(最終回)ワインを楽しむ

2016.02.27

 

 

こんにちは

 

「ワインと暮らす」をテーマにブログを書かせていただきました水溜 陽子です

 

今回で12回目です。テーマに沿っていたのかどうか 自信ないのですが

 

ちょっとでも ワインを身近な存在に感じて いただけたのなら嬉しいです

 

 

現在、ソムリエ資格者が累積3万名です

 

エキスパートの資格者が12000名を超えています

 

凄いですよね!

 

ソムリエもそうですが エキスパートの約半数が女性なんですよ

 

食事を毎日作ることの多い女性が 

 

ワインを勉強し

 

家庭の食卓をさらに楽しく彩る工夫をされているのを

 

想像するだけで嬉しくなってしまいますね

 

 

 

もっとワインを知ってみたいという方に耳寄り情報です!!

 

年2回 実施されています

 

ワインに興味がある方ならどなたでも受験できる

 

「ワイン検定」という検定試験があります

 

ワインの基礎を学ぶ「ブロンズクラス」は 4月17日が試験日で

 

3月22日まで 申し込みを受け付けています

 

 

 

12752126_1006412052766582_753307868_o 

 

 

 

そして さらに上のクラス シルバークラスというものもあります

 

こちらは ブロンズクラスの認定者の方が対象です

 

11月13日が試験の開催予定となっています

 

下記にアクセスしていただくと 詳しく検定について掲載されています。

 

 

https://www.winekentei.com/

 

 

 

 

 

あと もっと深く勉強したいという方には「ワインエキスパート」という資格もありますよ!

 

こちらは 試験内容の80%がソムリエと同じ!!

 

こちらも ワイン愛好者の方ならどなたでも受けていただける試験です

 

 

http://www.sommelier.jp/honbu/article/103496/

 

 

 

 

よし 一丁挑戦してみようって 方は

 

ソムリエ協会から テキストの購入ができます

 

http://www.sommelier.jp/

 

2016年度の教本3月1日より予約が開始されます

 

 

 

 

知ることでより一層楽しむ事が出来るワインの世界

 

ここまで来ていただいたら

 

もう引き返せませんよ。

 

 

 

 

 

 

春がそこまで来ていますよ♪

 

お弁当とワインをもって出かけませんか?

 

 

 

どんなワインとどんな料理を楽しもう

 

そんな時におすすめなのが

 

『ワイン女子101人の おうち飲みワイン202本と 最強つまみ202品』

 

 

-日本ソムリエ協会女子部編 が おすすめですよ♪

 

 

 

 

12755340_1006412046099916_524770075_o 

 

 

 

お弁当にもなりそうな 美味しそうなお料理がいっぱい(≧▽≦)

 

07池戸亜矢さんの 鶏ミンチとジャガイモのガレット

 

10井上酉子さんの キャベツのツナ炒め

 

11井上有加さんのジャガイモとアスパラのチーズ巻き

 

87私の 重ねるだけのなんちゃってラザーニャと新作を一つプラスして

 

お弁当作ってみました🎶

 

あとはワインと 気の合う仲間がいれば 盛り上がること間違いなし!

 

 

 

 

 

12722700_1007911472616640_851457466_o

 

 

 

お客様をお招きしたいときのアイデア満載の1冊はこちら

 

「ワイン男子101人のもてなしワイン 300本」

 

―ワインエキスパート男子部編 もお勧めですよ。

 

 

 

12737017_1006412049433249_421886055_o

 

 

 

 

今回も訪問いただき 本当にありがとうございます。

 

最後まで、お読みいただいた 皆さんに感謝です

 

 

 

そして 今年もたくさんの素敵なワインとの出会いがありますことを

 

心から祈りつつ

 

 

 

皆さんのワインライフに負けないくらい

 

素敵な情報を発信できるように頑張ります!!

 

 

また お会いしましょうね

 

 

★Oh!Bentoコンシェルジュからのおせっかい情報★ 

ワインのご用命は「みたまり酒店」へ

 

地方発送もおこなっています♪

 

http://www.mitamari.com/

 

今月はスーパースターの登場です★

2015.12.04

こんにちは!

