コマカフェを閉店することにしました

2017.01.29

コマカフェの閉店。

こんにちは。
西田美江です。

またお弁当から離れますが、今年の一大決心した我が家の出来事を書きます。

今年の4月で12年になる、家族で開いていたコマカフェを閉店することにしました。

 

 

 

12年ひとまわり。
3年周期で転機が来ていた私としてはとてもしっくりする終わりです。

 

なんでやめるのか。
一言では書けません。
んー、大繁盛していたら、続けていたかも、というのはありますが、
まだ幼い子どもたちがいる生活の中で自分のできることには限度があり、
これ以上大きくすることもできないのかな、とは思います。

コマカフェは、夫の実家の事業に私が乗っかり入り込んだ形です。
だから私はオーナーでもないし、店主でもありません。
でも私はいつもコマカフェと一緒にいました。

オーナーは義母です。
店主は夫。
夫はほとんどコマカフェにはおらず、デザイン事務所をしつつあれこれ走り回っています。
義母は電車で定期的にお店に通い、店内を整え、意見をし、度々子守もし、ずっと応援してくれています。

 

(コマカフェの定食)

 

そんな中で好き勝手にコマカフェの中でやらせていただきました。
はじめはオーナーとぶつかりあい、いつやめてもおかしくない状態。毎日泣いていました。
夫とはまだ結婚していなかったので今がありますが、
結婚していたら多分別れて今違う人生を送っていたと思います。

そういった時間を乗り越えて子どもも生まれ、私が病気になってお休みしたり、復帰したり、
かなり細々お店として続けてきました。

いつあいてるのかわからない、ともよく言われ、思い出すと、
はじめの頃はお客さまの一言一言に振り回され、ブレてブレてブレまくっていました。

はじめはveganでもなかったのですが、フランス、スウェーデン、ドイツの旅から戻った後、
あちらで完全ベジタリアンで過ごしたこともあり、
やっぱりコマカフェもベジタリアンオンリーで行こうと思い、そこから魚もお肉もお店ではやめました。

12年長いようであっという間です。
いろんなことが頭に浮かぶので時系列もまとまりません。

最近考えてきたことは、お店を開けなければいけないという縛りがなくなったら、
外に飛び出したいということ。

どこまでできるかわからないですが、私はお産が好きなので産前産後、妊婦さんのサポートをしたい。
それをお料理を届けるという形でやってみたい、というのがあります。

(産後すぐの妹に届けたお助けおかずセット)

料理教室も今後も続けたいし、もう少し広げた何かもできたらなぁと思います。
ここは、自然育児サークルskogとも繋がります。
気になる方にはお声をかけて勉強会やお話会を開きたいと思います。

 

おむつなし育児が好きで、アドバイザーになりました。布おむつやおむつなし育児を広める活動もしたいと思います。

給食の代替お弁当を持っていっている小学生の息子は給食に憧れ、
ついに4月から給食を食べることになりそうです。毎日のお弁当作りがなくなること、
私の中にぽっかり穴があいたようになるのでは、と少し心配です、笑。
でも市によりよい給食を子どもたちに提供してもらえるように活動することも、
私の活力になるのかなと思います。

(学校との話合いに持って行った資料。道のりは長いです)

開店から12年経ち、義両親も高齢となりました。まだまだ元気ではありますが、
精神的にもコマカフェの一員としても頼りっぱなしではいけないなぁと思いました。

オーナーに頼らないで一人でお店を開けることもできるのかもしれませんが、
コマカフェは私のお店ではないという思いが強いのでここで一人で頑張りたいとは思わなかったのです。
これからは、私は私の思うことを自由にできる、ということを考えると楽しみでしかありません。

私が思っていた以上に、お客さまは残念に思ってくださっていて、
居場所のひとつを奪ってしまうことになること、申し訳なく思います。

私も街とお店が好きなので、好きなお店がなくなるのはかなりショックです。
でもお店の人が考えたこと、時代の流れ、いろいろそうなるべくしてなった。
応援できたらいいなぁーと思います。

コマカフェ閉店といっても私たちはここにいるし、カフェはなくなりますが、
厨房施設はそのままなので、料理はお届けしていきます。

これからも、皆さまのお近くで活動させていただけたらとてもうれしいですし、
いつかまたカフェか料理屋さんがやりたくなったら、
自分の好きなような形でできたらいいなぁーなんて妄想もします。
でもそれはずっーとずっーと先、今の目標ではないかなぁ。

