(最終回)海外駐在妻のお弁当よもやま話

2016.02.23

海外駐在妻のお弁当よもやま話_12 (最終回)

 

 先月に続いてニューヨーカーのお弁当ランチ事情をお送りします。

 

お昼になるとオフィス街に出てくるベンダートラック。

 

日本でもときどき見かけますよね。

 

(べンター=Vendor おべンターではありませんよ)

 

タイムズスクエア周辺オフィスのみんなに1番人気は、フラッフルというひよこ豆のお団子と、

 

ギリシャサラダ(ダイス切りのトマト、きゅうり)のナンのサンドイッチ。

 

 

thumb_IMG_2517_1024

 

 

チキンオーバーライス。これもベンダーの人気料理。ベンダーといえば、これって感じです。

 

中東系のメニュー。ホワイトソース(ヨーグルトベース)にレッドソースでスパイスを。

 

相当のボリューム。かつこれをデスクで食べると匂いがすごく、みんなから必ず、

 

白い目でみられるんだけどね。根強いファンが多くて、「誰かまた食べえるなぁ〜」って、

 

ランチ前の人はつい鼻がクンクン、スパイシーな香りが漂い食欲をそそります。

 

 

IMG_0850_1024

 

 

メキシコ料理の人気ファーストフード。チポートレ。タコライスみたいな感じね。

 

 

IMG_2843_1024

 

 

アジア系スタッフに人気のビビンバ!

 

 

thumb_IMG_4927_1024

 

 

ヘルシー志向な人は週5で通うサラダのベンダー。おしゃれな人に人気で、

 

日本でもじわじわ広がりつつある、キヌア入り。

 

 

thumb_IMG_4943_1024

 

 

惣菜屋でテイクアウトするとこうなる中華系。盛り合わせになっちゃうのよね。

 

IMG_0184_1024

 

 

ヘルシー志向に人気なサーモン、カリフラワー、ケールのBoxランチ。

 

IMG_1849_1024

 

 

でも、やっぱりピザは王道。

 

 

thumb_IMG_1935_1024

 

 

 

そうはいっても、駐在員おじさんのお気に入りはこれ。

 

日替わりで届けてくれる、日本サービス。KIKKOMANが目に沁みます。

 

 

thumb_IMG_4938_1024

 

 

時々オフィスの有志で開催される、国際デーランチ。みんなで合同で出前をたのみます。

 

取材当日はウズベキスタン料理。本当にニューヨーカーのランチはインターナショナルで驚きです。

 

 

thumb_IMG_1954_1024

 

 

 

食べ終わりの写真でごめんなさいね。(こんな感じです。)

 

thumb_IMG_1955_1024

 

 

最後に朝食弁当編

 

女子の定番。フルーツの盛り合わせ。

早朝のタイムズスクエア周辺のベンダートラックで、ワンコイン。(500円ぐらい)

 

thumb_IMG_2694_1024

 

 

 

ヨーグルトとグラノーラ、バナナをメーソンジャーで持参する女子もちゃんといました。

 

thumb_IMG_2006_1024

 

 

男子の朝食。Pig in the Blanket っていうですって。ソーセージロール。

IMG_1101_1024

 

 

朝も、ちゃんと食べようっていう人もいますね。

 

世界中から集まった国際人が働くニューヨークには、本当に世界のお弁当、ランチが集結していました。

 

お気軽に、盛り付けも容器にもデコレーションにもあまりこだわらずに、

 

でもそれぞれが自分の食のスタイルをもっているのも興味深かったです。

 

 

 

 さて、素晴らしいご縁をいただき、1年間たのしく海外のお弁当生活を振り返りながらコラムを書かせていただきました。

 

18年の長かった海外での暮らしも夫の定年とともに終わりを告げました。

 

今は、定年後も元気に働くアラ還暦夫のためにシニアなお弁当を作っています。

 

そして今更ながら、身体は「食べ物」でできているのだなと感じています。

 

食のアイデンティティがあるのなら、「和食」って素晴らしいな!と

世界に誇りたいと思う今日この頃。そしてお弁当という文化も。

 

 

今回の連載コラムを書くうちに、和食は、バターやソースというような

 

脂分や水分が少ない料理の献立もあって、冷めてもおいしく、

 

さらに持ち運べるようなお惣菜もいっぱいあって…。

 

この「食文化」の中にいっぱい詰まっているのねというのを改めて感じたりもしました。

 

お弁当作りは、誰かのためにっていうのも素敵ですよね。

 

これからも「お昼の時間が待ち遠しいね」、「蓋を開けるのが楽しみね」というようなお弁当を、

 

自分自身もいっぱい楽しみながら作りたいなと思います。

 

ご愛読ありがとうございました。

 

毎週のお弁当をまとめてこちらにアップしています。

 

よかったら、見てね!

