ」。
そして、これから旬を迎えるりんごを使って華を添える「りんごデコ」を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 
まずは、「薄焼き玉子の模様デコ」から。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

卵を割るとき、模様用に白身を別の容器に分けておきます。

抜き型はステンレス製のものを使ってくださいね。
プラスチックだと熱で溶けちゃいます。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

まずはドット柄に挑戦!!
フライパンに油をひいて弱めの火加減でひとまず卵液を流し込んで焼きます。
少し固まってきたら一旦火を止めて金型で抜いていきます。
型を抜いた場所に白身液をそっと流し込みます。
白く火が通ったら完成です。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

クリスマスは星柄がおすすめです♪

 

 

次は、フライパンを汚さず簡単にできるドーナツそぼろご飯の作り方を紹介します。
忙しい朝に、ひとつのフライパンで調理出来るので助かっています!キッチンペーパーさん!!
しかも、洗い物も増えないのが嬉しいです。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

私がよく作る作り方です。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

フライパン(空だきOKのもの)にクッキングペーパーを敷き、温めます。
たまごそぼろ→卵液を流し込みお箸で混ぜ混ぜ。できあがったらペーパーはポイ!
鶏そぼろ→ペーパーをただ敷くと調味料がフライパンにこぼれるので、
鉢のような器に入れて型をとり(水分がフライパンにこぼれないように周りを高くする)
フライパンに敷きます。

 

 
先に鶏ミンチを炒め、調味料を入れて混ぜ混ぜ。
タラコや明太子もこの方法だと楽チンですよ。

 

 

 
最後に、これからますます美味しいリンゴが出回る季節。
なかなかリンゴを入れるのって難しいのですが、
私は薄くスライスして仕切りに使ったりします。
塩水にちょこっとつけてペーパーで水分を拭き取ると変色もしません。
娘には「お弁当に果物は入れないで!」と言われておりましたが、
りんごだけはクレームが来ませんでした。なんでかな。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
で、せっかくのクリスマス。
ちょっと頑張ってりんごのカッティングデコに挑戦しませんか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

りんごに切り目を入れてナイフの角で皮をそっと剥がすだけです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
ここOh!BentoLaboでも登場しています格子模様りんご。難しそうですが、
やってみると以外と簡単ではまっちゃうのです。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カッティングも格子模様以外にストライプでもいい感じに♪
うさぎりんごって大きくてお弁当に入れるのはちょっと難しいですが、
小さなミニうさぎりんごにしちゃえばちょっとしたすき間にも入っていいアクセントにもなります。
木の葉形にカットすれば何だか上品で高級感も出ますね〜。
アクセントに、お口直しに、こ〜んなりんごの入れ方はいかがでしょうか。

くれぐれも手は切らないように注意してくださいね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
さて、次回の『おとな可愛いデコ弁テク〜9〜』

 

 

 

テーマは「お正月お野菜デコ!」です。どうぞお楽しみに♪

 

 

♪仕上げの美テク・デザイナーズカット♪

2015.07.03

 おとな可愛いデコ弁テク 〜3〜

 

こんにちは。野添美栄です。

 

今回のテーマは、♪仕上げの美テク・デザイナーズカット♪について。

わはは。すごいネーミングになりました(^_^;)

 

お弁当作りのなかで、私が一番重点を置いてる(一番好きな工程)のは、最後の仕上げ。
あ、もちろん栄養バランスも考えているのですよ。←のつもり。

豪華なおかずこそ入りませんが、脇役のおかずたちをうまく使うことで立派なおかずに打ち勝つ「美しさ」や
「見栄え」を演出できるのです。

そこで、今回は、日頃よく使っているデザイナーズカット(ツッコミ禁止!)をご紹介いたします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、すきまおかずのちょっとしたデコレーション例。
お野菜の輪切りでちょっとひと工夫。

これひとつ入るだけで「おお〜!」ってなりませんか?
ただし、スルーされないよう目につく場所に置いて下さいね!笑

華やかさや女子力を演出したいときはコレ!かま薔薇!!

かまぼこは、うすーくスライスしてくるくると巻き付けます。
弁ラボの薔薇スペシャリスト Mariさんがおっしゃるには、さっと湯通しして水分を飛ばすと綺麗に巻けるそうです。
ずぼらな私は、クッキングシートにかまぼこを並べてレンジで数秒!これでもうまく巻けますよ!

枚数は5枚くらいが巻きやすくておすすめです。

薔薇の応用編→人参薔薇。

ここだけの話し、エコな私は(前回これに触れました)、ピーラーで剥いた人参の皮をよく使うのですが、
これもさっと湯通し(又はレンチン)して水分を飛ばすと拡がらず綺麗に巻けます。
紫人参やきゅうり、ズッキーニなどで巻き巻きの個数を増やせば「ぶどう」にもなりますね〜!
必ず、茎や葉っぱを添えるのをお忘れ無く!!グレードアップしますから!

 

つぎは、添え野菜たちのデザイーナーズカット。

お野菜の切り方って自分のクセがあるみんですよね〜。
縦・横・斜め・輪切り・ピーラーで剥く・・・などなど、いつもと違うカットをしてみましょう!

   

すごく新鮮で美味しそうに見えたり、スタイリッシュに見えたり、お弁当もぐっと雰囲気が変わります。
盛りつけ方も、生け花のように角度を持たせると動きが出て存在感もUP!
普段切り落としている茎の部分を残してカットするとまた違った表情を見せてくれます。
メインおかずでは味わえないお野菜ならでは!の表情の豊かさにびっくりします。

ってことで、皮付きのままカットして入れてみました!ディップ(マヨネーズ)をつけて
食べたらまるでカフェのよう。笑

これはあくまでも一例。
皆さんも「デザイナーズカット」、ぜひ心がけてみてください。楽しいです。

 

*最後に、いつものデコポイント

 

私はこういう抜き型をよく利用します。主に100均。

仕上がりの大きさが揃うし、手も汚れなくて衛生的。ふりかけを容器に入れて、
白い型抜きご飯をコロコロすれば、すご〜く手のかかったおにぎりに見えちゃいます。

春はサクラの塩漬けを必ず購入しています。
ぶぶあられもよく使います。

最後に盛りつけるだけで、じゃじゃ〜ん!!お花見弁当のできあがり。

ぐっと春らしいお弁当に仕上がります。

私がお弁当作りでとても大切にしていることは「遊びゴコロ」

作る本人が楽しく作ってるとお弁当もすっごく美味しくなるんですよね〜。←次女で実験済み。

「毎朝、時間との闘いでそれどころじゃないわ!!」って大ブーイングがおきそうですね・・・・あはは(^_^;)

〜おとな可愛いデコ弁テク つづく〜