【くらしソムリエ茶話会 ~ お弁当のヒミツ ~ 】

2017.09.16

3期ベンラボアンバサダー 藤田郁子です。

今回は、いろいろと私のお弁当の思い出を振り返ってみました。

 

★★ やまねずみロッキーチャックと101匹ワンちゃん ★★

整理収納アドバイザーですが、使っていないけれど、持っているお弁当箱あります。

私が幼稚園の時のお弁当箱なので、かれこれ40年以上前のもの。

冬は教室内のストーブの周りに置いて温めていたので、アルミ製です。

 

裏側に、ひらがなでクラスと私の旧姓が彫ってあります
(彫るというより傷をつけたくらいの線)

 

時々見ては、お弁当作り頑張ろうと思えるモノ。
食が細かった当時の私に、どうやって食べさせていたのだろうと、
今ごろになって不思議に思うし、母は偉大だと思う一瞬です。

ある人から、それは「お守りだね」と言われました。
キッチンにある「お守り」

この家の中で、あなたたちが一番の長老です。

 
★★ パンが食べたい ★★

購買でパンを購入して、「パンだけ食べる」は、私にとって憧れでした。

母に「パンにしてほしい」と言うと「パン=炭水化物=ご飯と同じ」ということで、
おかずだけは持たされていたのです。今思うとなんて贅沢!!

実は母に頼みに頼み込んで「パンだけ」の日がありました。
それは、バレンタインデーの日。

登校時、カバン検査があると睨んで、持ち込むチョコレートの箱を、
お弁当包みで包み、念には念を入れてお箸箱も挟み込んで持って行ったのです。

先生の目も誤魔化せ、学校への持ち込み大成功!!

ですが、チョコは好きな人の机の中に入れただけで、告白さえできなかったのです。
ほろ苦い中学時代の思い出です。

 

★★ 結び目のヒミツ ★★

薄いカバンに、お弁当だけを持ってくる友達が格好良くて、

真似してみたかった中学時代。

お弁当箱を立てて、真上で結び目を作り、持ち手を作るのです。

 

お弁当は真横になるので、密封式でないとダメですね。
はい。私は出来ませんでした。

なぜなら、密封式のお弁当箱は、

「盛れない(おかずが入らない)から嫌」と言って母は買ってくれなかったから。

普通、「漏れないから好き」ですよね~(笑)

 

★★ 小さな世界から大きな世界へ ★★

中高6年間で使用した息子のお弁当箱は3つ。

3代目は、このベンラボでもご存じの方が多い、
野菜ソムリエ仲間の河野さんから譲っていただいたモノ。

今は、それが主人のお弁当箱となり今朝も活躍中。

高校生娘は入学時買ったお弁当箱は割れてしまい、結局、
中学時代の部活弁当で使用していたお弁当箱を使っています。
冬場は、丼型保温弁当箱を使って変化を楽しみます。

これまたベンラボの白山さんから譲っていただいたスープジャーも
高校生女子には大好評。

 

高校生ともなれば、自分で作ってくるお友達もいます。
すごいと思います。将来も安心です。
でも、私は、学生の間は、最後にキュッとお弁当包みを結んで
「はい、お弁当」と渡したい!

あの小さい世界の中に、思い出も繋がりも、そんな想いも
全部つまっています。
でも、いつか大きな世界に出ていくとき、少しでもこの想いを
感じてくれたら嬉しいです。
毎朝の小さな世界は、大きな世界への一つの手土産みたいなもの。
あと1年半。頑張らねば!!

 

野菜ソムリエの旬のお野菜情報

 

 
今日は珍しい果物のご紹介です。
ポポーです(ポーポーともポポとも言います)

産直の野菜売り場で、甘い香りが漂っていて完熟状態でした。
見た目は「アケビ」と思われるかもしれませんが、別物です。

バナナのような香りです。
果肉はオレンジ色で、薄緑の外皮の様子とは全く違います。

柿のような種が入っていて、アケビカキとも言われているようです。
果肉はねっとりで、味はマンゴーをもっと濃くしたような感じでした。

流通が難しいので、なかなかスーパーなどにはないかもしれませんね。
バナナとマンゴーと柿を一緒に食べた気がしました(笑)

お得な果物です(笑)

ではまた次回。

私の大切なお弁当箱のこと

2016.08.26

こんにちは

ベンラボアンバサダーの小川です。

今回は私の大切なお弁当箱のことを。

 

IMG_2692

 

これは私が高校生の時に使っていたもの。

型抜きしたおにぎりを入れるのに、深めのお弁当箱が使いやすいと、母が探して買ったものです。

珍しいのが3つに分かれるケースが収まっていること。こういうのってありそうでなかなかない。

 

 

IMG_2690

 

 

当時、私がこのお弁当箱を使っていた期間は短いのですが、

結婚して実家を出る時になぜか持ってきていました。

それから長い時を経て…

ムスメのお弁当箱として再び使うように。

 

 

FullSizeRender

 

ケースを1つだけ使って果物を入れたりするのに重宝したり。

 

FullSizeRender-1

 

FullSizeRender-3

 

 

丼モノにする時も…

 

FullSizeRender-6

 

FullSizeRender-4
 

パンでデコる時も…

 

FullSizeRender-5

 

FullSizeRender-2

 

 

何と言っても深さがあるので

使い勝手が良くヘビロテ!

