『五条坂陶器まつりに行ってきました』

2017.08.29

こんにちは。ベンラボアンバサダー西田美江です。

8月のいっちばん暑い時。

しかも暑い暑い京都で、毎年開催される五条坂の陶器まつりをご存知ですか?

http://www.toukimaturi.gr.jp

8/7-10と開催日は決まっているようで、
何かと都合をつけて毎年行くことにしているのですが、子どもが小さいことや、
台風で中止などもありここ2-3年は行けていませんでした。

今年はなんとかうまく行き、最終日に滑り込み、ちょっとだけ回ってきました。

保育園のお迎え時間を気にしつつ早歩きで回ります。

京阪五条駅降りてすぐ、東側に向かう道路を挟んで南北に400店舗がずらりと
テントを並べています。

開催時間は、朝9時から夜22時までと長時間!
作家さん自らが販売されている店舗も多く、心からお疲れさまです…と思います。

木の器やカトラリーの店舗もありました。
我が家ではお皿を使っています。

お目当の作家さんのブースで毎年新しく器を買います。
今年はこの2点を書いました。
少しずつ増えて行くのが楽しいですし、
一年に一度は顔を合わせられるのも嬉しいものです。

新しい作家さんに出会えるのも楽しみのひとつ。
値段交渉できるのもお祭りならではのこと。


今まで何個か買った陶器のブローチ。

シンプルでナチュラルな雰囲気のもの、スタイリッシュなもの、かっこいいもの、
ぼてっとしてたりゴツゴツしたもの、色使いの面白いの、器ひとつでも色々ありますよね。

暑いので歩いているうちに頭がぼーっとしてきます。
時々冷を取りながら、でも一気に回ることが多いです。


連れて行った長男はスーパーボールすくいを楽しむ。


我が家の器はこの陶器まつりで買ったものが多く、写真はその一部です。

いつもの料理も器ひとつでガラリと変わるし、
好きな器でいただくごはんは最高に楽しく美味しいですね。

また来年も行けるよう日々がんばらねばーと思います。

【十一月】オリカナ流 秋の夜長の過ごし方

2016.10.25

みなさん、こんにちは!

第2期ベンラボアンバサダーのオリハラカナです。

 

 

10月になっても暑い日が多くてなんや気持ち悪いですね。

11月が迫って、やっと涼しくなってホッとします。

涼しくなると恋しくなるのが温かいお茶。

 

本を読みながら、テレビを見ながら、ブランケットに包まって、小さなお菓子と一緒に温かいお茶を楽しむ・・・

考えただけで幸せ!

京都は言わずと知れたお茶文化の中心地です。

ちょっと一息という時には必ず、お茶が登場します。

 

 

京都のお茶といえば、抹茶や玉露など、宇治で作られた高級なお茶のイメージがあるかもしれません。

でも、京都の家庭で飲まれているお茶はほうじ茶や番茶など、庶民的な価格のお茶です。

中でも普段着の京都のお茶として特徴的なのが、「炒り番茶」だと思います。

 

 

img_4065

 

 

紙の袋から漏れてくる匂いはまるで燻製したかのよう。
しまっておくと戸棚の中がこのスモーキーな匂いで満たされてしまうほどです。

 

私はこの炒り番茶の匂いが大好き!

 

img_4157

 

 

淹れ方は

土瓶にたっぷり10gの茶葉を入れ、沸騰させたお湯をたっぷり400cc。

10分ほどかけてゆっくり抽出します。

 

 

img_4159

 

スモーキーな香りを胸いっぱいに吸い込んで、一口飲むと緊張や疲れがほぐれていきます。

御茶請けはこの季節らしく手作りカボチャクッキーなんてどうでしょう?^ – ^

 

img_4160

 

 

 

【九月】オリカナ流・京風秋の足音レシピ

2016.08.30

ベンラボアンバサダー2期のオリハラカナです

 

今年の夏は本当に暑かったですね・・・
夏バテしまくりで、「晩ごはんはスイカだけ」みたいな日が何日もありました(汗)

 

 

お盆を過ぎると、さすがに朝晩は涼しい日もあって、秋の足音も聞こえてきています。

 

さて、この季節はカボチャとレンコンがおいしいですよね!

 

京都の食卓にも「カボチャの炊いたん」や「レンコンのきんぴら」などが並びます。
レンコンやカ ボチャはちょっと食べ方がマンネリしがちな食材でもありますよね。

 

 

そこで、今回はちょっとアレンジしたレシピをご紹介します!

 

まずは『カボチャの出汁スープ』

 

 

 

ポイントはお出汁をしっかり取ること!
昆布といりこと鰹節のうまみとカボチャの甘味を塩でキュッと締めるとおいしく味がまとまります!
黒コショウを仕上げに振って食べると、ちょっとおしゃれな味わいに。
温かくても冷たくてもおいしいスープです^^

 

 

 

 

次は『レンコンのピリ辛まんじゅう』

 

 

 

これは焼く前の状態で冷凍もできますし、お弁当のおかずにもおすすめです!
焼いた後、銀餡をかければちょっとしたおもてなし料理にもなりますね!

 

 

ちょっと手間がかかりますが、レンコンの大量消費にぴったりですよ^^

 

 

 

季節のお野菜を食べると体も元気になりますし、
なにより心が季節を感じてちょっと豊かになります。

 

 

京都のごはんというとちょっと贅沢な和食のイメージが強いですが、
普段着の京都は背伸びせず、季節の味を楽しんでいます。

 

 

秋が近づくと、蒸し暑い京都もちょっと一息です。
みなさまも季節のお野菜で夏バ テを乗り切ってくださいませ^^