雛デコケーキ

2017.03.10

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

 

3月に入りました。

遅ればせながら、ぱんびーのでもお雛様を飾りましたよ。

 

実はこのお内裏さまは、

私の2番目の姉がずいぶん昔に作ってくれた、

木目込み雛なんです。

 

 

お雛様って、

どれ一つをとっても表情が違いますよね。

その時代時代によっても流行?というのかな、

頬のふっくりした感じとか、

目つきとか、またその煌びやかな衣装とか、

こんな古風な慎ましやかなものにも、

ちゃんと流行があるんだなって思うわけです。

 

 

で、この、姉が作ってくれたお雛様、なんですが

この次の年に、三人官女も欲しいよー、と

リクエストしておいたのですが、今に至ります(笑)

 

 

我が家には、このお雛様の他にも、

その昔私の母が買ってくれた、7段飾りのそれなりに立派な飾りもあるのですが、

我が家に初代わんこの、マフィンちゃんを迎えて以来、陽の目を見ることはありません。

 

そのお雛様も、いつかは娘の嫁ぎ先に行くことでしょう。

はい、嫁いだ暁には、ですが( ̄▽ ̄)

 

 

さて、2年にわたって書かせていただいておりました、

この、【パンときどきお菓子】ですが、この3月でお終いでしょうか。

【パン弁当プロジェクト】も、さほど突き詰められなかった気もしますが、

2年目の最後を飾る3月は、せっかくなんでお雛祭りをテーマに、と思った訳です。

 

 

ここ数年、アニバーサリー的なケーキを、定期的に作ろう、とついしていたにも関わらず

あまり続けてこれていないのが現実ですが…

 

お雛祭りなんで、それらしいデコレーションケーキを作ろう、と思い立ちました。

とはいえ、いわゆる【雛デコケーキ】的なものは、数年前に作っていましたので、

其方の画像をご紹介しますね。

 

 

2年前のひな祭りのときのケーキです。

ケーキ上部の飾りは買い置きしてあった既製品の飾りですが、

抹茶生地のロール生地に、中には抹茶のムース、自家製の栗の渋皮煮を巻き込んであります。

 

 

 

うーん、これは美味しかった( *´艸`)

今度は飾りも自分で作れるように頑張りたいな。

 

 

で、今年はどうしよう?
と考えて、とりあえず苺だけは購入してきましたよ。

 

 

それで、最近お気に入りの、スフレロール生地で

中には、クレームムースリーヌ(カスタードクリームにバターを練りこんである)と苺を巻き込み、
表面を豆乳ホイップで薄くデコレーションしてみました。

 

【豆乳ホイップの苺のスフレロール】

 

甘さが本当に控えめ。

そもそも白い砂糖ではなく、きび砂糖を使っているからですが、

生地の色も綺麗にはあがらないし、でも美味しくて好きなんですよね、きび砂糖。

 

せっかく丸く巻けていたのを上からつぶしてしまったので、

形は可愛くないのですけどね(*’▽’)

 

 

今年はもう少しデコレーションとアイシングの腕を磨くぞ!
って、あれ?昨年も同じようなこと言っていたきがするけど…。

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

 

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

ぱんびーのパン弁当プロジェクト8

2017.02.03

こんにちは。

弁ラボアンバサダーの、坂本 静です。

【パンときどきお菓子】も、今回を含め、残すところあと2回となりました。

早いです、一年が経つのが…。

 

 

さて、今回は予告通り、

【ぱんびーのパン弁当プロジェクト…8】です。

***** ***** ***** ***** ***** *****

いつものバターロールを、カップに入れて丸く焼き、

上部を切り取って蓋にするサンドイッチ、というのをやってみます。

 

1.マフィン型に入れたのと、ブリオッシュ型で焼き上げたのと2種類を用意。

下の部分は少し真ん中をくりぬいておきます。

 

 

 

 

2.豚の生姜焼きと、蒸しささみ、他に野菜メインの具を何種類か用意。

 

 

 

 

用意した具材はこんな感じ。

① 焼きキャベツ…くし形に切ったキャベツを、アンチョビオイルでこんがりと焼き目をつけます

② ジャーマンポテト

③ 明太子マッシュ…マッシュポテトに、明太子とマヨネーズ少々で味付け

④ ドライトマト&クリームチーズのディップ

⑤ 小松菜入りオムレツ…生クリーム少々で風味をつけます

⑥ ジェノベーゼパスタ

⑦ 野菜各種…レタス、赤玉ねぎのスライス、茹でブロッコリー

⑧ 豚肉の生姜焼き、 蒸しささみ…ほぐしておく

⑨ 病みつき牛蒡

この他に、パセリ、粒マスタード、マヨネーズ、ケチャップ、レモンペッパー

などをお好みで用意します。

あとはもう詰めていくだけです。

とはいえ、この具材を用意するのに意外と時間がかかってしまいました。

普段から作り置きの常備菜があると、こういう時にラクチンでいいですよね。

 

 

 

 

