第9章「戦士との遭遇」

2017.12.11

2016年10月27日、僕はひとりの戦士に出会うことになります。
きっかけとなったのはペットボトル飲料愛好家が集うFB内の
溜まり場にアップした一枚の写真。

 

 

時は日本シリーズ真っ只中。広島2連勝で迎えた第三戦の日に
お弁当にキョロちゃんを入れたら日ハムが勝利。翌日は二体のキョロちゃんで2連勝。

そして第五戦に臨むその日のお弁当に三体のキョロちゃんを忍ばせ
(忍んでないって)、本来主役のペットボトル飲料と共にアップ致しました。

そしてなんと121人の既読者で最も早く付いたコメントがこちら

 

 

「キョロちゃん!」それが戦士と僕のはじまりの言葉でした。
もしこれがミッキーやミッフィーやキティ―ちゃんだったら、
戦士はコメントをくれたでしょうか。

「男のくせにメルヘンごっこ超キモい」と完全にスル―していたでしょう。
もし綾波レイだったら、そもそもウインナーで綾波レイを作るスキルは
僕にはありません。キョロちゃんだから戦士の琴線に触れ、見ず知らずの
男に衝動的にコメントしてしまったのでしょう。

話を戻しましょう。
自分の投稿に眼光鋭いちょっと怖い感じの男性からのコメント。
とりあえず「いいね!」だけはしましたが、当然レスを返すのに
二の足を踏みます。そんな折、共通の友人である某酒場の主人が
絶妙のタイミングで橋渡し。その主人が僕のことを弁当を作って
いる人だと戦士に紹介するや否や、戦士から渡されたのがベンラボ
への鍵でした。

 

 

こうして戦士と出会い、ベンラボの鍵を手に入れた僕でしたが、
いざベンラボを覗いてみると、レジェンド田中さんの超絶技巧やら、
くらしソムリエの方やら、色彩の魔術師やら、なんやらかんやら
どうみても僕如きが実名で入り込める世界ではない。

くわばらくわばらとバッくれておりました。
こうして二週間程経った11月9日、召集令状ともいうべき一通の
メッセージが届きました。

 

 

 

友達リクエストの申請メッセージの行間とプロフから滲み出る
「逃げるのか?お前逃げるのか?」という圧力。

もう碇ゲンドウに睨まれたシンジ君状態。「逃げてちゃダメだ、
逃げてちゃダメだ!」震える指で承認ボタンを押しました。

あまりの震えに『拒否』押しそうになりました。いや、震えたせいで
『承認』が押ささったのかもしれません。

ともかく僕は戦士と仲間になりました。もうこうなりゃ毒を喰らわば
皿までとばかりに翌11月10日ベンラボデビューを果たすのであります。

 

 

タラタタッタタッタ~♪

たかだは せんし とであった

たかだは ベンラボのかぎ をてにいれた

たかだの じしん が5さがった

たかだは せんし となかまになった

たかだは やけくそ になった

たかだは ベンラボのかぎ をつかった