石切劔箭神社 『参拝日和』でオーガニックマルシェ

2017.11.12

こんにちは。

西田美江です。

11/25,26の2日間、

我が氏神様の石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)にて、

『参拝日和』というイベントが開催されます。

 

https://www.facebook.com/sanpaibiyori2017/

 

 

 

 

 

神社のそばで12年お店をさせてもらいました。

神社がここにあったからこその立地であり、樹齢500年という大きな楠に
見守られているかのような安心感があります。

そんな地元の神社でのイベント『参拝日和』は、夫とその仲間の方々で
主催をさせていただきます。

 

子どもたちがアートに触れ合う様々なワークショップ、
絵本作家さんなどによるライブペインティング、

ライブやパフォーマンス、
オーガニックをはじめとする安心して食べられるフードや無農薬野菜のマルシェ、

古本や雑貨のマルシェ、
赤ちゃんのための室内の遊び場、

木のおもちゃ屋さんによるのお話会、
おむつなし育児アドバイザーによるお話会、

授乳室やおむつ替えスペース、
そして、大きな楠を見ていただき、

お参りをする。

 

どんな世代の方が来られても楽しんでもらえるイベントです。

 

 

(私はcoma cafeとして、vegan焼菓子やカレーを販売します!)

私にとっては、いつか地元でオーガニックマルシェをしてみたいと
思っていたので、お知り合いや気になるオーガニックのものを取り扱う方々に
お声掛けさせていただきました。

夢を叶える第一歩となります。

ところで、オーガニックって、
日本では今どんな風に感じ取られているのでしょうか?

 

私はオーガニックは当たり前になって欲しいと願っていて、
本当は特別なものではないと思っています。

健康志向で選ぶいうわけでもなく、まぁ健康でいたいのはそうなのですが、
純粋にオーガニックなものを選ぶということが気持ちよく、本物にお金を使う
ということが社会に一票を投じる意味があるのだと思っています。

最近、別のオーガニックマルシェに出店した時、
オーガニックについて言葉にする機会がありました。

 

何故オーガニックなものを選ぶのか…

オーガニックのものは、素材の本来持つ力強さおいしさを内からじわじわと
感じられる本物の食材だと思います。

 

自分の体を通しておいしく感じ、健康でいられることを実感するので、
お客様にも家族にも本物を伝えていきたいと思い手に入る限りなるべく
オーガニックなものを使っています。

 

私にとってオーガニックとは何か…

やさしさ、だと思います。

体にも地球にもやさしく循環できること。
ずっと先の子孫たちにも胸を張って残していけること。
オーガニックな暮らし(ライフスタイル)は、どのような暮らしだと思うか?…

シンプル質素で、たくさんのものを持たず使わず、循環する暮らし。
自ずと野菜などを作ってくださる方や生産者の方に感謝の気持ちも湧いてきます。
心も体も豊かになると思います。

こんな風に答えました。

またこれから考えは変わるかもしれないけれど。

 

というのは、今、国産オーガニックを主に扱うショップで働いているので
日々オーガニックという言葉が当たり前で、逆にオーガニックってなんだろう?
とふと思ったりするのです。

 

(最近お届けしたオーガニックお弁当。)

皆さんは今オーガニックと聞くとどう思われますか?
逆に全く興味がなかったり、嫌いな方にどうしてそう思うのか聞いてみたいです。

今回も長くなりました。

 

とにかく今月はイベント終了までがんばります!

『自然派お母さんのストレス発散方法』

2017.10.18

こんにちは。

西田美江です。

毎日丁寧な暮らしをしてるっぽい私ですが、実はそんなことは全くなく、
ぐうたらサボりぐせのある主婦には向いていないタイプです。

(ハロウィンかぼちゃクッキーはせっせと焼いています)

 

お店をしていて義母が元気な時は、家事のフォローをたくさんしてくれていたし、
洗濯は夫がしてくれることが多いし、平日は下の子は保育園だし、
ご飯は作っても後片付けは夫だし、掃除もマメにはしないし、片付け全般苦手だし。

気がつけば私、何してるんだ?って思うこともしょっちゅうです。

自己評価も低めなんですが、それでも家事は苦手です。
(インテリアや雑貨は好きなのですが。。)


(元気なおふたりさん)

 

なので、週末夫不在の日々が続くと本当に困ります。

というか最近休みのことの方が少ないので週末や長い休みは子どもたちの面倒は
1人で見ることばかり。

これがワンオペってやつか。

主婦レベルの低い私には週末をやり過ごすのがなかなか大変です。

晴れで子どもたちも元気なら外に出歩きますが←大抵お弁当お茶持参、笑。

今日みたいに雨で体調悪い子がいて、しかも私も押してる仕事があると焦って
結局何もできず、子どもらとわーきゃー家ぐちゃぐちゃにして暴れて呆然とする。。
そんな感じです。

(いつもの3人組のお弁当)
そんな時のストレス発散方って皆さんどうされていますか?

