第6章「たかだのいえ」

2017.09.27

冒険を中断したついでに今日はたかだの冒険の舞台をご紹介しましょう。

まずは玄関を開けるといきなりの階段!
なんとなくドラクエに出てきそうな作りでしょ。

で、二階に上がって右が「玉座の間」と呼ばれるリビング

お~噂の歴史書「フォトブック」が玉座の向こうに王家の紋章の如く飾られておる!

 

そして左が冒険の舞台「戦場」と呼ばれる台所でございます。

 

血しぶき飛び交う戦場ですので、後々大家さんから巨額請求が来ないよう、
透明のキッチンマットを敷きつめて汚れと傷を防ぐ魔法をかけております。

 

 
いきなり左に野郎の一人暮らしとしては大きめの三階建ての「冷やしの塔」が。
その足元にはフローリングの凹み防止の「ポリカーボネイトの盾」を敷き万全の
構えをしております。

 

 

冷やしの塔の隣にはお弁当関連アイテムを収納する「宝物庫」

 

その隣に電気系魔法使いの「Mr.チン」と「メシターキ」が臨戦状態で待機しております。

 

そこから後ろを振り向くと火炎魔法士「ガスコンロ」(まんまじゃん)が。
4体の敵を同時に焼き尽くす炎の使い手。思えば彼の存在がここに居を構えるに至る
最重要ポイントでありました。

 

その横には「広場」と「浄めの泉」があり、泉の右端にある移動式の
「乾きの橋」で浄められたフライパンや鍋をカラッカラに乾かしております。

 

ガスコンロの下は火炎系武器庫で、「テファルのパン」・「セラフィの鍋」・
「熱ばさみ」などが潜んでおります。

 

その右隣には揚げ物の無事を祈願する「油のほこら」があり、各種油と
油ハネ対策防具「アブラの盾」・「アブラの手鏡」・「テンプーラの鍋」が
奉納されております。この「アブラの手鏡」はいいですね。油ハネは止めるが
水蒸気は逃がすので水蒸気爆発もしないし、揚げ物の状態も透けて見えますので、
おすすめしたいアイテムです。

 

最後にドラクエといえば剣。現在はこの三本、左から「ステンの剣」(初期装備)、
「ダマスカスの剣」、「ダマスカスの小刀」(最近密林で入手)です。

あ~もっといい剣欲しいなあ。

こんな感じの道具・武器・防具で日々経験値を重ね、勇者を目指しております。

 

ぼうけんのつづきをはじめますか?

 

はい

 

タラタタッタタッタ~♪

たかだは 55さいに なった

 

第五章「100作達成!」

2017.09.02

第五章:「100作達成!」

 

2015年10月30日(金)、お弁当生活開始から約半年経ったこの日、
ついに100作目を世に出す日がやってきます。
絶対100までは続けようと心に誓った約束の日。翌日は奇しくもハローウィン。
もうこれはハローウィン仕様のキャラ弁しかないな。
実は数日前からFacebook上で100作目に何を出してくるのか予想してくる
村人(友達)が出始めておりましたが、幸いキャラ弁予想は出ていない。
寿司を握るという奴はいたけど、これなら予想の斜め上にいけるだろう。
ということで100作目にして初のキャラ弁(おばけ手毬寿司)に挑戦する
ことに決定しました。

毒々しい色の食材集めて出来上がったのがこれでした。

 

 

当時の私はもう初のキャラ弁にご満悦で、FBの村人や
会社の女子の反響も良かったんですが、今こうして振り返ると...
まあこれが当時の私の全力投球だったわけです。

そんなこんなで当初の誓い通り100作品を冷凍食品・市販惣菜なしでなんとか
クリアした私は、冷凍食品と市販惣菜を解禁するのですが、せっかく頑張ったん
だからもっと大げさに喜ぼうということで『お弁当コレクション』なる
フォトブックを作成することに。

フォトブックってのは出来上がってしまえば何てことはないんですが、
作成の過程が楽しいんですよね。第1作から100作まで当時の状況や
思いを振り返り、時々ニヤニヤしながら、コマの割り方を選んだり、
コメントを入力したりで気が付けば3時間はあっという間に過ぎておりました。
そして出来上がったのがこちらです。

 

たかが弁当に何を浮かれてるのかという気もしないわけではありませんが、
楽しむ時は大げさくらいが丁度良い。別に他の人に迷惑かけるわけではないのですから。

 

♪タラタタッタタッタ~

たかだはステージ1をクリアした。

たかだはレベル5にあがった。

たかだはレイショークのふういんをといた。

たかだはフォトブックをてにいれた。

 

そして103作目を作った後、前年から痛めていた右肩腱板の修復手術の為
しばらく弁当作りをお休みすることになります。

 

♪チャーチャチャチャーチャチャー

ゲームをちゅうだんしますか? はい

第4章「イカ大王との死闘」

2017.08.09

70作目を間近に控えテーマを検討。ふと会社の住所が頭をよぎりました。
「北斗市七重浜・・・七重って70と読める・・・七重浜弁当」ってな具合で、
道南地区の特産品による七重浜弁当に決定。不思議なものでテーマが決まると
内容はあっという間に思いつきます。

☆イカ飯・ホタテフライ・ホッキ貝のサラダ☆

さて問題はここから。実は私ヌメヌメしたものに触れないんです。
だから釣りもダメで釣った魚を外せない。魚は切り身か一夜干し限定。
そんな私にとってイカを捌くというのはまさに生き地獄なのであります。

マニュアル通り、頭に指を突っ込んで足の連結部分を剥がして引っこ抜く。
指先の不快指数は300%に跳ね上がり、うっかり墨袋つぶしてドス黒いものが
流れ出ると最早過呼吸状態。「逃げてちゃダメだ!逃げてちゃダメだ!」とシンジ君の
ように自分を鼓舞して、なんとか最初のイカの頭と足が分離。なんか感動しちゃって、
頭の中ではロッキーのテーマ曲。
そうなるともう「一人殺したら二人も三人も一緒だ」なんて連続殺人犯みたいな
気分になって、二はい目、三ぱい目は落ち着いて墨袋を潰すことなく分離成功。
外したゲソはブツ切りにして茹でてホッキサラダの具に、
頭はもち米を詰めてイカ飯にと無事「七重浜弁当」が完成したのであります。

 

♪タラタタッタタッタ~

たかだは イカダイオウをたおした。

たかだは レベル3にあがった。

たかだの こんじょうが2あがった。

 

続く80作目でパエリアとアドボソテー(肉をマリネしてから焼くスペイン料理)を投入し、
無敵艦隊スペインを撃退したところで、女王様からその栄誉を称える「曲げわっぱ」を
賜ることになったのであります。夢にまで見た曲げわっぱ。
これを手に入れた以上100作や200作では終われない。
いや終わらせたくないと心が叫ぶのでありました。

 

♪タラタタッタタッタ~

たかだは スペインをたおした。

たかだは レベル4にあがった。

たかだは まげわっぱをてにいれた。