(昨日のイベントでお出ししたお弁当です)

 

一度コマカフェ閉店について、文章にしたいと思っていました。
全然まとまっていませんが、ベンラボのブログをお借りして書かせていただきました。

長々失礼しました。

どんぐり(スダジイ)を拾って食べる会をしました。

2016.12.30

こんにちは。
西田美江です。

 

先日、自然育児サークルskogでクリスマス会と同日に11月に拾ったどんぐりの一種、スダジイの実を食べる会をしました。

 

スダジイとは、椎の実。
年配の方はご存知の方が多いみたいですが、私たち現役小さい子のいる母親世代は馴染みがなく、
どんぐり食べるねん、というと、え?!食べられるの?とびっくりされます。

私も去年までスダジイを知らなかったし、食べたこともありませんでしたから。

 

 

ここ、東大阪の石切は生駒山の麓なので、昔から椎の実を食べる文化があったそうです。
近くの山間の神社に大きなスダジイの木があります。

今年は不作だと聞きましたが、風に吹かれてコロコロ落ちて来たものもしっかり拾うことができました。

皮を剥くのが大変なので、各自持ち帰り剥いたものを持ち寄ります。
生のままより、煎ってから剥いた方が楽チンです。

 

 

 

フードプロセッサーがすごい音を立てて細かくしてくれました。

これを米粉とスダジイの粉を半々にして、菜種油、メープルシロップのみのシンプルなクッキーを焼きました。

 

 

 

残りは30分くらいフライパンで煎って、どんぐりコーヒーに。

 

 

煎ったものを水で煮出し、コーヒーフィルターで濾しました。

 

少し煎りが浅かったのかコーン茶のような香ばしい甘い香りのお茶のようになりましたが、美味しかったです!

余ったスダジイの粉は各自持ち帰り。
さっそくおしゃれにどんぐりグラノーラを作ったメンバーもいました。

去年はごはんに炊き込んだり、茹でて潰してお団子にもしました。
私は韓国料理のどんぐりこんにゃくにも来年は挑戦してみたいと思っています。

遊びながら拾ってそれを食べて面白い経験ができました。
皆さんもぜひ、どんぐりクッキングチャレンジしてみてくださいね。

市販のお菓子づくりをしました

2016.12.06

こんにちは、ベンラボアンバサダー2期の西田美江です。

今回は(今回も?)お弁当からは少し離れますが、子どもが食べたがる市販のお菓子じゃ◯りこ風のものを手作りしたことを書きます。

最近、子どもの習い事の帰りのバスの中で一緒に通う子たちがじゃ◯りこを食べながら帰ってきます。
夕飯直前の時間に、1人1個ずつしっかり持って。
我が家の子どもも当然憧れます。自分だけ食べていないから。
小学生になった時から、お菓子は自分で好きなものを買っていいよと言っているのですが、それは子どもの持っているお小遣いの中でのみで、
私が買い与えるのはどうしてもいやなのです。

中身をみたら買う気になりません。
保存料、化学調味料、着色料、香料、遺伝子組み換え、放射能汚染、気になります。やっぱり。

頑固なお母さんの私ですが、食べさせてあげたい気持ちも一応あります。
なので作ることにしました。
ネットにもたくさんレシピが出ているんですね。
色々参考にしつつ、安全で簡単な材料で。

 

image1

 

材料:
じゃがいも3つくらい
米粉、片栗粉:じゃがいもの半分量くらいを半々で
菜種油:大さじ1〜2
無添加野菜ブイヨン:半袋
塩、こしょう

 

image2

 

じゃがいもは皮をむいて茹でます。
(電子レンジは使わないポリシーでやってます)
マッシュして。
残りの材料を混ぜてこねます。

 

image3

 

ビニール袋に入れて3-5ミリほどに伸ばし、
冷蔵庫で10分程度休ませます。
image4

じゃ◯りこの大きさを思い出しながら切り分け、半分は菜種油で揚げて、半分はオーブンで焼きました。

出来上がり!
左が揚げたもの、右がオーブンで焼いたものです。
オーブンで焼いた方には乾燥ハーブ(オレガノしかなかったのでオレガノ)と胡椒を振って。

image5

 

これが、おいしい!
止まらぬ美味しさです。
本物とはまた違うと思いますが、いい油を使うと気持ち悪くもならないし、子どもたちも気に入って一瞬でなくなりました。
お弁当のおかずにも良さそうですよ。

もうすぐ次男の誕生日なので作ってあげたいと思いました。