【九月】オリカナ流・京風秋の足音レシピ

2016.08.30

ベンラボアンバサダー2期のオリハラカナです

 

今年の夏は本当に暑かったですね・・・
夏バテしまくりで、「晩ごはんはスイカだけ」みたいな日が何日もありました(汗)

 

 

お盆を過ぎると、さすがに朝晩は涼しい日もあって、秋の足音も聞こえてきています。

 

さて、この季節はカボチャとレンコンがおいしいですよね!

 

京都の食卓にも「カボチャの炊いたん」や「レンコンのきんぴら」などが並びます。
レンコンやカ ボチャはちょっと食べ方がマンネリしがちな食材でもありますよね。

 

 

そこで、今回はちょっとアレンジしたレシピをご紹介します!

 

まずは『カボチャの出汁スープ』

 

 

 

ポイントはお出汁をしっかり取ること!
昆布といりこと鰹節のうまみとカボチャの甘味を塩でキュッと締めるとおいしく味がまとまります!
黒コショウを仕上げに振って食べると、ちょっとおしゃれな味わいに。
温かくても冷たくてもおいしいスープです^^

 

 

 

 

次は『レンコンのピリ辛まんじゅう』

 

 

 

これは焼く前の状態で冷凍もできますし、お弁当のおかずにもおすすめです!
焼いた後、銀餡をかければちょっとしたおもてなし料理にもなりますね!

 

 

ちょっと手間がかかりますが、レンコンの大量消費にぴったりですよ^^

 

 

 

季節のお野菜を食べると体も元気になりますし、
なにより心が季節を感じてちょっと豊かになります。

 

 

京都のごはんというとちょっと贅沢な和食のイメージが強いですが、
普段着の京都は背伸びせず、季節の味を楽しんでいます。

 

 

秋が近づくと、蒸し暑い京都もちょっと一息です。
みなさまも季節のお野菜で夏バ テを乗り切ってくださいませ^^

【八月】オリカナ流・胃もたれしない「出汁カレー」

2016.08.02

こんにちは

 

ベンラボアンバサダー オリハラカナです♪

 

 

8月になりました!

 

 

まさに夏本番!暑さも本格的です。

 

夏になると食べたくなるものといえば、カレー!

 

 

実は私、いわゆる「カレーライス」が、あまり得意ではありません(笑)

ガッツリとした量に、濃いカレー味もガッツリ。

途中で味に飽きちゃうし、食べ終わったら次の日まで何もお腹に入れたくないほど満腹になってしまうのです。

でも!!

やっぱりカレーは食べたくなる。

 

 

 

そこで今回は、私の考え出した「出汁カレー」をご紹介します!

先日、大阪・中崎町のcommon cafeでランチ営業させて頂いた時にも好評を頂きました!(o^^o)

 

 

 

IMG_3454

 

 

この日は

豚肉の夏野菜巻き焼き

おナスの揚げ浸し

カボチャの炊いたん

サラダ

 

 

そして、
出汁カレーをお出ししました!

お好みで目玉焼きもトッピング!

 

 

作り方は簡単!

 

普通のカレーと同じく玉ねぎをよく炒め、次にお肉を炒め、人参とジャガイモを加えて炒めます。

小麦粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒め合わせたら、ココでとっておきのスパイスを投入!!

それがコレ!

 

 

IMG_3490

 

 

Oh!BentoLabo主宰 松本希子さんに教えてもらった「ベトナムのカレー粉」!

怪しいインドのおじさんがパッケージに描かれたシュールなデザインですが(笑)

スッキリとした辛さが美味しいです!

 

 

あとはカツオと昆布から濃いめに取った出汁を加えて、隠し味にお味噌をすこーし入れたら出来上がり!

カレーのスパイシーさの後、出汁の香りが鼻に抜ける柔らかなカレーです!

 

 

「出汁カレー」は次の日までお腹がもたれないです!

そして、ごはんだけでなくおうどんにも合いますよ!

 

 

もし、ベトナムに行かれることがあったり、お友達がベトナム旅行に行かれる方は、

ぜひご自分へのお土産に買ってください(o^^o)

 

 

簡単におうちカレーのクオリティがアップしますよー!

【六月】オリカナ流・中国のおばんざい「卵とトマトの炒めたん」

2016.06.08

関西は梅雨入りしました。

 

 

ジメジメした空気に気持ちも落ち込みがちな6月・・・

 

 

そんな時は食卓の色を明るくするのがいいかもしれません!

 

 

今回は、私が元気になりたいときに手軽でおいしくできるおかずをご紹介します。

 

大学のゼミで出会った中国人学生・チュンリンから教えてもらった、中国の“おばんざい”です。

 

異国の地で、日本語で経済学を勉強しながら、バイトで生活費を稼ぎ、懸命に暮らしていたチュンリン。

 

彼が「中国の家庭料理」として教えてくれたレシピが

 

「卵とトマトの炒めたん」です

 

 

 

材料は卵とトマト、そして塩だけ!!

 

香りづけにごま油をするとより一層おいしくなります。

 

 

「もー、ジメジメしんどいし何も作りたくない!」

 

「あと一品なんか作りたい!」

 

 

 

そんな時にオススメの超簡単レシピです。

 

作り方はコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

京都は大学の街でもあります。

 

世界中からの学生や研究者が普段着の暮らしをしている街。

 

 

京都というと和食のイメージですが、

 

タイ、インドネシアはもちろん、ロシア、アフリカ料理などなど

 

意外にも国際色豊かなレストランがたくさんあるんですよ!

 

そして、それは生活の中にも・・・

 

和食以外の京都もぜひ楽しんでみてください。

 

 

 

 

 

6月19日に福岡にあるカフェ・ジャンコでランチ営業をさせていただきます!

 

ご興味ある方はFacebookページにメッセージをくださいね!

https://www.facebook.com/512208538862860

 

 

 

 お会いできるのを楽しみにしております!