『発酵について学ぼう』

2017.09.22

こんにちは。

先日、私の通う歯医者さんと私とのコラボで発酵について学ぶ勉強会を開催しました。

歯医者さんでありながら、身体全体の健康を願い、患者さんの食生活指導も行ったり、
自然栽培で野菜を育てたりする、我が家のライフスタイルと通じ合う歯医者さんです。

健康であるためには、腸内環境を良くすることが大切。

それには日々発酵食を食べることが大切。

特に小さなお子さんを持つお母さん方に知って欲しいという願いを込めての勉強会です。

衛生士さんからは、よい歯並びにするために離乳食の食べさせ方や普段できることも
教えてもらえるので、なかなか満足のいく盛りだくさんな勉強会なのではないかと
自負しています。

1回目は春休みに甘酒についてテーマにお話ししました。

(写真は甘酒のノンシュガークッキー)

砂糖は虫歯や病気の原因になるのとはよく知られていますが、
甘いもの食べたくなりますよね。

なので甘みの質を変えましょうということで私からは簡単に作れる甘酒の紹介と、
試食、使い方の説明をしました。

食生活アドバイザーの先生からは甘酒の良さについて具体的に説明をしてもらいました。

甘酒って素晴らしいですね。

日本の誇るべき食文化だと思います。

糀とお米のみでとても甘く、ビタミンなどの栄養も豊富、料理の甘み付けにも使えるし、
我が家でも切らすことなく作っています。

 

夏場は凍らせたら簡単甘酒アイスの出来上がりです。
2回目の夏休みには塩糀についてをテーマにし、
塩糀の作り方、使い方をご紹介しました。

試食は、かぼちゃの塩糀煮と、塩糀のクラッカー、豆腐の塩糀漬け、
玄米甘酒をお持ちしました。

かぼちゃの塩糀煮は、かぼちゃと塩糀と焦げない程度の少量の水を入れて
鍋に蓋をして煮るだけです。

ホクホク甘みも引き出され本当に美味しいかぼちゃ煮ができます。
あまりに簡単なので最近よく作ります。

歯医者さん側からは、酵素と糀(麹)の違いについても教えてもらいましたよ。
簡単にいうと酵素はタンパク質の一種。
麹は麹菌という微生物。麹菌が酵素を作り出すということです。
塩糀は万能調味料。

デンプンを分解する「アミラーゼ」、タンパク質を分解する「プロテアーゼ」、
脂肪を分解する「リパーゼ」という三大消化酵素が含まれているため、
素材を柔らかくジューシーに、旨味もアップ、体に消化しやすくしてくれます。

普段の塩で調味するところを塩糀に変えるだけでいいですし、
ぜひ日々の料理に活用して欲しいと思います。

 

麦麹も好きで良く使います。

醤油麦麹もいつも仕込んでいますが、
スープなどの味付けに使うと抜群においしくなります!

写真の醤油麹のかやくご飯もおすすめです。

ちなみに、麦の麹は、麹という字。

米の糀は、糀という字で使い分けていますが、糀という字は和製漢字だそうです。
(麹は、中国から伝わった漢字)

糀に対する日本人の愛を感じます。
発酵について学ぶ勉強会は今後も続きます。
次回は冬休み、かな?と思っています。ご興味のある方はぜひいらしてくださいね!

『五条坂陶器まつりに行ってきました』

2017.08.29

こんにちは。ベンラボアンバサダー西田美江です。

8月のいっちばん暑い時。

しかも暑い暑い京都で、毎年開催される五条坂の陶器まつりをご存知ですか?

http://www.toukimaturi.gr.jp

8/7-10と開催日は決まっているようで、
何かと都合をつけて毎年行くことにしているのですが、子どもが小さいことや、
台風で中止などもありここ2-3年は行けていませんでした。

今年はなんとかうまく行き、最終日に滑り込み、ちょっとだけ回ってきました。

保育園のお迎え時間を気にしつつ早歩きで回ります。

京阪五条駅降りてすぐ、東側に向かう道路を挟んで南北に400店舗がずらりと
テントを並べています。

開催時間は、朝9時から夜22時までと長時間!
作家さん自らが販売されている店舗も多く、心からお疲れさまです…と思います。

木の器やカトラリーの店舗もありました。
我が家ではお皿を使っています。

お目当の作家さんのブースで毎年新しく器を買います。
今年はこの2点を書いました。
少しずつ増えて行くのが楽しいですし、
一年に一度は顔を合わせられるのも嬉しいものです。