服買ったり?美味しいもの食べたり?

私は1人でいることが好きなので、隙があれば1人でお茶しようと思っていたり、

旅行行きたいなーとか欲もいっぱい。

ご飯作りサボって外食したくとも、わざわざお金払って食べたいものが近くにない。。
それなら家で食べようとなるので、サボれない。

家には自分の選んだ納得の食材しかないし、料理をすることはストレスではない。

では、これはどうでしょう?
自分の大好きなオーガニックの食材を売っているお店でお金使ってストレス発散!
後でなんでこれ買ったんだろう~っていう後悔もない、社会にも役立つお金の使い方。
というわけで、
そんなお金の使い方を以前書いていらした福岡のmy農家制度のkimama clubさんや、
アメリカのiHarb、ガイアネットなんかを物色して楽しもうと思います♪

そして、子どもが昼寝している間くらいは、ゆっくり隠しておいたおやつ
食べてもいいですよね。


(最近作ったお菓子たち。販売用ですがちょっと味見しつつ)

せっかくの秋を楽しもうと思います。

そして、子育ても今がきっといちばん、わちゃわちゃして大変に感じるんだろうけど、
すぐに遊んでくれなくなるのだろうし、今を大事にしなくちゃなぁとしみじみ思うの
でした。

『発酵について学ぼう』

2017.09.22

こんにちは。

先日、私の通う歯医者さんと私とのコラボで発酵について学ぶ勉強会を開催しました。

歯医者さんでありながら、身体全体の健康を願い、患者さんの食生活指導も行ったり、
自然栽培で野菜を育てたりする、我が家のライフスタイルと通じ合う歯医者さんです。

健康であるためには、腸内環境を良くすることが大切。

それには日々発酵食を食べることが大切。

特に小さなお子さんを持つお母さん方に知って欲しいという願いを込めての勉強会です。

衛生士さんからは、よい歯並びにするために離乳食の食べさせ方や普段できることも
教えてもらえるので、なかなか満足のいく盛りだくさんな勉強会なのではないかと
自負しています。

1回目は春休みに甘酒についてテーマにお話ししました。

(写真は甘酒のノンシュガークッキー)

砂糖は虫歯や病気の原因になるのとはよく知られていますが、
甘いもの食べたくなりますよね。

なので甘みの質を変えましょうということで私からは簡単に作れる甘酒の紹介と、
試食、使い方の説明をしました。

食生活アドバイザーの先生からは甘酒の良さについて具体的に説明をしてもらいました。

甘酒って素晴らしいですね。

日本の誇るべき食文化だと思います。

糀とお米のみでとても甘く、ビタミンなどの栄養も豊富、料理の甘み付けにも使えるし、
我が家でも切らすことなく作っています。

 

夏場は凍らせたら簡単甘酒アイスの出来上がりです。
2回目の夏休みには塩糀についてをテーマにし、
塩糀の作り方、使い方をご紹介しました。

試食は、かぼちゃの塩糀煮と、塩糀のクラッカー、豆腐の塩糀漬け、
玄米甘酒をお持ちしました。

かぼちゃの塩糀煮は、かぼちゃと塩糀と焦げない程度の少量の水を入れて
鍋に蓋をして煮るだけです。

ホクホク甘みも引き出され本当に美味しいかぼちゃ煮ができます。
あまりに簡単なので最近よく作ります。

歯医者さん側からは、酵素と糀(麹)の違いについても教えてもらいましたよ。
簡単にいうと酵素はタンパク質の一種。
麹は麹菌という微生物。麹菌が酵素を作り出すということです。
塩糀は万能調味料。

デンプンを分解する「アミラーゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、
脂肪を分解する「リパーゼ」という三大消化酵素が含まれているため、
素材を柔らかくジューシーに、旨味もアップ、体に消化しやすくしてくれます。

普段の塩で調味するところを塩糀に変えるだけでいいですし、
ぜひ日々の料理に活用して欲しいと思います。

 

麦麹も好きで良く使います。

醤油麦麹もいつも仕込んでいますが、
スープなどの味付けに使うと抜群においしくなります!

写真の醤油麹のかやくご飯もおすすめです。

ちなみに、麦の麹は、麹という字。

米の糀は、糀という字で使い分けていますが、糀という字は和製漢字だそうです。
(麹は、中国から伝わった漢字)

糀に対する日本人の愛を感じます。
発酵について学ぶ勉強会は今後も続きます。
次回は冬休み、かな?と思っています。ご興味のある方はぜひいらしてくださいね!