釜山&ソウル

2017.12.24

こんにちは。

第3期ベンラボアンバサダーの網倉育枝です。

 

9回目の今回は、2016年4月に旅したプサンとソウルの韓国滞在記をお送り
します。

■釜山の観光名所、海のそばに建立された海東龍宮寺。海雲台からローカルバスを使って30分程で到着。

 

訪韓4度目にして、初めて釜山へ。

日本でも外国人旅行者は、新幹線を格安で乗れるらしいのだけど、韓国でも同じ
仕組みがある!と気づき、ソウルからKTX(韓国高速鉄道)を使って、釜山まで
行ってみることに。

 

■ソウル駅の高速鉄道乗り場

 

■韓国の高速列車KTX

 

KTXでソウループサン間は約2時間半だけど、飛行機でわざわざ西のソウル
まで行ったのに、電車でまた東に戻るという、なんとも無駄な時間が多い旅
程を組んでしまい、さくっと行ける隣国なのに、丸1日移動してました。。。

 

旅程

2016年4月

Air:名古屋ーソウル

宿泊:釜山2泊ーソウル1泊

Air:ソウルー名古屋

 

ちなみに購入したチケットは、”KORAIL PASS”という外国人旅行者専用パス
で、「日数・年齢(大人・子供・ユース)・旅行人数」に応じていくつかの
価格設定があり、この時私が購入したのは、「3日間乗り放題・大人・2人
乗車」で、一人あたり87900W(約8800円)でした。

※現在同じチケットは、102000Wとなっています。

http://www.letskorail.com/ebizbf/EbizBfKrPassAbout.do

 

■下のカード状のがKR PASS。パスを見せて乗車券を発行してもらいます。

 

3日間乗り放題券を買ったので、世界遺産都市、慶州なども立ち寄りたいなと
思ってたのに、初、釜山だったこともあり、あちこち観光してたら時間が取れ
ず、結局、ソウルー釜山往復だけの利用になってしまい、もったいなかったの
だけど、それでも、単純に往復切符を買うよりも安くすみました。

 

釜山では、海雲台地区に泊まったので、釜山駅から地下鉄で更に小一時間かか
って、20時頃、ようやく宿泊先に到着。

■釜山の滞在先は、studioタイプ。

 

この日の晩ごはんは、ホテル近くの有名店でソゴギクッパ(牛肉のクッパ)を
いただき、その向かいにあった閉店間際のスーパーで、目に入った品をさっと
購入し、部屋で2次会。

つまみには、海苔の佃煮2520Wと切干大根キムチ4760Wが、共に値引きで
各1000W(約100円)。それに990Wの豆腐を合わせて、即席、海苔キムチ奴。

それにしても、ビールがペットボトル入りだったことにびっくり!!

■初日の部屋呑みおつまみ。左のビアは瓶ではなく1Lペットボトル!

 

■コーラと見紛う、1Lサイズのペットボトル入りビール

 

韓国のスーパーで、これいいやん!と気に入ったのが、葉ものバイキング。

お馴染みのサンチュやサニーレタスに加えて、ケールやビーツなどの色んな
葉野菜が、綺麗に1枚ずつ並べられており、好きな種類を好きなだけ取って
g換算で買えるコーナーが、ある程度の規模のスーパーならどこにでもあり
ました。これは旅ごはんにも好都合♡

日本でも同じシステムがあるといいのにな〜。

釜山のハナロマートは、農協直営のスーパーというだけあって、100gで
990W(約99円)。他のスーパーだと、1800〜1900Wってとこが多か
ったから、半値でお得でしたよ。

■(勝手に)名付けて「葉物バイキング」

 

ということで、ケール・アシタバ・春菊・せり・チコリ・赤サンチュ・ビーツなど、
色々な葉野菜を購入し、この日の晩ごはんは、チョッパル(豚足)やトマト・キム
チなどを、葉野菜で巻いて食べるサムパプ(葉野菜包み)。

 

■旅ごはん in Busan サムパプとムルレンミョン(冷麺)とhoney butter chips

 

