【検証!お弁当のおかずと日本酒を合わせてみた②】

2015.08.24

【検証!お弁当のおかずと日本酒を合わせてみた②】

 

こんにちは!

灼熱の太陽にも負けず、うだるような熱帯夜にもめげず、あせもだって何のその、
今日も美味しくお酒を呑んでいるわたくし金カヤが、前回に引き続き、どんなお弁当のおかずとどんなタイプの日本酒と
相性が良いのかを、身を以って確かめた結果をお伝えする企画第二弾です。

 

【検証!お弁当のおかずと日本酒を合わせてみた①】はこちら

http://oh-bento-labo.com/yoidore/2015/07/27/64

 

 

それではまずこのおかずから!作り置きおかずとしても定番の「キャロットラペ」です。

つまり、ただの人参の千切りサラダなんですけどね。

簡単に作れることができて彩りもきれい、お弁当の副菜からちょっとした箸休めにもなって便利なメニューですよね。

 

今回は、ノンオイルツナ缶を加えてちょっとボリュームアップさせました。

ノンオイルツナ缶は低カロリー高タンパクの代表的な食品ですし、玉子焼きに加えたり、
パスタを作るときに使ったりと色々とアレンジがきくので、我が家では常備している食材の一つです。
(もちろん筋トレ後にむしゃむしゃと食べるためでもありますけどね!)

画像29

 

「ノンオイルツナ缶入りキャロットラペ」は、お酒も飲みたいし、さらに美肌と美筋肉も手に入れたいんだぞっ♪
という欲張りな女子にはとってもおすすめ。

 

 

 このおかずにぴったりだったのはこのお酒です。

お隣栃木県の飯沼銘醸さんが醸す「姿 SG 生酒」!

画像35

 

これは、契約栽培農家で“規格外”となってしまった酒米で造られたお酒で、いわゆる特定名称は名乗れないのですが、
「山田錦」の「純米」、「無濾過生原酒」なのだそうです。

生酒のフレッシュ感あふれる香りとボリュームのある米の味わいを、しっかりした酸と17.5度という
高めのアルコールがバランスを取ってくれます。

そこにセリ科の野菜である人参のハーブ様の香りとドレッシングの甘酸っぱさが加わると、
さらに調和してすっごく美味しい!どんどんすすむ!(酒が)

キャロットラペは、味を濃いめにしたほうが良いみたいです。
ボリューム感のある無濾過生原酒と合わせてぜひお試しください!

 

 

○蛇足○

最近よく聞く「無濾過生原酒」ってなーに?

 

もろみをしぼった生酒は通常は、濾過、火入れ、加水等の工程を経て出荷されるわけですが、
それらを一切行わずに作られた日本酒のことです。

ここ数年の流行から日本酒の一つのジャンルして定着したようにも思います。

しぼりたての瑞々しい香りや爽やかな味わいが特徴で、微発泡が感じられるものも多くそのフレッシュ感が
人気の秘訣ですが、加熱処理をしていない分劣化も早いので、購入したら必ず冷蔵保存の上、美味しいうちに
早めに飲みきることをオススメします。

 

 

お次はこれです。

これもお弁当のおかずとしては王道でしょうか、「牛蒡のきんぴら」です!

定番の細切りも好きですが、こんなふうにゴロゴロと大ぶりに切るのもお気に入りです。

(細く切るのが面倒くさいだけでは?という質問はなしでお願いいたします。)

画像33

 

今までこういう醤油を使った素朴な味わいのおかずは、旨味のある純米系のお酒が合わせやすいかなぁ
という先入観があったのですが、ところがどっこーい!

一緒に飲んで美味しく感じられたのはこのお酒でした。

我が群馬県前橋市の酒蔵、町田酒造さんの「MAX大吟醸 町田酒造35」です。

画像34

 

甘い果物を思わせるフルーティな上立ち香、舌触りが本当に滑らかで、微かなとろみと共に優しい甘味が
口の中を流れていくのがとても心地良いお酒です。

大吟醸らしく後味はスッキリとしていてお酒の風味がふっと消えたかと思いきや、そこに牛蒡のきんぴらを放り込むと、
きんぴらの甘塩っぱさと牛蒡の香りが続きの味わいを違和感なく補ってくれるというのでしょうか、
言葉で説明するのは難しいのですが、単純に“合う合わない”という以上の日本酒と料理の相性の奥深さを感じました。

(あぁもう、自分のボキャブラリーの乏しさがうらめしい・・・。)

 

 

 

一言で「日本酒」といっても味わいは千差万別です。

ビールもワインも美味しいですが、ぜひ手作りのおかずをつまみに日本酒も飲んでみてくださいね!

きっと、お米で醸すお酒の懐の深さを感じられると思いますよ!

画像28

 

 

【おまけのレシピ】呑んだ後にぜひどうぞ「茗荷スープ」

 

茗荷の生産者の方から教えていただいたレシピです。

簡単なのに驚くほど美味しい!

