発酵を楽しむ。

2018.03.13

こんにちは。

自然育児の日々とごはんとおやつ、西田美江です。

1月末から3才の次男が、ウィルスに好かれてしまって、

インフルエンザAにもBにもかかってしまいました。

なるべく薬には頼らずありたいと思うので、

本人解熱したら元気そうだし、

薬もなしで自宅でゆっくりというより、

家で好きに遊んで治しました。

登園はできないので、

私も仕事を休み自宅軟禁状態に。

普段スーパーに買い物も行かないので、

(自然派の宅配を頼んでいます)

買い物にも困らないし、

ずっと家にいられる今がチャンスとばかりに、

やってみたかったことをやりました!

まずは麹作り!

友人に分けてもらった種麹があったのです。

 

この本を参考にしました。

子ども向けでわかりやすかったです。

 

玄米を精米して洗米したあとしっかり吸水させ、

水切りしたら蒸します!

この蒸し加減が難しく、もう少しかな?と少し長めにしてしまったため

少しべっちゃっとしてしまったのが少し悔やまれます。

蒸して適温に冷ましたら種麹をまぶしつけ、保温。

このために買ってあった温度計が役立ちました。

丸2日ほどお世話して、もふもふしてきて、

栗みたいなあまーい香りと味がしたら出来上がり!

やったー!

で、作った麹をすぐに使う予定がなく取りあえず冷凍してしまいました。

今度甘酒にしようと思います。

麹の次は、納豆!

自然栽培の藁をもらっていたので、稲わらについている納豆菌で作ります。

ちょっとこの時もいい加減にやってしまいましたが、

納豆はできました。

 

実はもともと納豆が好きじゃなかったので、発酵の時のにおいが強烈で、

不安も感じつつだったのですが、冷蔵庫で2~3日置いておいたら

においも落ち着き子どもたちは取り合って食べていました。

よかった。

その後サークルの集まりで再チャレンジ。

前茹ですぎて皮が外れてしまった大豆だったので、そこに気をつけ、

熱湯をかけても死なない強い納豆菌なので、藁を少し茹でて余分な菌の殺菌もしました。

今度は、容器に茹でた大豆と藁を入れて。

納豆菌は空気が必要なので呼吸できるよう密閉はしません。

かなり適当な保温でもできる自家製藁納豆。

市販の納豆菌は安全じゃない?という話もあるので、

自家製の菌をつないで行ったらずっと家で安心納豆が食べるなーと思ったり、思わなかったり。

(そこそこ作るのも面倒ではあるので…)

インフルエンザとインフルエンザの回復期には、

奈良の片上醤油さんの醤油仕込みワークショップにも行きました!

作りたての醤油麹に塩水を入れて混ぜ混ぜ。

一年間適宜お世話をして、一年後に絞ります。

 

一年前に仕込んだ方のもろみの食べ比べも。

美味しすぎました…!!!

お味噌の会をお店でも開催しました。

 

エンバランスという魔法のようなプラスチック容器に仕込みます。

発酵促進し、カビにくいそうです。

出来上がりが楽しみですね。

そして、先程、あこがれの福井の蔵付き麹で有名なマルカワ味噌さんの
味噌作り教室に行きました!

 

味噌、麹愛に溢れたステキな教室でした。

私のお味噌作りはよりシンプルにより菌に寄り添ったものになると確信しました!

子育てでも心がけていますが、

というか元々いい加減な私なので必然的にそうなるのですが、

ばっちいくらいがちょうどいい。

除菌をしすぎず、菌と共に生きる。

身近な見えないけれど確かに存在する菌たちを感じながら

暮らしを楽しみたいと思うのでした。

 

 

『自然育児サークルでお味噌の会』

2016.04.19

 

はじめまして。

 

『自然育児の日々のごはんと給食代替弁当』を書かせていただく西田美江です。

 

 

私は、なるべく地球に体にやさしい、負担をかけない生活をしたいと思い、

食生活のことでいうと、手に入る限りオーガニックや無添加、無農薬のものを選び、手作りを心がけています。

自身の体質や病気をしたことがこの食生活を続けているひとつの理由ですが、

何より本物の食材を使うとおいしいことはもちろん、

そのエネルギーを体に取り入れていく嬉しさを身をもって感じることができると思っています。

 

いただく1つ1つのものに対して感謝の気持ちも大きくなります。

 

 

ブログでご紹介するお弁当は主に小学生の息子の給食代替弁当のこと、

1歳の息子の保育園の給食事情、日々のごはん、また最近自然育児サークルをはじめたので、

そちらでの活動についても書かせていただこうと思っています。

 

 

今回は、ただいま春休み中でお弁当はしばらくお休み中につき、

自然育児サークルで先日開催したお味噌の会のことを書きますね。

 

 

 

サークルは、自然育児サークルskogといいます。

skogは、スウェーデン語で「森」という意味でスクーグとよみます。

 

サークル主催の友人と私が、かつて時期は違いますがスウェーデンの同じお宅にホームステイしていたので、

そちらのお宅の方に名付けてもらいました。

子どもたちに森のように雄大で寛大な心を持って欲しい、

無条件に命、優しさを分け与える森のような素敵な子どもになって欲しい、そんな意味が込められています。

 

スウェーデンは森がとても身近にあるので、自然の中で遊ぶ子供たちの様子が目に浮かびます。

 

 

自然育児とわざわざつけるのもどうか?他は不自然なのか?

