釜山&ソウル

2017.12.24

こんにちは。

第3期ベンラボアンバサダーの網倉育枝です。

 

9回目の今回は、2016年4月に旅したプサンとソウルの韓国滞在記をお送り
します。

■釜山の観光名所、海のそばに建立された海東龍宮寺。海雲台からローカルバスを使って30分程で到着。

 

訪韓4度目にして、初めて釜山へ。

日本でも外国人旅行者は、新幹線を格安で乗れるらしいのだけど、韓国でも同じ
仕組みがある!と気づき、ソウルからKTX(韓国高速鉄道)を使って、釜山まで
行ってみることに。

 

■ソウル駅の高速鉄道乗り場

 

■韓国の高速列車KTX

 

KTXでソウループサン間は約2時間半だけど、飛行機でわざわざ西のソウル
まで行ったのに、電車でまた東に戻るという、なんとも無駄な時間が多い旅
程を組んでしまい、さくっと行ける隣国なのに、丸1日移動してました。。。

 

旅程

2016年4月

Air:名古屋ーソウル

宿泊:釜山2泊ーソウル1泊

Air:ソウルー名古屋

 

ちなみに購入したチケットは、”KORAIL PASS”という外国人旅行者専用パス
で、「日数・年齢(大人・子供・ユース)・旅行人数」に応じていくつかの
価格設定があり、この時私が購入したのは、「3日間乗り放題・大人・2人
乗車」で、一人あたり87900W(約8800円)でした。

※現在同じチケットは、102000Wとなっています。

http://www.letskorail.com/ebizbf/EbizBfKrPassAbout.do

 

■下のカード状のがKR PASS。パスを見せて乗車券を発行してもらいます。

 

3日間乗り放題券を買ったので、世界遺産都市、慶州なども立ち寄りたいなと
思ってたのに、初、釜山だったこともあり、あちこち観光してたら時間が取れ
ず、結局、ソウルー釜山往復だけの利用になってしまい、もったいなかったの
だけど、それでも、単純に往復切符を買うよりも安くすみました。

 

釜山では、海雲台地区に泊まったので、釜山駅から地下鉄で更に小一時間かか
って、20時頃、ようやく宿泊先に到着。

■釜山の滞在先は、studioタイプ。

 

この日の晩ごはんは、ホテル近くの有名店でソゴギクッパ(牛肉のクッパ)を
いただき、その向かいにあった閉店間際のスーパーで、目に入った品をさっと
購入し、部屋で2次会。

つまみには、海苔の佃煮2520Wと切干大根キムチ4760Wが、共に値引きで
各1000W(約100円)。それに990Wの豆腐を合わせて、即席、海苔キムチ奴。

それにしても、ビールがペットボトル入りだったことにびっくり!!

■初日の部屋呑みおつまみ。左のビアは瓶ではなく1Lペットボトル!

 

■コーラと見紛う、1Lサイズのペットボトル入りビール

 

韓国のスーパーで、これいいやん!と気に入ったのが、葉ものバイキング。

お馴染みのサンチュやサニーレタスに加えて、ケールやビーツなどの色んな
葉野菜が、綺麗に1枚ずつ並べられており、好きな種類を好きなだけ取って
g換算で買えるコーナーが、ある程度の規模のスーパーならどこにでもあり
ました。これは旅ごはんにも好都合♡

日本でも同じシステムがあるといいのにな〜。

釜山のハナロマートは、農協直営のスーパーというだけあって、100gで
990W(約99円)。他のスーパーだと、1800〜1900Wってとこが多か
ったから、半値でお得でしたよ。

■(勝手に)名付けて「葉物バイキング」

 

ということで、ケール・アシタバ・春菊・せり・チコリ・赤サンチュ・ビーツなど、
色々な葉野菜を購入し、この日の晩ごはんは、チョッパル(豚足)やトマト・キム
チなどを、葉野菜で巻いて食べるサムパプ(葉野菜包み)。

 

■旅ごはん in Busan サムパプとムルレンミョン(冷麺)とhoney butter chips

 