薬味としての茗荷はあまり得意ではない我が家の子供も、このスープは大のお気に入りです。

 

茗荷をたっぷり千切りにして沸騰したお湯に放す。火が通ったらめんつゆで味を調え、溶き卵を加えて完成。

画像44

 

 

今日もよく呑みました。

画像39

 

 

********************

金 伽倻(キン・カヤ)

唎酒師/酒匠/日本酒学講師

群馬県在住

 

 

ワインで夏を楽しむ♪

2015.07.17

毎日暑いですね!

体調崩されていませんか?

 

今回のテーマは ワインで夏を楽しむ!!

 

 

そのまま飲んでも美味しいワインですが 飲み残したワインや いつもの飲み方に
ちょっと変化が欲しいなって そんな時に役に立つ 簡単レシピを今回はご紹介したいと思います。

 

まずは 炭酸で割る!

簡単すぎますか 笑

白ワインですると スプリッツァーというカクテルになるのですが 赤ワインでも美味しいですよ

あまり 渋すぎないワインの方が合います 

後は 近頃流行の レモンやライムの風味のついた炭酸で割っても 爽やかさが増して美味しいです

 

 

blog1

 

ほんのり 甘口のランブルスコの発泡性ワインだと 氷を入れただけでも立派なカクテルの完成です♪

 

blog2-2

 

お次は お好みのジュースで割って

簡単 サングリア

いろんな果物と野菜のジュースなどで作っても◎

 

blog3

 

 

ちなみに ワイン会などで大好評の一品

『ワインゼリー』もお勧めです

 

 

私の好みは ほんのり甘口の赤ワインのジュレを作って 軽くクラッシュ 
グラスに入れ  スパークリングワインで割るという飲み方です

 

 

ゼリーの 作り方は 色々ありますが 私はアルコールを最大に生かしたいので 
50ccのお湯でゼラチン5gを溶かし、200〜250mlのワインに入れて冷やし固める方法を取ります
ワイン量を加減してお好みの固さにしてくださいね
 

こうすると アルコールはほとんど 飛ばずにすみます☆ 
ワインの味わいで砂糖の量は入れたり入れなかったり調整していますので お好みでどうぞ 
砂糖はお湯で溶かしてから ワインと合わせます 
あと ガムシロップを作っておいて 後から 味をみながら足していくのも ありです

 

また スパークリングワインの代わりに 
甘口の白ワインの香り豊かなタイプで割ってもお愉しにいただけますよ

 

 

 

どうですか?

そのまま 飲むのに飽きたら

自分だけの ワイン活用法 色々試して どんどんワインを楽しんじゃいましょう♪

 

夏のワインライフ盛り上がりそうな気がしませんか?

 

そして 今回は番外編

ワインに合うお弁当を作ってみました

テーマは白ワインと楽しむ弁当

IMG_6505-1

中身は

ライスサラダ・鶏ハム・ズッキーニと玉ねぎの中華風・カボチャのサラダ・
人参の葉の白和え・茄子の胡麻マヨ和え・ポテトのバジル&アンチョビソース和え・ズッキーニのバターソテーなどです

 

本当は 我が家でよくやっていたのは 自分で作るサンドイッチとか

(スライスしたパンと 色んな具をタッパに入れて 自分で好きな具を挟んで食べて飲む)

とか

あと 寿司飯はワインとも合わせやすいので ご飯の時は サラダ巻きなんかも 
ワインに合わせやすい ご飯メニューの一つです

 

 

毎日こんな感じで ワインの事を自分のブログにも書いています

良かったら読者登録してくださいね

とってもくだらないけど

等身大のワインとの暮らしをかいています

http://ameblo.jp/ebizou403/

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます

次回の ワインと暮らす そろそろ 秋だし ほんと? 笑

あの話題と 赤ワインと弁当を少し書きたいと思っています

楽しみにして頂けたら嬉しいな

 

 

 

 

それでは 皆さん 素敵なドリンキングタイムを

素敵なワインとの出会いがありますように

 

honane!

 

【潜入レポ!前橋地酒部で舞風を味わう!】

2015.06.29

 こんにちは。

 

先日、酔っぱらって自動ドアの下レールにサンダルのヒールがすっぽりとハマってしまい、
深夜の高崎駅でマトリックスのような動きをして周囲の通行人を驚愕させてしまった金カヤです。

実はその時たまたま黒いワンピースを着ていまして、
これで黒いグラサンをかけていたら完全に“群馬版マトリックス”だったのになぁ(惜)!と、
想像するとおかしくておかしくて帰りの電車の中で一人吹き出しそうになっておりました。

 お酒を飲むと楽しいことが色々と起こりますね。

 

さてさて今回は、私がこよなく愛する群馬県の日本酒をご紹介したいと思います。

お隣の新潟県や福島県は酒どころとして全国にその名を馳せているのは言わずもがなですが、
鶴舞う形の我が群馬県にも美味しい日本酒がたくさんあるのですよ。

画像7

 

(群馬の酒を味わっている筆者・群馬在住15年)

 

 