恒例の市場巡りも楽しみました。

釜山の市場といえば国際市場が有名だけど、私が気に入ったのは、やっぱり
地元民御用達?の釜田市場。生鮮食品のお店が多く、国際市場より値段も少
し良心的。

ベトナムなど東南アジアの市場と比べて、清潔で衛生的なところもgood。
虫が飛んでたりとかも、ほぼ無し。まあ、私はベトナムの市場でも普通に
買い物しちゃうけど。

■釜田市場 アーケードがあるから、雨でも平気

 

■色とりどりの海産物(釜田市場)

 

■港街の釜山は、やっぱり魚屋が多い!(釜田市場)

 

■国際市場の食器&金物店。うず高く積まれた石焼ビビンバの器。

 

■有名な魚市場のチャガルチ市場。こちらは屋外。

 

旅3日目の午前中は、釜山で一番行きたかった海東龍宮寺(冒頭写真)を観光
したり、滞在した海雲台を散策。前日にうろついた釜山中心街では、日本人と
遭遇することはほぼなかったのだけど、龍宮寺ではあちらこちらから日本語が
聞こえてきました。皆、ご年配の方々でしたが。笑

海雲台は、ビーチリゾートということもあり、釜山市内の喧騒を感じさせず、
のんびりした雰囲気。とはいえ、夏場の週末は激混みのようです。

■海雲台ビーチ

 

■海水も砂浜もなかなかの綺麗さ。海鳥がたくさん〜〜

 

午後にはまたKTXに乗って、ソウルへ移動。

この日の晩ごはんは、広蔵市場で山盛りのユッケ&レバ刺し!を堪能し、帰り
にソウル駅のロッテマートでお土産と翌朝の食材を調達。

最終日の朝ごはんは、スンドゥブチゲを作りました。

■旅ごはん in Seoul スンドゥブチゲ・豆もやしサラダ・ホットコーヒー

 

ロッテマートで買った、万願寺唐辛子のような形の赤&緑ピーマン、激しく辛い
と困るので、お鍋に入れる前に恐る恐る端っこをちょっと齧ってみたら、緑も赤
も全然辛くなくてホッ。

お豆腐は、ぶっといソーセージみたいな形をした、絞り出して使うタイプを購入。
半量をおぼろ豆腐っぽく絞り入れて、もう半量はお豆腐の形が残るように、袋を
破ってそのまま投入。パウチ入りのチゲスープを味見してみたら、こちらは激辛!
だったので、水で薄めて持参した茅乃舎だし粉末を入れて調整。美味しく出来て、
朝からほっこり♡

 

■ソウルの滞在先もstudioタイプ

 

空港鉄道A’REXを使って仁川空港へ行く場合、ソウル駅で飛行機の事前搭乗
手続きや出国審査ができる仕組みがあり利用しました(韓国系エアラインな
ど、チェックインできる航空会社が限られています。
(https://www.arex.or.kr/main.do)

荷物を預けてしまえるので、手ぶらになれて楽チン♪

その足で、南大門市場をささっと見て回ることに。目的はやっぱり金物屋さん☆

■上から、ステンレス椀(5000W)・ステンレス密閉容器(6000W)・アルミ弁当箱(4000W)

 

南大門市場で買ったのは、一番上の冷麺用のお椀。サラダボールにもなるし、
お手頃だったので、家族人数分買おうか迷ったのだけど、とにかく食器類が
多くて収納に困ってるから、撮影用に1つだけ購入。

密閉容器とアルミの弁当箱は、釜山の国際市場で買ったもの。南大門市場で
も同じ品が売ってたけど、密閉容器の方は2000W程高く、弁当箱に至って
は倍以上の値段が付いてました。

スーパーでも、生鮮食品などは釜山と比べてソウルは少し物価高め。市場の
場合は更に価格差を感じました(釜山が安い)。その釜山でも、有名な国際
市場よりも、釜田市場の方が少し安かったので、観光客の少ない市場がお得
な法則は、世界共通だな〜と思います。