恒例の市場巡りも楽しみました。

釜山の市場といえば国際市場が有名だけど、私が気に入ったのは、やっぱり
地元民御用達?の釜田市場。生鮮食品のお店が多く、国際市場より値段も少
し良心的。

ベトナムなど東南アジアの市場と比べて、清潔で衛生的なところもgood。
虫が飛んでたりとかも、ほぼ無し。まあ、私はベトナムの市場でも普通に
買い物しちゃうけど。

■釜田市場 アーケードがあるから、雨でも平気

 

■色とりどりの海産物(釜田市場)

 

■港街の釜山は、やっぱり魚屋が多い!(釜田市場)

 

■国際市場の食器&金物店。うず高く積まれた石焼ビビンバの器。

 

■有名な魚市場のチャガルチ市場。こちらは屋外。

 

旅3日目の午前中は、釜山で一番行きたかった海東龍宮寺(冒頭写真)を観光
したり、滞在した海雲台を散策。前日にうろついた釜山中心街では、日本人と
遭遇することはほぼなかったのだけど、龍宮寺ではあちらこちらから日本語が
聞こえてきました。皆、ご年配の方々でしたが。笑

海雲台は、ビーチリゾートということもあり、釜山市内の喧騒を感じさせず、
のんびりした雰囲気。とはいえ、夏場の週末は激混みのようです。

■海雲台ビーチ

 

■海水も砂浜もなかなかの綺麗さ。海鳥がたくさん〜〜

 

午後にはまたKTXに乗って、ソウルへ移動。

この日の晩ごはんは、広蔵市場で山盛りのユッケ&レバ刺し!を堪能し、帰り
にソウル駅のロッテマートでお土産と翌朝の食材を調達。

最終日の朝ごはんは、スンドゥブチゲを作りました。

■旅ごはん in Seoul スンドゥブチゲ・豆もやしサラダ・ホットコーヒー

 

ロッテマートで買った、万願寺唐辛子のような形の赤&緑ピーマン、激しく辛い
と困るので、お鍋に入れる前に恐る恐る端っこをちょっと齧ってみたら、緑も赤
も全然辛くなくてホッ。

お豆腐は、ぶっといソーセージみたいな形をした、絞り出して使うタイプを購入。
半量をおぼろ豆腐っぽく絞り入れて、もう半量はお豆腐の形が残るように、袋を
破ってそのまま投入。パウチ入りのチゲスープを味見してみたら、こちらは激辛!
だったので、水で薄めて持参した茅乃舎だし粉末を入れて調整。美味しく出来て、
朝からほっこり♡

 

■ソウルの滞在先もstudioタイプ

 

空港鉄道A’REXを使って仁川空港へ行く場合、ソウル駅で飛行機の事前搭乗
手続きや出国審査ができる仕組みがあり利用しました(韓国系エアラインな
ど、チェックインできる航空会社が限られています。
(https://www.arex.or.kr/main.do)

荷物を預けてしまえるので、手ぶらになれて楽チン♪

その足で、南大門市場をささっと見て回ることに。目的はやっぱり金物屋さん☆

■上から、ステンレス椀(5000W)・ステンレス密閉容器(6000W)・アルミ弁当箱(4000W)

 

南大門市場で買ったのは、一番上の冷麺用のお椀。サラダボールにもなるし、
お手頃だったので、家族人数分買おうか迷ったのだけど、とにかく食器類が
多くて収納に困ってるから、撮影用に1つだけ購入。

密閉容器とアルミの弁当箱は、釜山の国際市場で買ったもの。南大門市場で
も同じ品が売ってたけど、密閉容器の方は2000W程高く、弁当箱に至って
は倍以上の値段が付いてました。

スーパーでも、生鮮食品などは釜山と比べてソウルは少し物価高め。市場の
場合は更に価格差を感じました(釜山が安い)。その釜山でも、有名な国際
市場よりも、釜田市場の方が少し安かったので、観光客の少ない市場がお得
な法則は、世界共通だな〜と思います。

2つで約千円のお弁当箱、どちらも気に入ってよく使ってます。

 

 