 

芳賀裕子のお気楽ブログ YUKKESCRAP

http://yukkescrap.exblog.jp/

 

NY 現地発最新レポート! 手作り持参派、デスク飯編

2016.01.25

海外駐在妻のお弁当よもやま話_11

 

今回からは、現地発最新レポート編でお送りします。

 

ニューヨークに暮らす娘を訪ねたのは、昨年の12月。

 

マンハッタンのオフィスに潜入してニューヨーカーのランチを見せてもらいました。

 

 

ニューヨーク、それもマンハッタンは、とにかく何でも手に入るから日本食事情には事欠きませんが、

とんでもなく高い。日本食に限らず「食材」すべてが高いのね。

 

 

 ランチタイムはどこも短いのだから、短い時間でささっと済ませたい。

 

安くて美味い店はどうしてもランチタイムは長い列ができてしまう。

 

でもレストランに入ってしまったら、

飲み物にサンドイッチ程度でも、軽く2000円は飛ぶ、お決まりのチップ(10%程度)を払うと、

食後のコーヒー代も吹っ飛ぶ計算。

 

 

なかなかここで生きていくのは大変です。

私はカフェでメニューみてランチ(ハンバーガーとホットドリンク)を注文したら

3400円(含むチップ)でびっくりしましたね。

 

 

だからみんな、日常はあれこれ工夫をしてるんですね、とっても。

マンハッタンのオフィスのランチタイムを直撃してみました。

 

 

まずは、手作り持参派、デスク飯編

 

アメリカ人男性40代(奥さんは専業主婦)は、なかなか手がこんでますが、

最近ちょっと体重が気になるようで「ヘルシーにしてね」というのが奥さんへのリクエストだとか。

 

スープとサラダ

スープはリンゴのポタージュとピーカンナッツ・オートミールグラノーラ

キャベツ、赤カブのサラダ、レモンドレッシング。

 

              thumb_IMG_4950_1024 

 

こちらは、20代アメリカ人独身男性。

 

金欠だそうで、外でランチを買うよりは自炊!

 

見た目は二の次。

肉と玉ねぎを、どーんとオーブンの皿に乗せて即席ミートローフ。

一応野菜も採ろうってことで芽キャベツも投入したんだとか。

 

                thumb_IMG_4936_1024

 

 

そして20代独身女子

 

週末に作りためて一週間を乗り切る!ということで、

大鍋料理のビーフシチュー。ニューヨークの女子にもいたのね、週末作り置き派が。

 

 

                    thumb_IMG_4933_1024 

 

 

ランチ用に、電子レンジが設置されています。

 

そのためにお弁当のコンテナ(弁当箱)は、レンジ対応の素材になるのですね。

熱々が持ち運びできるように、プレートも準備されているのが素晴らしい。

 

                  thumb_IMG_4952_1024 

 

 

 

 

 現地レポートは次回に続く。

メキシコのサラメシ

2015.12.29

海外駐在妻のお弁当よもやま話_10

 

メキシコのサラメシ

 

メキシコから、海外で作る純ジャパ弁当というのを発信したらNHKの「サラメシ」に出演することになってしまいました。

 

海外で和食のお弁当作りにこだわってきたけど、いろいろ番組に提出したお弁当のなかで、
放送に採用されたのは、あまり力をいれてないごく普通の煮ものと卵焼きと梅干しののったお弁当で、
ちょっと気落ちしたけどね。

 

 

スペイン文化の影響を受けたメキシコは、当然食事の時間もラテン・タイム。

 

朝は、簡単なフルーツとパンにチョコラテ、もしくはちょっと遅めのデサジュノ(ブランチみたいなもの)では、
コース料理でフルーツ盛り合わせ、フレッシュジュース、メインの卵料理(オムレツからトルティージャの
おじや風のものなどいろいろ)、甘いデニッシュのパン、コーヒーかチョコラテ。
(お茶の栽培のない中南米には紅茶を飲む習慣がとても少なくお茶といえばハーブティーになる)
デサジュノ・ミーティングなるビジネスかいぎもあったりしてなかなか優雅です。

 

 

お昼ご飯は、スペイン風のシエルタ同様にゆっくり時間をかけてコースでと言う場合が多く、
13~14時から、ゆっくりだと夕方16時ごろまでテーブルを囲む人もいます。ビジネスタイムは
朝早くて7-8時ごろから13時。13時に昼食になることはかなり早めで、日本人のお腹には
待ちどうしいころになってようやくのお昼ご飯。

 

 

 

ここでチョイスは、2パターン。

 

 

コミーダコリーダと呼ばれる定食ランチか、立ち食いタコススナックか。

定食ランチといってもお昼ご飯が一日のメインのメキシコ人のとっては前菜からメイン、
飲み物(フレッシュなフルーツジュースが多い)にデザートまでのコース。

 

 

10_tacos4

 

 

朝、しっかりデサジュノを済ませて、お腹が空いていない人や、
ビジネスに追われてテーブルについて食事ができない人は、
タコスの立ち食いスナックと言う感じになります。

 

10_tacos2

 

10_tacos3 10_tacos

 

 

こちらは、道端の有名なタコス屋さん。タコスのなかでもギサードと呼ばれて、
トルティージャに、トマト風味(アロス・メヒカーナ=メキシコ風ピラフ)や
野菜の炊き込みご飯(ハルディン・プリマベーラ=春の庭のご飯)をのせて、
サルサで煮込んだチチャロン(豚の背脂のクリスピィーせんべいの煮込み)や、
血の入ったチョリソー、野菜の煮込みを乗せていただきます。

 

 

SONY DSC

chityaron  豚の背脂を緑のサルサで煮込んだ定番の家庭料理

 

一般的なタコスが、肉や魚を巻いて食べるのに対して、ギサードは、
メキシコ料理のおかずとご飯を巻いて食べる庶民の味。

 

 

 

SONY DSC

gisado  典型的なギサード トウモロコシのトルティージャに炊き込みご飯にフリホーレス

 

 

メキシコの代表的なサラメシです。

 

 

さらにメキシコのギサードを知りたい人は、こちらへ

http://jetwife.exblog.jp/18539486/

 

 

メキシコのコミーダコリーダ(ビジネスマンの定食)を知りたい方はこちらへ

http://jetwife.exblog.jp/i21/