2つで約千円のお弁当箱、どちらも気に入ってよく使ってます。

 

 

韓国も他のアジアの国々と同様、外食が安くて美味しいから、旅ごはんの必要
性は低いのだけど、葉ものバイキングや、スンドゥブ(純豆腐)の種類が多く
てどれを買うか散々悩んだことなど、旅ごはんならではの気づきを得ることが
出来、旅の大切なコレクションがまた1つ増えました。

 

最後に、夕暮れのソウル。

■ソウルの清渓川(広蔵市場辺り)

 

次回は、東南アジアの滞在記を予定しています。

(文中の記載価格は、日本円を含め、全て2016年4月当時のものです。)

 

旅するワイン♪

2015.06.19

旅するワイン♪

ちょっと素敵な響きでしょう?

 

でも 意外と知られていないのですが

ワインは虚弱体質です 笑

今日は そんなお話を

 

IMG_6123-1

おいしんぼで

「ワインと豆腐には旅をさせちゃあいけない」というフレーズがありました

 

昔 実家の前は市場でした

お豆腐屋さんが 豆腐を作る湯気が毎朝 早くから上がっていました

ボールを持って6時ごろ買に行くと まだ冷え切っていない なんとも言えない美味しいお豆腐を食べて育ちました

親戚は関東に住んでいて 近くにはスーパーだらけ 美味しくこだわりの豆と銘打ったお豆腐ですが

そんなお豆腐より はるかに格安の我が家の豆腐を食べるのがなにより楽しみだと言ってくれたのを覚えています

有名どころの方が美味しい気がするけどな〜と 豆腐屋のおっちゃんの豆腐しか食べたことが無いころの、
私は思っていました

その後も近くに数件あった お豆腐やさん とうとう最後の1件が なくなってしまって 我が家も豆腐難民です

今では ぬくぬくの豆腐が懐かしくてしょうがないです

 

話がちょっと豆腐に行ってしまいましたが


実は ワインも同様に 長距離の移動を行うと

疲れて 味が落ちてしまうんです

だから少し休ませてやるという事が必要になってきます

豆腐と違ってありがたいことに ワインの方が、少し日持ちがします 笑

 

この頃はネットでワインを注文される方も多いと思います

そんなとき

記載してある 味わいのコメントと違う〜って思われたことありませんか?

それ ワインがまだ疲れた状態のまま飲まれている可能性もあるかもしれません

たのしみにしていたワイン 早く飲みたい!! その気持ちはよく分かりますが

少なくても 10日以上はゆっくり休ませて旅の疲れを取ってやってくださいね

実は日本酒も同じです

昔 上方から江戸に下ったお酒 揺れや酸化によって 味がかわって 
この頃は逆に振動や酸化によって熟成が進み
まろやかになって美味しくなっていて 下ったお酒がもてはやされていて 
本場で飲もうじゃねえかって言って出向くも 
味が江戸で飲む方がおいしいとかいう 

小話が落語で聞いたのかな 覚えてないですが(-_-;)

ワインメーカーさんのセミナーでも 同じヴィンテージでも 
日本で飲むと1年後のうちのワインを飲んでいるようだという感想を仰っていたのも思い出します

今日飲まれるワインはしっかり休養していますか?

疲れがしっかりとれたワインで乾杯してくださいね♪

今回は

お取り寄せのワインは少し休ませてから飲んでくださいね。というお話しでした

 

追記 日本酒それほど ふれませんでしたが

下らないものですがという言葉にも関連していたり 
江戸っ子がかなりの呑兵衛だったという面白い記事発見
興味のある方はどうぞ

http://matome.naver.jp/odai/2139624531755753101

 

因みに毎日こんな感じで

ワインの事を自分のブログにも書いています

良かったら読者登録してくださいね

とってもくだらないけど

等身大のワインとの暮らしをかいています

http://ameblo.jp/ebizou403/

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます

次回の ワインと暮らす 楽しみにして頂けたら幸いです

皆さんに素敵なワインとの出会いがありますように

 

honane!