韓国も他のアジアの国々と同様、外食が安くて美味しいから、旅ごはんの必要
性は低いのだけど、葉ものバイキングや、スンドゥブ(純豆腐)の種類が多く
てどれを買うか散々悩んだことなど、旅ごはんならではの気づきを得ることが
出来、旅の大切なコレクションがまた1つ増えました。

 

最後に、夕暮れのソウル。

■ソウルの清渓川(広蔵市場辺り)

 

次回は、東南アジアの滞在記を予定しています。

(文中の記載価格は、日本円を含め、全て2016年4月当時のものです。)

 

沖縄本島&石垣島

2017.11.28

こんにちは。

第3期ベンラボアンバサダーの網倉育枝です。

 

8回目の今回は、2011年7〜8月に旅した沖縄本島と、2013年7〜8月に
旅した石垣島(八重山諸島)の滞在記をお送りします。

               ■空に映えるシーサー(那覇市)

 

沖縄本島と石垣島、どちらもなぜかこれまでに行く機会がなく、この時
初めて訪れたのですが、海を含めて美しい景色がそこここに広がり、
食べ物も本当に美味しくて、国内きっての人気観光地というのも納得で
した。


旅程

2011年7〜8月

Air:名古屋ー沖縄

宿泊:那覇市2泊ー宜野湾市1泊ー本部町2泊

Air:沖縄ー名古屋

2013年7〜8月

Air:名古屋ー石垣

宿泊:石垣市5泊

Air:石垣ー名古屋

 

まずは、2011年に訪れた沖縄本島。

大好きな世界遺産もたくさんあり、見どころ満載で忙しかった!笑

 

       ■これまた青い空に映える赤い首里城

 

                ■読谷村にある座喜味城跡

 

       ■今帰仁村の古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ、絶景の古宇利大橋

 

ところで、旅ごはん第1回目の滞在記に、2013年の春に旅したベルギー&
パリが初・自炊旅と書いたのですが、それより2年前、沖縄の本部町に滞在し
た際、コンドミニアムに宿泊し、自炊をしていたことが判明!

間違ったことを書いてしまい、失礼いたしました。
ということで、こちら↓が、真の「初・旅ごはん」と思われます。

自炊といっても、ほぼスーパーで買ってきたもの並べただけですがー。

                   ■旅ごはん in 沖縄 
中央手前から時計回りに、握り寿し(パック)・ウンチェーバー(えんさい/空芯菜)炒め・
島豆腐・海ぶどう・胡瓜のぬか漬け・お造り2種(鮪・しめ鯖)・オリオンビール

 

   ■滞在先の本部町コンドミニアムは2LDK。美ら海水族館のすぐ近く

 

そして、その翌日の晩ごはん。写真を見るに、半分近くが前日と同じ
食材なんですが。

この2夜の沖縄旅ごはんメニューは、材料などのメモ書きが残って
おらず、写真から、一応は「沖縄ならではの食」を意識して、買い
物したんだろうなあと推測。

                   ■旅ごはん in 沖縄2
中央手前から時計回りに、スパムともやしとしめじのチャンプルー・胡瓜の糠漬け・
ラフテー(レトルトパック)・ウンチェーバーおひたし・海ぶどう・ゆし豆腐

 

沖縄のスーパーで印象的だったのが、お豆腐の売られ方。

ご存知の方も多いと思いますが、温かい状態で売られていたり、パック
入りではなくビニール袋に入って、上部をそのままくるっと縛ってある
だけで、スーパーなのに出来たて感に溢れていて、見るからに美味しそ
うで買わずにおれません!そして、実際、めちゃめちゃ美味しい♡

写真からも1日目:島豆腐、2日目:ゆし豆腐と、連日購入していたよ
うです。

沖縄のお豆腐って、大豆の味が濃ゆくてほんま美味しいわ!と感動した
のを思い出しました。

 

ググってみると、こちらで一般的なお豆腐との作り方の違いは、煮る
タイミングのようです。ふやかした大豆と水を入れてすりつぶした状態
の呉を、煮てから絞る(漉す)のがこちらの豆腐。呉を絞ってから煮る、
生搾り製法で作られているのが沖縄の豆腐だそうです。

 

お豆腐ならそのまま食べれるし、うっすらと塩味が効いているので
(メーカーによるかもしれないですが)、スーパーや百均ショップで紙皿
などを調達すれば、キッチンがなくてもホテルのお部屋で、一杯飲みなが
らのおつまみにも最適だと思います。沖縄ならではのお豆腐、ぜひお試し
下さい!