それが悲しいことに

去年、蓋の金具が壊れてしまったのです…涙

 

IMG_2689

 

 

本体裏に書いてあるメーカーを調べたら
ホームページもあるちゃんとしたメーカーさん。
お問い合わせメールに問い合わせてみたのです。

 

IMG_2688

 

「20年以上前から愛用しております。大事に使っておりました…」と、
先方の心を揺さぶるような文言も加えてみたものの…

 

「こちらの商品は現在製造しておりません、部品もございません。」

というアッサリとした返信でした。ちーん…

中のケースだけでも使えないかと、

野田琺瑯のサークルを購入したけど

微妙に合わず…。

 

IMG_2687

 

 

もう使うことが出来ないんだけど

処分できずそのままです。

あの時、母が用意してくれたお弁当箱が

孫のお弁当箱として使われることになり、

ヘビロテを経て蓋が壊れることになろうとは(笑

母はどう思ってるかな…なんて

 

 

もうすぐ母の13回目の命日なので
そんなことを想ったりするのでした。

 

 

最後に

このお弁当箱を使って一時期、

私の中でシリーズ化していた

うさぎちゃんの運動会シリーズ

 

「リレー競技」

 

 

FullSizeRender

 

 

白組はバトンの受け渡し中です!

曲げわっぱのお手入れ

2016.07.01

こんにちは、

ベンラボアンバサダーの小川です。

 

 

ジメジメじっとり、梅雨の嫌な季節です。

梅雨明けまではあともう少し、気持ちを無理やりにでも上げて乗り切りたいですね。

さて、こんな季節の曲げわっぱ。

うっかり黒ずみが出てしまいでもしたら、気分はただ下がり確実…(T_T)

そうならないようお手入れには気をつけている私です。

 

 

IMG_2071

 

我が家のわっぱは3つ

手前は無塗装のもの、奥の二つは塗りがされていますが、どれも同じ洗い方や乾かし方をしています。

曲げわっぱは洗わずに一晩置くことは厳禁!

 

帰宅したら直ぐにお弁当箱を出してもらい…

 

 

IMG_2070

 

 

ぬるま湯に当てて、汚れを浮かします

賛否はあると思いますが、

塗りがされてるもの、そうでないもの

どちらも構わず、

私は洗剤を含んだ柔らかいスポンジでササっと洗いぬるま湯で流します

 

 

IMG_2068

 

 

次に給湯器の最高温度60℃に設定して…

 

 

IMG_2069

 

 

お湯に手が当たらないよう気をつけながら、

わっぱをしばらく高温のお湯を当てます。

 

 

IMG_2067

 

 

 

次から作業はノンストップ!

 

 

 

IMG_2066

 

 

わっぱが熱々のまま拭きあげます!急げ〜

 

 

底や蓋など、この「角」が、

わっぱのトラップどころ。

ここに隠れ水滴が残りがちなので、

ふきん越しに軽く爪を立てて、拭きあげる!!

 

 

 

IMG_2064

 

 

 

IMG_2063

 

 

拭き終えたら

まだわっぱに熱が残ってるところに…

ぶんぶん振る

思いっきり振り回します。笑

 

 

IMG_2061

 

IMG_2060

 

IMG_2059

 

 

 

15回くらいブンブン!!!!

回数は私のこだわり15回。意味はありません。笑

 

こうして、気化熱でわっぱの水分を飛ばします。

 

 

 

 

ここまで一気に作業を進めたら

このトレイ登場。

 

IMG_2054

 

 

7年前に旅行したフィンランドで買ってきた

フィンレイソンのムーミントレイ。お気に入り。

 

 

IMG_2056

 

 

このトレイ、リムの立ちかたが絶妙なんです

 

 

IMG_2058

 

 

このトレイのリムに傾けて、そして「上向き」にわっぱを置きます。

そして一晩このままにして、翌朝片付けます。

 

 

この「上向き」が重要、下向きに置いてしまうと、熱がこもってカビの原因になるそう。

これは、おひつを買う時に栗久のかたに口を酸っぱくなるほど言われたこと。

 

「わっぱは下向き厳禁!」

 

乾かす時に、接地面を少なくすることも重要で、このトレイの傾きがお弁当箱にちょうどよいのです。

 

これがわたしなりの、わっぱお手入れ方法ですが

わっぱに限らず、洗い上げたお弁当箱は拭きあげたらすぐにこのトレイに。

(ブンブンはしませんが。笑) そして一晩しっかり乾かします。

 

 

 

おまけ

 

 

IMG_2055

 

トレイの裏側

海外旅行で買ってきたものは、値札シールを剥がさないのもわたしのこだわり。笑

まだ耐えてます…。