群馬県の「舞風」という日本酒をご存じでしょうか。

「舞風」とは、群馬県産の酒造好適米「舞風」、群馬県産の清酒酵母「群馬KAZE酵母」、
そして群馬県の水を使用した「オール群馬」の日本酒です。

仕込み方は蔵それぞれ。群馬の風土がぎゅっと詰まった個性あふれる味わいを飲み比べるのを、
私も毎年楽しみにしています。

 画像9

画像8

 

 

私が常日頃からお世話になっている前橋地酒部では、
群馬の日本酒を蔵ごとに集めて定期的に飲み比べ会を開いているのですが、
6月はその「舞風」がテーマでした。

画像10

 

4月に一斉に発売された今年の「舞風」は全部で18種類。

今回はそのうちの7本と、生産量も取扱店も超限定という

“生タイプ舞風”も5本飲み比べることができましたよ。

 

 

画像11

 

画像12

 

 

 

 

こちらの方が、前橋地酒部部長の石井仁さん。

 とりあえず、群馬の日本酒愛がハンパないです。

 

本業は酒屋さんですが、日本酒イベントを企画されたり、ラジオのパーソナリティもされていたりと、

バイタリティ溢れる多才な方です。(そしてイケメン)

 

画像13

 

 

参加者がそれぞれツマミを持ち寄るのも、この地酒部の楽しいところ。

なんたって、“いかに美味しく呑むか”に命懸けている人たちが集まるわけですからね、

今日はどんなツマミかなぁ♪と毎回楽しみなのです。

 

 

画像14

※乾杯4回目

 

 

ズッキーニとドライトマトのオードブル、ポテトサラダ、某有名洋食店のポークソテイ、
老舗店の佃煮、餃子、何やら特別なポテトチップス。

うひょー!お酒がじゃんじゃんすすみそう!

その他にも、焼きいか、ラスク、きゅうりの白キムチ等が所狭しと並んでいました。

画像15 (1)画像16 (1)画像17画像18画像19画像20

 

 

海苔専門店で三種類もの高級海苔を買ってきて下さった方もいました。

別々に味わえるように、副部長のO田さんがきちんと分けてくれたのですが、
香りも歯ごたえも別格で本当に美味しかったです。

画像21

(この手作り感がまた・・・。)

 

 

 

 

 海苔を美味しそうに食べる地酒部員。

画像22

 

(三人とも眼鏡をかけているのは偶然です。)

 

 

私は、「にらとホタテと大葉のチヂミ(もちろんタレ付き)」を持参しました。

切り分けるとどうしてもホタテが入るものと入らないものができてしまうため、
入っていた人はアタリです。

おめでとうございます。

 

 

ちなみに石井部長は、先ほどの海苔でチヂミをサンドしてタレに付けるという、
とっても斬新且つスタイリッシュな食べ方をしておりました。

 

画像23 画像24

 

 

 

そして今回、一番私のハートをガツンと突いたのが、

M山さんが持って来てくださったこれです!

 

画像25

 

 

 

 一見、普通のゆで卵に見えるでしょう?

実はこれ、烏骨鶏の卵なんです!うこっけいですよ、ウコッケイ!しかもM山さんが、

 

自 宅 で 飼 っ て い る 烏 骨 鶏 の 卵 !

 

「鶏が卵を温めているところを“ゴメンね~”って言いながら、今朝取ってきたの。」とM山さん。

す、すごいわ、、、この会、自家製度レベル高すぎだわ、、、

 

 

初めて食べた「朝採り烏骨鶏のゆで卵」は、黄身の色がキレイなレモンイエローで、
ほんわりとしたとても優しい味がしました。

 

海苔塩に付けて一口かじってはお酒をごくり、また一口かじってはごくりごくりとお酒もすすみ、
ちょっと小ぶりなのが愛おしくまた切なく感じつつもあっという間に完食。

 まるで鶏が走るみたいなハイスピードで完食。

 ゆで卵でこんなに美味しくお酒が飲めたのは、おそらく初めてかもしれません。

 

 

美味しい「舞風」に、こだわりのツマミ、カメラの話から人生相談まで話にも花が咲き、
心地良く酔った前橋の夜でありました。

 さーて、もう一軒行きますか!

画像26

 

“おまけ”今日の家飲みレシピ

『ピーマンのお浸し』

ピーマンはヘタと種を取って5mm幅の千切りにし、熱湯でさっと湯通し(10秒位)して冷水にさらす。

桜えび(素干し)とちりめんじゃこはごま油で軽く炒めておく。水気を切ったピーマン、

桜えびとちりめんじゃこ、ゴマ(黒・白)を混ぜ合わせて盛り付ける。食べる時はお醤油をかけてどうぞ。

 

画像27

 

釧路の繁華街の路地裏で女将が一人でやっている、ある一杯飲み屋さんで出会ったメニューです。

「ピーマンのお浸し?」と思い注文してみると思いのほか美味しかったので、それ以来、
自分でもアレンジして作るようになりました。

お酒のアテって、こういうのが好きなんですよねぇ。

カップ酒にもしみじみとよく合います。

 

 

********************

金 伽倻(キン・カヤ)

唎酒師/酒匠/日本酒学講師

群馬県在住