沖縄は、本当に絵になるphotogenicなところばかり。

島ということで、灯台ラヴァーの私がうきうきするスポットも、これまた
たくさんありました♪

 

    ■沖縄本島読谷村にある上れる灯台、残波岬灯台。勿論、上りましたよ!

 

一方こちらは、2013年に訪れた石垣島の平久保崎灯台。

そういえば、この時、なんかのテレビロケをやってたな〜。

              ■石垣島最北端の地にある平久保崎灯台

 

石垣島旅行の出発2日前、お中元で新鮮な高原野菜をダンボール
いっぱい頂き、さすがに慌てました!

どう考えても、自宅で食べきることが不可能だったので、だった
ら持参しちゃえ!となり、クーラーバックにお野菜詰めて飛行機
に搭乗することに。

     ■お中元で頂いた色鮮やかな野菜の一部

 

だけれども、出発前日に更に新たな問題に気付いた私。

予約した石垣島のコンドミニアムは、キッチンのコンロ使用や調理道具
一式が別料金!だったんです(このような宿泊先は稀かと思うんですが。
確認不足!)。

宿にキッチンセットの料金を問い合わせたところ、滞在日数からすると
だいぶ割高に感じたので、どうしようか迷ってたら、電子レンジは使用
可能で、お皿やカトラリーだけなら無料でお貸しできますよと言っても
らい、レンジ調理ならルクエがあると便利?と思って、この日の夕方、
慌てて買いに走りました。笑

         ■滞在した石垣島のコンドミニアム。
  廊下のところに置いてあるのが、野菜を持参したクーラーボックス!

 

こんなに立派なキッチンが、別料金だったのは誤算だったけど、まあ、
なんとかなるもんです。

ということで、持参したお野菜と島のスーパーで食材を足して作った、
石垣島初日の晩ごはん。ルクエ活用してます!

          ■旅ごはん in 石垣島
ソーキとズッキーニのレンジ蒸し・しびまぐろのお造り・もずく胡瓜・
コリンキーとトマトとレタスのサラダ・ゆし豆腐のおかかのせ

 

石垣島では離島巡りも外せません!

この日は竹富島へ。

     ■竹富島で見かけたシーサー。定番の牛車にも乗りました

 

            ■竹富島近郊でシュノーケリング

 

海に潜った日の夕飯は、お部屋で食べれるってのがなんだか贅沢♪

シャワー浴びて、洗濯して、それから外出ってのが、極端に億劫になるので。

■旅ごはん in 石垣島2
・島もずく&トマト・ズッキーニとモロッコいんげんのレンジ蒸し
・茄子とソーキのレンジ蒸し・ゆし豆腐・コリンキーと胡瓜の浅漬けサラダ

 

街のあちこちで見かける「◯◯さしみ店」という看板。なかなか見慣れ
ない表記で、インパクトあります。

お刺身屋さん?というより、魚屋さんのようで、「さしみ・天ぷら」と
書き添えてあるお店がほとんど。

■下のお店は鮮魚店と表記されてますがー。魚屋のさしみ・天ぷらって、何とも惹かれる〜

 

この日は、えいこ鮮魚店さんで、ツムブリのお刺身1パック(かなり
大容量500円)と、鮪の天ぷら(10本で300円)をお買い上げ。

天ぷらの衣も不思議な感じで、見た目はちょっとどてっとしてるのだけど、
食べると意外にそうでもなく軽め。味もついていて、シークワーサ果汁を
絞って食べると美味しい♪

そうそう、この晩ごはんで大量に持参した野菜、無事に完食しました!

