お弁当周りの小物の収納

2017.01.14

ベンラボアンバサダーの小川です。
今年もお付き合いよろしくお願いいたします。

 

 

 

今回はお弁当周りの小物の収納のことを。

娘が小学校5年生から作り始めたお弁当ですが
それから2年経ち、3年経ち…となるうちに
増えていったのがピックや型抜き。

最初の頃は数も少なかったので
小さなプラケースに収めて、
戸棚の中に入れていましたが
四年も経つと増える増える…。

 

そのうちプラケースには
収まりきらなくなってきました。
そこで去年、新たに収納を見直すことに。

 

お弁当を毎日作る上で
すぐに取り出せて、一目瞭然にするには…、
と白羽の矢が立ったのがこの家具です。

 

 

使いやすいようにキッチンシンク脇に。
四角いただの箱に見えますが

 

 

蛇腹になった扉を下に下げると
薄型の引き出しが
7段になっているキャビネットなのです。

 

北欧ヴィンテージの家具店で購入した古い家具。
スウェーデンかデンマークのものだそう。

 

これまで我が家では主に
豆皿や小さな小物、カトラリーやキャンドルなどの収納にしていたのですが

 

泣く泣く、
3段だけお弁当スペースにすることにしました。

利用頻度が高いピック類を1番上に

 

2段目は型抜き

 

 

3段目はご飯の型類を。

 

 

浅型の引き出しなので
小物を重ねて収納できないので
上から見ると使いたいものが一目瞭然。
とても使いやすいです。

 

「ネクタイを陳列する飾り棚として
メンズのお洋服のショップの方がよく探してたりするんですよねー」
と、この家具を買うときにお店のかたが言っていたのですが、

 

まさかお弁当用のピックや型抜きが
入れられてるなんてビックリするでしょうね。笑

 

クリスマスなお弁当のこと

2016.12.19

こんにちは、ベンラボアンバサダーの小川です。

今年もあっという間にもう12月!
人生初のギックリ腰になってしまった私。
皆様もお気をつけくださいませませ。

さて今回はクリスマスなお弁当のこと。

 

この時期になると出すクロス類。

 

 

手前の赤いリボンのリースのデザインは

18年前の12月の初フィンランド旅行の時に
買ってきた想い出深いクロス。
お弁当箱を包むには小さ過ぎますが
撮影の時のアクセントとして
写りこませたりしています。

 

同じくこの時期に活躍のピック類。

 

カラフルなピックや

小さなツリーがチョコンとついてるピック。

 

 

木こりのサンタのお3人さんは
かなり前に友達が作ってくれたロールケーキの上に乗っていたもの。私の1番のお気に入りです。

 

 

 

わかりにくいですが
ライスコロッケを2つに割っている木こり。笑

 

 

 

 

これはカツレツを切り分けているふうな木こり。

 

 

これはステーキの上にいますね…笑

 

星型やジンジャーマンの形の型抜も大活躍の時。

 

 

サークルのお弁当箱にふりかけを使って、リースのような見立てにするのも雰囲気が出ますよね!

 

 

こちらはおいなりさんのお揚げの長方形なところを利用してトナカイに。鼻は小梅です。

 

スパムをジンジャーマンの型抜きで抜いて、星型で抜いたチーズを乗せて。

 

 

これは一応ニョロニョロサンタ。笑
ニョロニョロの型抜きでご飯を抜いたのだけれど
全然ニョロニョロ感が出せませんでした。涙

 

 

お付き合いありがとうございました。
来年もよろしくおねがいいたします。

お弁当箱ではないハコの可能性

2016.10.21

こんにちは、
ベンラボアンバサダーの小川です。

今回のおはなしは
「お弁当箱ではないハコの可能性」について。

 

棚の中に仕舞われたまま、なかなか出番がない缶やプラケース、ホーローなとなど。もともと雑貨や骨董好きなのもあって、
そんな不憫な物達が少なからずある我が家なのですが

 

日々、お弁当を作るようになってから、
もしかしたらお弁当箱に使えるかも??と
ふと思うようになりました。

 

fullsizerender-2

 

このプラスチックの容器は2つとも、フィンランドのplastex社の古いモノ。
2つとも乙女な柄ですが、目利きな夫が「これカワイイ…」と現地の骨董市で発掘したものでした。

でもこの2つ、それまでは飾り棚に飾るくらいでなかなか実用できていなかったのです…が、
fullsizerender

長方形の箱はおにぎらずを入れるのにぴったり。

 

2

 

 

丸い箱はサラダを入れたり、果物を入れたり。

 

1

 

 

ムムムッ、使える!楽しい!!となりました。

中でも超ヘビロテなのは、スウェーデンのコクムス社の古いホーロー容器。

3

 

4

 

これは日本のフリマイベントで破格で購入したものですが、クリーム色にグリーンの縁取りの
このシリーズは1940年代のものだそうで、欠けもなくここまでキレイなコンディションのものは奇跡的
なのではないかと思います。

 

3

 

でもこれも手に入れてみたものの、
はて?何を入れようか??…
と思いあぐねていたのですが、

それがこの大きさ、
深さ共にお弁当箱にぴったりだったのです。

9

 

ミートソースをかけても…
冷やし中華のタレをかけても…
深さがあるので混ぜやすく食べやすい。
左下の画像は固焼き餡かけ焼きそば、
これも娘に好評でした。

 

fullsizerender-7

 

 

深さがあるから、
お稲荷さんの2段重ねも余裕。

 

しかし、はるばる長い年月を経てスウェーデンから日本に連れてこられてお弁当箱にされ、
しかもよりにもよってお稲荷さんを入れられることになろうとは…。笑

 

 

こちらはどちらもクッキーが入っていた缶。
サンドイッチを入れるのにちょうど良いサイズ。

8

 

6

 

雑貨屋さんで手頃な缶を見つけると
「むむ、これは使えそう…」とついつい思ってしまうのです。病気です…笑

 

 

最後に
10月はハロウィンということで
先ほど紹介したコクムス社のホーロー容器を使ったミイラ弁当(2015)でお別れを。

今回もお読みいただきありがとうございました。

 

5