クリスマスに 忘年会 年越しとイベントが盛りだくさんの12月は

皆さん ワイン飲まれる機会多いのではないでしょうか。

そんな ちょっと ハレの日にピッタリのワインといえば・・・

やはり シャンパーニュ!ではないでしょうか。

今回は スーパースター的輝きを放つ シャンパーニュのお話です

 

12334150_961759123898542_601465011_o

 

 

◆シャンパーニュってなんだ!

 

それは フランスの シャンパーニュ地方で特別な工程を経て出来上がる発泡性ワイン 
スパークリングワインのことです。

どうやって 作られているかというと

白ワインのようなものを作る。 

この 「ような」というのは シャンパーニュは基本 白い葡萄  シャルドネと黒い葡萄 
赤ワイン用の品種 ピノノワールや ピノムニエをブレンドして作られているんです。

 

それぞれの出来たワインをブレンドし 瓶に詰めます。

 酵母と糖を1本ずつ加えて瓶詰していきます。

すると 瓶の中で 発酵が始まります。

瓶の中でたくさんの澱と熟成すること1年以上 最低でも15か月熟成をさせる決まりになっています。

発酵の過程で出来た 澱を凍らして 取り出します。

取り出して 減った澱の分を リキュールや白ワインをプラスして完成です。

この時の 甘味の加え方で 甘辛度が決まります これを 門出のリキュール
(リキュール デクスペディシオンLiqueur d’Expedition)と言います。

なんか おしゃれですよね♪

かなり 凝縮してお話ししておりますが シャンパーニュはこうして作られています

 

 

◆ドンペリニヨンって何?

 

シャンパンをあまり飲まれなくても、「ドンペリニヨン」とう 言葉は、
聞いたことある方が多いのではないでしょうか。

実は、これは 人の名前です。

彼は、修道院の僧侶で酒庫係でした。

もともと シャンパーニュは偶然から生まれたワインです。

寒さにより 発酵が止まっていたワインが ガタゴト 
イギリスに運ばれている間に 春を迎え 再び 瓶の中で発酵が始まりました。

こうして 泡のワイン シャンパーニュが誕生します 1660年ごろと言われています。

これを イギリスの宮廷や貴族はたいそう気に入り 発泡するワインをあえて作るようになります。

このとき 研究熱心で 味覚や臭覚が非常に優れていた ドンペリニヨンがブレンドの技術を確立し、
高品質のシャンパーニュを安定供給できるようなったのでした。

 

 

◆どんな お料理が合うの?

 

シャンパーニュのもう一つの魅力はお料理との相性も、すこぶる良いことだといえます。

食前酒に始まり 前菜 メイン はたまた デザートにも シャンパーニュはあっちゃうんです。

そして 和食との相性もばっちりです

まさに シャンパンマジック!

 

さ!今年のクリスマス&年越しには ちょっと贅沢に 家族でシャンパーニュを楽しみませんか。

 

 

この季節におすすめの2皿をご紹介

 

まずは 生ガキを使った一皿です

『牡蠣の香りのミルフィーユ仕立て』

 

12318153_961758490565272_1401856311_o

 

薄くスライスしてオリーブオイルと佃煮海苔を塗って焼いたパンに

マスカルポーネに柚子の皮を混ぜたペーストを塗り 菊菜で生ガキを巻いて

ポン酢のジュレを乗せたものです

 

色んな香りを楽しめる一皿です

 

 

もう 一皿

 

『鶏肉とキノコのクリーム煮』

 

 

12318563_961758643898590_1077329482_o

 

これも 材料は比較的身近なものです

鶏モモ肉を塩麹につけソテーし

生クリームの代わりに豆乳で作り上げています

バターソテーしたキノコも一緒に煮込むのですが、

最後にミキサーにかけて スープ感覚で楽しむように仕上げています。

 

添えに 土鍋でトロトロに煮た 玉ねぎと

薄くスライスした トーストを添えています

 

以上 

ちょっぴり 非日常で

結構身近な食材で でも リッチな気分で

シャンパーニュを楽しんでいただけたらうれしいなと思い 考えてみました。

 

クリスマス おめでとう

一年無事過ごせて おめでとう

新しい年 おめでとう

そんな 大したことじゃなくても

風の日おめでどう〜(くまのプーさんより)でも いいですよね

さぁ シャンパーニュを開けましょう

たくさんの おめでとうと一緒に♪

 

素敵な年末年始をお過ごしくださいね。

ピンクはできる子なんです!