 

■旅ごはん in 石垣島3 鮪天ぷらに添えたのはパプリカのレンジ蒸し。
他に、胡瓜とコリンキーの浅漬け・島もずく&ゆし豆腐・トマト&レタスサラダ

 

西表島では、2つの滝を目指して、片道小一時間の山道をトレッキング♪

人一人通れる程の山道をてくてく。あっつくてあっつくて、汗だくだった
けど、滝の辺りはマイナスイオンがいっぱいで涼やか〜

 

■2つ目の滝、カンピレーの滝

 

トレッキングの後は、西表島からすぐ近く、白いサンゴ礁のかけらが
集まって出来た無人島のバラス島へ。

 

           ■バラス島でシュノーケリング

 

             ■全部サンゴ礁でできてます!

 

バラス島でのシュノーケリングで、インストラクターのタロウさんが
捕まえたフグ。

 

         ■ちゃ(娘)、ふぐを抱っこの図

 

泳ぐの遅いらしく、素手で簡単に捕まえられるそう。ちなみに触る分には
毒は関係ないとのことで、当時小学6年生だった娘が抱っこし、記念撮影♡

ぼわぼわしてて気持ちいいけど、気持ち悪かったー!って、娘の感想。笑

 

 

石垣島の最終日、産直で大好物の島らっきょうを買って、帰宅後にピクルス
を作りました。

      ■石垣島の島唐辛子&島らっきょう&シークワーサー

 

     ■パインハワイもお土産に。
石垣島のパイナップルはハワイ種が多いそう

 

海外旅行だと、生鮮食品の持ち帰りは、あれこれ制限があることが多い
けど、その点、国内旅行は気楽♪

レンタカーの運転も、国外運転免許証を取得する必要ないし、時差もな
く両替も不要で、何といっても言葉の不自由がない!!から、旅ごはん

にぴったりなリゾートは、何気、沖縄なのかも。

とはいえ、ソーキそばや八重山そば、石垣牛の焼肉など、沖縄料理の安
くて美味しいお店がたくさんあるから、別に自炊の必要ないのかな〜と
も思ったり。

でも、沖縄での旅ごはんが楽しいってことは、間違いないです!

 

 

次回も、またまたアジアの国の滞在記を考えています。

 

北欧

2017.11.01

こんにちは。

第3期ベンラボアンバサダーの網倉育枝です。

7回目の今回は、2014年8月に訪れた、北欧3カ国(スウェーデン・デンマー
ク・フィンランド)の滞在記をお送りします。

■コペンハーゲンといえば、ここ、おとぎの国的景観のニューハウン

 

初めて北欧を訪れたこともあり、連日、メジャーな観光地やお店を、自分達だけで
何箇所も精力的に巡り、尚且つ、ほぼ毎朝&毎夜自炊してたことが、写真整理して
みて判明。

たったか3年前の旅行だけど、若かったなあ〜、今の体力だとまず厳しいやろ
なあ。。と、懐かしく振り返りました。

 

 

旅程

Air:名古屋ーストックホルム

宿泊:ストックホルム4泊

Air:ストックホルムーコペンハーゲン

宿泊:コペンハーゲン3泊

Air:コペンハーゲンーヘルシンキ

宿泊:ヘルシンキ3泊

Air:ヘルシンキー名古屋

 

■市庁舎に渡る橋から眺めた、ストックホルム随一の観光地、ガムラスタン

 

スウェーデンでは8月にザリガニが解禁のようで、ちょうど8月に入ってすぐに
訪れたからか、スーパーの生鮮売り場に目立つように並んでいたので、試しに
購入してみました。

といっても、水煮されたほぐし身を買ったので、海老やカニの細切れになったも
のと似たような感じで、普通に美味しかった記憶。

 

あとは、丸まった状態のひき肉と生クリームを求め、北欧風ミートボールのクリ
ーム煮。

現地ではリンゴンベリージャムを添えるのが定番のようだけど、超でかいサイズの
ジャムしか見つけられず、滞在1都市目だったのもあり、まだ荷物を増やしたくな
くて、購入は断念。持参した醤油で味付けしたのだけど、これまたパン&プロセッ
コに良く合って美味しかった♡ ジャムを買わず、醤油味で正解だったかな?!