などという気持ちもちらっと湧いてきたのですが、あえてつけたのは、

現代社会はものや情報が溢れていて、それらが何を意味しているのか知っていくこと、

選択して実践することが大切だなぁと思っていることがひとつ。

また江戸時代までは自然といい言葉は「じねん」と読み、

本来そうであること、あるがまま、という意味だったことを知ったことから、

あえて自然育児サークルとつけようと決めました。

 

と何だか堅苦しいですが、

基本は子どもと一緒に親である私たちも楽しむことが一番の目的です。

同じ想いを少しでも持つ仲間と集まるとたくさんの知恵を共有できるのも母である私たちの楽しみでもあります。

 

 

1

 

はじめての集まりでは、どんぐりをみんなで拾ってみんなで調理して食べる会でした。

楽しくておいしくて知恵もつきました

 

 

 

 

中でも大切にしたいのは季節の手仕事です。

 

私はお店をしているので、お店の分とお味噌教室とで冬にはお味噌を毎年仕込みますが、

サークルで親子で作りたい!と思っていました。それが3月に叶いとても幸せでした。

 

今回は誰が先生というわけではなく、各自主体性を持って事前に調べ、材料も持ち寄り、

大豆も煮た状態のものを借りた調理室に持ち寄り、各自で仕込みました。

 

2

 

私はマルカワみその有機玄米麹を使用。

http://marukawamiso.com/

 

マルカワみそは福井にあるお味噌屋さんですが、

日本で唯一蔵つきの麹菌を採取して麹を仕込まれているのだそうです。

 

 

 

麹に塩を入れて塩きり麹にします。

塩は自然海塩がいいですね。

天塩を使いました。

 

3

 

 

大豆もマルカワ味噌さんから取り寄せた北海道の有機大豆です。

家で圧力鍋で柔らかく煮たものをビニールに入れて持って行き、ビニールに入れたまま手で潰します。

手で潰すのが道具を使わずお手軽ですし、甘みもでるのでおすすめです。

 

塩きり麹に潰した大豆を混ぜていきます。

ここでしっかり混ぜ合わせることがポイント。

 

4

 

味噌玉を作り、容器にぴっちり詰めていきます。

家に持ち帰った後、はじめて酒粕で蓋をしてみました。

お味噌の風味がうつって酒粕も食べられるしお味噌のカビ止めにもなるそうでどう経過するか楽しみです。

 

5

image6

 

 

作業はだいたい1歳前後の赤ちゃん連れのお母さん(お父さん)が多かったのでおんぶしながら、

子どもたちが足元をうろうろしながら、わいわいきゃあきゃあいいながら楽しい時間でした。

少し大きな子は一緒に手伝って、楽しい空気は麹菌にも伝わって絶対美味しいお味噌になりますよね。

 

 

作業の後は、持ち寄りランチタイム。

 

image7

 

image8

 

 

お米も持ち寄り現地で炊きましたが、みんなのお米がいろいろで合わせたらとっても綺麗でした。

お米の種類、精米具合(分づき米が多い)もいろいろです。

美味しいご飯が炊きあがりましたよ。

 

image9

 

みんなのおかずは、キャロットラペ2種、根菜のラタトゥイユ、根菜とお餅のあんかけ、ピーマンきんぴら、

ぬか漬け、じゃがいももち、ルッコラおかず味噌、チキングリル、バナナのキャロブ米粉ケーキなどなど、

それぞれ工夫があって、作り方をシェアしたり。おいしいおいしいと笑顔が溢れました。

 

お味噌が仕上がった頃にお味見会もしようね、と約束してこの日は楽しく終わりました。

 

次回のブログは、お弁当について書けたらいいなぁと思っています。

慣れないブログに読みづらさもあるかと思いますが、1年間よろしくお願いいたします!

 

 

coma cafe 店主 西田美江

http://blog.coma-cafe.jp

**************************************

〒579-8013
大阪府東大阪市西石切町1-10-3

coma cafe[コマカフェ]
tel:072-987-2457
yahoo map→

**************************************