第五章「100作達成!」

2017.09.02

第五章:「100作達成!」

 

2015年10月30日(金)、お弁当生活開始から約半年経ったこの日、
ついに100作目を世に出す日がやってきます。
絶対100までは続けようと心に誓った約束の日。翌日は奇しくもハローウィン。
もうこれはハローウィン仕様のキャラ弁しかないな。
実は数日前からFacebook上で100作目に何を出してくるのか予想してくる
村人(友達)が出始めておりましたが、幸いキャラ弁予想は出ていない。
寿司を握るという奴はいたけど、これなら予想の斜め上にいけるだろう。
ということで100作目にして初のキャラ弁(おばけ手毬寿司)に挑戦する
ことに決定しました。

毒々しい色の食材集めて出来上がったのがこれでした。

 

 

当時の私はもう初のキャラ弁にご満悦で、FBの村人や
会社の女子の反響も良かったんですが、今こうして振り返ると...
まあこれが当時の私の全力投球だったわけです。

そんなこんなで当初の誓い通り100作品を冷凍食品・市販惣菜なしでなんとか
クリアした私は、冷凍食品と市販惣菜を解禁するのですが、せっかく頑張ったん
だからもっと大げさに喜ぼうということで『お弁当コレクション』なる
フォトブックを作成することに。

フォトブックってのは出来上がってしまえば何てことはないんですが、
作成の過程が楽しいんですよね。第1作から100作まで当時の状況や
思いを振り返り、時々ニヤニヤしながら、コマの割り方を選んだり、
コメントを入力したりで気が付けば3時間はあっという間に過ぎておりました。
そして出来上がったのがこちらです。

 

たかが弁当に何を浮かれてるのかという気もしないわけではありませんが、
楽しむ時は大げさくらいが丁度良い。別に他の人に迷惑かけるわけではないのですから。

 

♪タラタタッタタッタ~

たかだはステージ1をクリアした。

たかだはレベル5にあがった。

たかだはレイショークのふういんをといた。

たかだはフォトブックをてにいれた。

 

そして103作目を作った後、前年から痛めていた右肩腱板の修復手術の為
しばらく弁当作りをお休みすることになります。

 

♪チャーチャチャチャーチャチャー

ゲームをちゅうだんしますか? はい

第4章「イカ大王との死闘」

2017.08.09

70作目を間近に控えテーマを検討。ふと会社の住所が頭をよぎりました。
「北斗市七重浜・・・七重って70と読める・・・七重浜弁当」ってな具合で、
道南地区の特産品による七重浜弁当に決定。不思議なものでテーマが決まると
内容はあっという間に思いつきます。

☆イカ飯・ホタテフライ・ホッキ貝のサラダ☆

さて問題はここから。実は私ヌメヌメしたものに触れないんです。
だから釣りもダメで釣った魚を外せない。魚は切り身か一夜干し限定。
そんな私にとってイカを捌くというのはまさに生き地獄なのであります。

マニュアル通り、頭に指を突っ込んで足の連結部分を剥がして引っこ抜く。
指先の不快指数は300%に跳ね上がり、うっかり墨袋つぶしてドス黒いものが
流れ出ると最早過呼吸状態。「逃げてちゃダメだ!逃げてちゃダメだ!」とシンジ君の
ように自分を鼓舞して、なんとか最初のイカの頭と足が分離。なんか感動しちゃって、
頭の中ではロッキーのテーマ曲。
そうなるともう「一人殺したら二人も三人も一緒だ」なんて連続殺人犯みたいな
気分になって、二はい目、三ぱい目は落ち着いて墨袋を潰すことなく分離成功。
外したゲソはブツ切りにして茹でてホッキサラダの具に、
頭はもち米を詰めてイカ飯にと無事「七重浜弁当」が完成したのであります。

 

♪タラタタッタタッタ~

たかだは イカダイオウをたおした。

たかだは レベル3にあがった。

たかだの こんじょうが2あがった。

 

続く80作目でパエリアとアドボソテー(肉をマリネしてから焼くスペイン料理)を投入し、
無敵艦隊スペインを撃退したところで、女王様からその栄誉を称える「曲げわっぱ」を
賜ることになったのであります。夢にまで見た曲げわっぱ。
これを手に入れた以上100作や200作では終われない。
いや終わらせたくないと心が叫ぶのでありました。

 

♪タラタタッタタッタ~

たかだは スペインをたおした。

たかだは レベル4にあがった。

たかだは まげわっぱをてにいれた。

 

 

 

 

第3章「キリ番イベント」

2017.07.16

揚げ物を克服(といっても上手に揚げれるわけではありません)した
私は、その後順調に経験値を増やしていきます。
そして初めて2か月程経った30作目の前日、
「そうだキリ番(キリのいい番号)はスペシャルメニューで行こう」
なんてことを思いついてしまいました。

思いつくなら先に献立から思いつけばいいものを、
ハードルだけ上げてしまい、昼休みはクックパッドフル回転。
あーでもないこーでもないと検討に検討を重ねた結果、
「ロコモコ丼」に決定。
これが村人達(Facebookのお友達)から好評(温情も多分にあるが)を
博し、すっかりおだって(北海道弁でいい気になって)しまうので
ありました。

そしてこの時にお弁当作りの楽しさに目覚めたのかもしれません。

 

 

 

それ以来、次なるキリ番50作目の企画で僕の頭はいっぱいに。
散々考えた挙句決まったのは50作目の前日でした。
小学校からの友人がタイで遊び呆けている様子をfacebookで見て、
エスニック弁当(ガパオライス、生春巻き、青パパイヤのサラダ)に
決定。

ところがここ函館にはそういう食材を売っている店がないのです。

あちこち走り回って、某百貨店の地下でなんとか青パパイヤは見つけたものの、パクチーが手に入らない。

前に見かけたお店に聞いてみると、「あれは週一回しか入荷しないんですう~」とのこと。
代わりに小ネギを使ってなんとか三品完成するも、
少し悔いが残るキリ番になりました。

函館ってやっぱ田舎なんだなあ~

 

 

そして迎える第70作目、ここで私は「揚げ物」以上の難敵「生いか」と
対峙することになります。

♪タラタタッタタッタ~
たかだ はレベル3にあがった!
ハワイとタイを制圧した!

いかだいおうとそうぐうした!

<<続く>>