■旅ごはん in Stockholm
サラダはマッシュルーム・ルッコラ・サラダほうれん草・ザリガニ水煮・瓶詰めの酢漬けニシン。
たらこペーストとfilmilkを混ぜてドレッシングに。

 

■ストックホルムの滞在先はstudioタイプ。

バルコニー付きだったので、夜9時でも明るいこともあり、夕飯は毎夜バルコニーで頂きました。

 

■ストックホルムのトラム。アパートメント含め、これに乗ってあちこち移動。

 

北欧での旅ごはんの強い味方は、とにかくパンが美味しいってこと!

パリのバゲットも安い&美味しいで感動したけど、北欧のパン屋さんもこれまた
ハイレベル揃い。デニッシュやペイストリー系は勿論、どっしりしたライ麦パン
やハード系のパンも充実していて、どれも美味しそうで、毎度、選ぶのが大変で
した。

あ、でもどこのお店も、パリのバゲット価格とは違い、北欧価格で割といい
お値段ではありますが。外食することを思えば、はるかに安上がり!

■StockholmのVALHALLABAGERIETにて。お目当のパンをオーダー中、の図

 

ストックホルムのアパートメントは郊外にあったので、評判のベーカリーVALHALLABAGERIET(ヴァルハラベーカリー)が徒歩圏内だったし、コペン
ハーゲンでは人気チェーン店のLAGKAGEHUSET(ラウケーフーセット)が、
アパートメントのすぐ隣!にあって、毎朝、ウキウキで買いに出向きました。
また、ヘルシンキでは中央駅近くに滞在していたので、こちらも地元で人気の
ベーカリーKANNISTON LEIPOMO(カンニストンレイポモ)で調達したりし
ましたよ。

■ある日の朝ごはん in Copenhagen
ラウケーフーセットで買ったばかりのパンを、さっと用意したスープ&サラダ&コーヒーと共に。

 

スーパーマーケットラヴァーにとって天国の北欧。

これまで色んな国のスーパーを周りましたが、スーパーだけに限らず、北欧の
商品&パッケージセンスの良さは、他の国々と比べてもやっぱり際立っている
と思います。

一口に北欧と言っても、都市やお店によって、それぞれ個性豊かで特徴があり、
可愛いもので溢れているので、何時間でも店内で過ごせてしまいます!

おまけに、物価が高い故、買いすぎ防止機能まで付くというありがたさ!笑
(単に我が家はあれこれ買えないというだけですが)

■ストックホルムのスーパー、ICA(イーカ)と、Hemkop(ヘムショップ)

 

例えば、スウェーデンのヘムショップで買った、こちら↓のスープキューブ。

■ビーフブイヨンと野菜ブイヨン、各12個入り

 

パッケージが可愛くてツボで、旅ごはんにも使えるしと思い購入。他にチキンブ
イヨンもあって、その絵柄もまた可愛くて、本当は3種類とも欲しかったのだけ
ど、お値段1つ400円程。さすがにスープキューブに1200円も払えないわと、
2つで断念。

買いすぎ防止機能、ちゃんと働いています。笑(とはいえ、日本じゃスープの素
2箱で800円も、まず出さないですが)

■ある日の朝ごはん in Copenhagen 2
コペンを発つ日の朝は、全粒粉スパゲティに残ったお野菜と上記スープキューブを加えたスープスパ。仕上げにEXオリーブ油をたらり〜。旅ごはんでは、滞在日数での食べきりを常に意識しています。

 

一方、デンマークのスーパーといえば、こちらIrma(イヤマ)が有名。

■自転車大国デンマーク。自転車置き場もきっちり。電車にも自転車持ち込みが当たり前でびっくり!

 

このスーパーのマスコットキャラクター、イヤマちゃんが描かれたグッズが可愛
くて、帆布のトートバックは、旅行前からマスト買いの筆頭アイテムとしてチェ
ック済み。

実際に使ってみて、丈夫な作りですごく気に入っていて、海外旅行の際の機内持
ち込み鞄はいつもコレ。Macやガイドブック、機内で履くスリッパや羽織ものな
ど、何でもガンガン詰め込んで担いでいます。

■イヤマちゃん印のオーガニックコットンのトートバック&キッチンタオル。
ウニッコのペーパーナプキンは、ストックホルムにあるグスタフスベリのファックトリーショップでまとめ買いしたもの。

 

店頭に置いてある広告の冊子やレシピカードも美しく、フードフォトの参考にも
なります。デンマーク語が理解できれば、もっといいのだけどー。

■どのレシピカードも綺麗で、思わず全種類持ち帰ってきてしまいました!