新しい作家さんに出会えるのも楽しみのひとつ。
値段交渉できるのもお祭りならではのこと。


今まで何個か買った陶器のブローチ。

シンプルでナチュラルな雰囲気のもの、スタイリッシュなもの、かっこいいもの、
ぼてっとしてたりゴツゴツしたもの、色使いの面白いの、器ひとつでも色々ありますよね。

暑いので歩いているうちに頭がぼーっとしてきます。
時々冷を取りながら、でも一気に回ることが多いです。


連れて行った長男はスーパーボールすくいを楽しむ。


我が家の器はこの陶器まつりで買ったものが多く、写真はその一部です。

いつもの料理も器ひとつでガラリと変わるし、
好きな器でいただくごはんは最高に楽しく美味しいですね。

また来年も行けるよう日々がんばらねばーと思います。

食べるもので簡単お手当

2017.08.03

今回は、おばあちゃんの知恵袋的な、
台所にいつもあるもので、口に入れても安全なものでできるお手当のご紹介です。


核家族で育ったので、私自身はおばあちゃんの知恵を直接教わる機会はありませんでしたが、
熱が出たらりんごのすりおろしを食べさせてもらったりして、普段は食べられない、
母の一手間と想いの入ったものは特別で、それもお手当のよさの一つなのだなぁと思ったりします。

実際は大人になってお手当について知り、体験していきました。
もちろん、自分でできるお手当で治せない病気や怪我もあります。
そんな時は病院で治療するわけですが、併用して家でもお手当をすると、何かできるという安心感と、
少しでも症状が軽減したらとても嬉しいですよね。

子どもがいるご家庭では知っておくととても便利だと思います。
熱が出たら、青菜をかぶせてやさしい熱取りに。
小松菜やキャベツなど、とにかく今あるもので枕にしたりおでこに乗せたりします。
豆腐パスターと言って豆腐を水切りしたものに、小麦とおろし生姜少しと少しの塩を混ぜて
よく混ぜたものをおでこに乗せる方法もありますが、熱を取りすぎるほどのパワーがあるので、
小さい子にはあまり使用しません。
第一大根湯もありますが、私はまだ未体験です。熱がダーっと出てそのあとすっきりするそうです。

お腹が緩い時には、梅肉エキスと葛粉です!
葛粉は体をあたため、整腸作用があるので、不調の時には重宝します。
りんごジュースに葛を溶いてあたためたあったかドリンクはおすすめです。
本葛粉100%の本物を使います。

何か不調な時にはとりあえず、梅肉エキスを舐めて、子どもにも舐めさせます。
梅肉エキス作りのことは去年のブログにも書かせていただきました。

(1キロの青梅からこの量しかできません。)

ビワの葉エキスも万能です。
古めの葉っぱを刻んで玄米焼酎に漬け込み3ヶ月ほど置いたものです。
虫刺されや、やけどや、傷、口内炎、できものなどいろいろ効くそうです。
汗疹の時にも薄めてシュッとスプレーしました。

5年ほど前、内臓に腫瘍ができてホルモンバランスが崩れて本当にめんどくさくて
しんどい病気になったことがありました。
内臓とともに腫瘍を切除する手術をして、わりと早く回復したので、今は元気ですが、
実は残り一個の臓器で生きているので大事にしなきゃなぁと思う日々です。
特に甘いものが響く臓器なので白砂糖にはやたらに注意しています。
口に入れない方がいいものです。
それは子どもたちの体調にも顕著に現れるので、身をもって感じています。
お手当をしている時には特に食べものに気をつけることはもちろん甘いものは食べない方がいいです。
子どもの病院で飲みにくい薬をもらった時、プリンやアイスに混ぜて与えるようにとアドバイスをもらいますが、
なんてこったと私は思っています。

話はそれましたが、腫瘍ができた時のセルフお手当は毎日入院する日まで頑張っていました。
まずは、生姜をすりおろし、70度くらいのお湯の入った鍋の中にすりおろし生姜の入った袋を入れて
エキスを出し、タオルを浸して優しく絞ってお手当したい場所に乗せます。

少し肌が赤くなるくらい熱めの方が気持ちよく効果もあります。
冷めないようにバスタオルなどでくるみ、布団をかぶって横になっていました。

20分くらい温かい状態が続きウトウト気持ちよくなります。
生姜湿布は、肩こりや腰痛や、あらゆる炎症に使えます。

その後、里芋をすりおろし、全体の1割の生姜のすりおろし、少しの塩、硬さ調節に小麦を加えて練って、
里芋パスターを作ります。
ガーゼなどに1センチくらいに伸ばし、患部に貼り付けテープなどで留めて数時間そのままにしておきます。
里芋パスターは、捻挫や乳腺炎や腫瘍に使えます。
里芋は冷やす力が強いので、まずは生姜湿布であたためた後に里芋パスターという順でやっていました。

こんにゃくをあたため、タオルで包んで温めるこんにゃく湿布も便利ですよ。

咳が出る時にはレンコンをすりおろしてお湯ので薄めて飲んだり、コーレンというものも販売されています。
私はノンシュガーの蓮根飴がお気に入りなのでいつも持ち歩いています。