ボーンブロスの会

2018.02.10

こんにちは。 西田美江です。 先日、自然育児サークルskog で
ボーンブロスの会をしました。

 

大人13名と子どもたちいっぱいでわちゃわちゃ!
私は菜食生活が長かったのでボーンブロスってなんぞや?
なんか良さそう、作ってみたい、食べてみたい、
興味津々で参加しました。

 

ボーンブロスとは、「骨のだし汁」という意味。
鶏や豚、牛の骨と香味野菜を煮込んだスープのことで、 骨と野菜
から栄養素がたっぷりと溶け出し健康効果や美容効果、 ダイエッ
ト効果が期待できるスープとして話題になっているそうです。
なるほど! もちろん使う骨は、遺伝子組み換え飼料を食べていな
かったり、 抗生物質を使わず育った健康な家畜のものを使うこと
が前提です。 今回は、メンバーが取り仕切ってくれて、 ボーンブ
ロスを使いこなすメンバーもいて、 自然育児サークルskogいい感
じに活動しております◎

 

 

この日は、皆の家庭で出た野菜くずも突っ込んで、
小豆島の自然放牧された豚の骨を ぐつぐつ煮出したボーンブロス
からの展開料理をしました。

 

ラーメン 麺はグルテンフリー あわ麺とこんにゃく麺を使いました。
メンバーの作ってくれていたチャーシューがすごく美味しかった!
卵は暗峠の自然有精卵です。

カレー 汁をボーンブロスにして 野菜だけのスパイスカレー。
いつも必ず入れるトマトを忘れたけれど、何とか美味しくできました。

 

煮物 味付けは塩のみと醤油を少し入れたものと2種類作りましたが、
塩のみで十分美味しく大満足の一品となりました。

 

 

 

チャーハン ボーンブロスでご飯を炊いて、 具は、ネギの刻んだのと
生姜みじん切り、卵。 味付けはぬちまーすの塩とお醤油のみ。
シンプルだけど深い味わいで子供達にも大人気でした! その他、
ボーンブロスは調味してそのまま飲んでもいいし、 お味噌汁にした
り他にもたくさんアレンジできそうです。

 

 

 

デザートも食べたいよねと、 veganりんごとオートミールのケーキ
vegan 米粉の蒸しパン 白玉団子のあんこ添え も作りましたよ。

 

 

 

おせちの会で余った材料も使い切りました。 12月末にはおせちを皆で
作ったのです。時期がずれたのでブログに書けなかったのですが、
ノンシュガーのおせちで家族や子供にも好評でした 。

 

 

 

そして、ボーンブロスを食べた感想。 思ったよりあっさりしていて
体にスーッと入っていく気がしました。 参加したみんなもも翌日も
肌が潤ってる~ とか、元気になる~とか実感されていました。
私も翌日自転車で走り回ったけど、スタミナ切れしませんでした。
気のせいかもしれないけど。 まだまだ寒くて肌がカサカサしがちの今、
また作ってよさを体感したいと思います!