 

イヤマちゃんのビアもありましたよ。(↓左)

■コペンハーゲンで飲んだビアその1

 

そして、デンマークのビアと言えば、勿論、カールスバーグ⭐︎

■コペンで飲んだビアその2

 

この日のビア↓は、なぜかサミュエルアダムス(米ボストンビール)ですが。

夫婦でサミュエルが大好物なので、デンマークで見つけ、飲みたくなって買っち
ゃったんだろなあと推測。

■旅ごはん in Copenhagen
デンマーク牛ステーキ・スティック野菜・fishパテ&DANABRUチーズ・ハッシュドボテト(市販品)・ブレッド2種・マッシュルームと黒オリーブのグリーンサラダ

 

■コペンハーゲンで滞在したアパートメントは1bedroomで、キッチン関係も充実♪

 

滞在3都市目は、フィンランドの首都ヘルシンキ。

■ウスペンスキー寺院付近からヘルシンキ大聖堂を望む

 

■ヘルシンキのお酒が飲めるパブトラム。
本当はこれに乗りたかった!!
けど、子連れだとさすがにちょい申し訳なく〜

 

■旅ごはん in Helsinki
プロシュートのサラダ・マカロニコンビーフ(市販品)・バゲット
・ブリーチーズとゆで卵と人参のディルマヨネーズ・アスパラのポタージュ(粉末)

 

■ヘルシンキの滞在先も1bedroom。
キッチンも充実してたのだけど、なぜかオーブンがなかったのが残念!

 

外食で印象に残っているのは、ヘルシンキにあるマリメッコ本社食堂の
”maritori(マリトリ)”。

ブッフェ形式になっていて(お代わり可能かよくわからず。。)、野菜
たっぷりで味も良い!我が家は旅中も自炊なので、野菜不足はあまり
感じないのだけど、外食続きの人には特に、体が喜ぶ系の食事ができ
ると思います。

■食器類は全てマリメッコ♡ペーパーナプキンは数枚多めにとってしまったー。。

 

併設されているマリメッコのアウトレットも楽しいし、その後、アラビア工場&
博物館と合わせて訪れると、フィンランド2大ブランドが満喫できます♪

(ちなみにこの日は、ちゃと母子二人で行動。マリメッコもアラビアも興味の
ない夫は、お仕事&一人で気ままに楽しいrun!)

またまた、食べ物ばかりの記事になってしまいましたが、この旅は公共交通機関を
駆使し、観光はかなーり頑張りました!

 

■ノーベル賞受賞祝賀晩餐会が行われる、ストックホルム市庁舎のブルーホール

 

世界中の美術館マニアや建築家からも絶賛されている、デンマークのルイジア
ナ現代美術館。

展示や建物が素晴らしいのは勿論、オースレン海峡を見渡す広大なお庭がとっ
ても心地良く、たくさんの人が寛いでいました。

この日は他にもゴージャスで煌びやかな内装が印象的なフリデリスクボー城、
そして世界遺産のクロンボー城の3箇所を1日で電車で巡りました。

■世界一美しい美術館とも称賛される、ルイジアナ現代美術館。

 

■ヘルシンキからフェリーで15分の世界遺産スオメンリンナ島

 

私が旅した3年前は、3カ国ともアパートメントの数が少なく、滞在先の選択余地が
あまりなかったのですが、今はどうなんだろう。きっと、もっと増えていて、あちこ
ち選べるんじゃないかなあと思います。

物価の高い北欧は、旅ごはんの価値かなり大!!それに、何と言ってもスーパーが
超絶楽しいので、お土産買うだけでは、勿体無いんじゃないかなーと思うのです。

 

次回は、国内の旅ごはん滞在記を思案しています。