ステンレスの丸いお弁当箱に、ちょうど3個ずつ×2段で収納できました。

ミネストローネポットと一緒にお持たせするのもいいですね♪

 

 

お好みでいろいろ詰めて楽しんでほしいです( *´艸`)

 

最後におまけ、私のブログです。

一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、
日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

お正月のお菓子

2017.01.07

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

 

2017年も明けましたね。

昨年と変わりませず、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ちなみに、今年のお節。

地味ですが、やはり味わいがある、旨煮にしました。

 

 

 

 

そして、いつも通り、なお雑煮です。

今年は、市松の生麩を使いましたが、

やはり、好きですね、生麩♪

 

 

さて、1月のお題はといいますと…

【お正月のお菓子】です。

 

 

お菓子、と一口に言いましても、

古今東西、今ではいろんな国のスィーツが簡単に手に入るようになりましたよね。

 

和菓子に洋菓子、氷菓など…etc

 

 

日本全国、

いろいろな土地にお住まいの方は多いと思います。

そして、季節を彩るお菓子も多種多彩を極めています。

 

 

実は、私の生まれ育った、この北海道にも、

季節を感じさせる食材、料理、というのはたくさん存在しています。

皆さんがお住いの地域にも、ですよね?

 

 

その中でも、【お正月】、ということに注目してみると、

あるんですよ、この北海道にも。

 

 

私の生まれ育った実家(禅寺の娘です)、では、

小さい頃から、毎年暮れには、神棚に【口取り】(菓子)

というものをお供えしておりました。

以下、参考までに、北海道LikersHPより

http://www.hokkaidolikers.com/articles/2648

 

どうも、昔から、北海道独特の文化のようですが、

いわゆる、お節の海老などを模した形で、

こしあんが入っている練り切りや、

羊羹などが入っている和菓子が、詰め合わせになっているのです。

北の大地では、昔は手に入りにくかった、お正月のごちそうを象った和菓子、なのか、と、推測できますね。

 

 

ただし、いかにも、という感じで、

彩色が鮮やか過ぎ、そして甘すぎ、、

でも、習慣からどうしても買ってしまう…

 

簡単に言ってみれば、まぁ、そんなお菓子、です。

 

昨年までは、我が家(主に私が、ですが)では、

年末にスーパーで買い求め、神棚にお供えしてあったのです。

 

 

ですが、

今年は、どうしてもそれは、いやや〜!

でも、お供えしたいよ〜!

 

じゃぁ、自分で作ってお供えしよう!

と、無謀な考えに至った訳です。

—-

今まで、パン教室に通っていた過程でも、

饅頭とか、冷やし系とか。和菓子というものには触れた経験がありました。

 

でも、ちゃんとした和菓子、というのは

うさぎ饅頭、くらいしか作ったことが無かったんですよ…。

 

でもでも、昨年購入した、【家にあるもので簡単に作れる和菓子】

的な、本に触発されて、作ろう!と思い立った訳です。

…うーん、、前置きが長くてすみません、、

—-

今回、挑戦したのは、

【椿】と、【鶴】

 

うーん、、

レシピには「上白糖」とあるところ、

うちでは、きび砂糖を使用する、が、モットー

なため、白いところが白くならず、

少々残念な結果に…涙

 

 

一応、出来上がりはこんな感じ。

前もって、和菓子用の個包装ケースも購入済み、でしたが

えーっ???って言う、言われないとわからない代物になってしまいました、とほほ。

椿は赤くないし、、

鶴は、やはり白さが肝心、ということを実感した時ですね。。。

【練り切り:椿&鶴】

 

 

 

 

うーん、、実はこの後に、

ある方から、和三盆を頂いてあったことに気づき、

再試作を、とも考えたのですが、

思いなおして、お正月用に、クリームアイシングのケーキを作成することにいたしました。

 

ちょうど一年ほど前に通っていた、

シュガーアートの教室で習った、クリームアイシング。

 

バタークリームで!と決めていましたが、

最近ちょっとうわさに聞いていた、白あんを使ったバタークリームで、

デコレーションしてみました。

 

 

 

在庫のあった、苺パウダーを使い、シフォンケーキを焼きました。

そのシフォンを生クリームでコーティング。

そこに、白あん入りのバタークリームで絞り出した、薔薇を飾ります。

 

 

当初、白をベースに考えましたが、

何しろ、白餡の色がほぼベースになってしまうため、

着色を止むなくされました…。

 

 

 

で、出来上がりがこちら。

ラベンダーカラーが、ちょっと濃すぎかなというかんじではありますが…・

 

 

 

【苺のシフォン 白餡入りバタークリームのトッピング】

 

この、絞り出すという作業がけっこう好きです。

もっと上達したいな〜。

せっかく昨年通ったのです、今年はもっと反復練習あるのみかな?

と年の初めに新たに決意した次第です。

 

 

月に一度は、デコレーション!

がんばります、はい。

 

 

 

さて、今週末からは、年明けての営業開始です。

次回はどんなパン弁当が登場するかな〜?

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、
日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

 

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582