2015.11.06

こんにちは!

ワインライフ楽しんでいますか?

 

今回は 使える ピンクのお話しです

 

ワインを色で分けると大きく3種類に分けられます

 

赤ワイン 白ワイン ロゼワインです。

では、何が違うのか!!

 

葡萄の種類、 作り方、 醸造方法などが、 違ってきます。

 

 

◆赤ワインの作り方◆

まず 赤ワイン用の葡萄(代表的なものに、 カベルネソービニヨン、 ピノノワールがあります )を収穫します

次に 選別を行います。

腐っていたり 成熟が適切でないもの そういう 葡萄を 排除していきます。

メーカーさんによっては これを 数回繰り返し行うところもあります

これに より さらに質のいいワインの完成を目指します

そして 赤ワイン用のブドウをつぶします これを 破砕といいます

次に 梗と呼ばれる 粒と粒を結んでいる 枝というか木のようなものを取り除きます これを除梗といいます

除梗をせずに 房ごと発酵する方法もあります

そして 粒ごと あるいは 房ごと発酵させて 出来た ワインが 赤ワインとなります

 

 

◆白ワインの作り方◆ 

赤ワインと ほぼ 同じではありますが

白ワイン用のブドウ品種を(シャルドネ ソービニヨンブランなど) 収穫 破砕 除梗 したのち 圧搾した 果汁のみを低温で発酵 させます

渋み(タンニン)の要素を含む 種の他、 梗、 色素を含んだ果皮を取り除いていす。

 

産地やワイナリーによって 除梗のタイミングや、 除梗自体を行う 行わいないなど かなり多用です。

 

 

 

IMG_7192

 

そして 出ました 本日の主役!!

★ピンク★の登場です

 

★ロゼワインの作り方★

ロゼワインは大きく分けて 3つの作り方に分類されます!

また 分かれるの〜と お思いでしょうが

すみません また 分かれちゃいます 笑

 

一つは

★セニエ法です

 

これは 赤ワイン用のブドウを原料として作る方法です

最初の醸造過程もほぼ同じなのですが、醸しの途中 程よく色づいたところで 液体だけを取り出します

その後、白ワインの様に 低温で発酵させていきます

こうすることで、 より味わいのしっかりした ロゼワインとなります

 

二つ目が

★直接圧搾法です

 

赤ワイン用ブドウを、 直接 破砕 圧搾していくのですが、この際 果皮から 果汁に色が移ります。 

そして 白ワインと同様に果汁を発酵させていくというものです。

明るい色合いで より 白ワインに 近い個性を持った ロゼワインになります

 

そして 最後に

根性法ではなくて

★混醸法です

 

お察しの通り 白ワイン用のブドウと 赤ワイン用のブドウを一緒に発酵させるという 方法です

以上3つが代表的なロゼワインの作り方です 

(例外的に 白ワインと赤ワインを混ぜるという 方法のワインもあります

おもに シャンパーニュ地方で許可されている方法なのですが その他の国でも 行われています)

 

お分かりいただけたでしょうか?

一口で ロゼと言っても かなりバラエティに富んでいます

しかも ロゼワインは 白ワインの要素と 赤ワインの要素両方を兼ね備えているんです

 

 

 

つまり

お料理と合わせやすい!!

 

 

 

最初から 最後までを 1本で お楽しみいただけちゃいます

 

お家で ワインを楽しむときに 気軽にお飲み頂ける 最適の1本だと思います

 

 

 

 

ふぅ〜  今回のブログお楽しみいただけましたでしょうか?

ワインが知りたいという方の気持ちに合わせられているのか 新たな興味の引き金になっているのか
8回目を迎えてさらに 不安を抱えています こんな 事が知りたい あんなときどうするの?という 
質問もあれば お気軽に お訪ねくださいね

 

ブログの出来は不安でいっぱいですが、是非 ロゼワインは お楽しみいただきたい!!

今日も 素敵な ロゼワインとの出会いがありますように

 

 

毎日こんな感じで ワインの事を自分のブログにも書いています

良かったら読者登録してくださいね

とってもくだらないけど 

等身大のワインとの暮らしをかいています

http://ameblo.jp/ebizou403/

 

 

今宵も一期一会の 素敵なワインとの出会いがありますように

 

honane!