【くらしソムリエ茶話会~いつもの場所にいつものように ~ 】

2017.07.31

3期ベンラボアンバサダー 藤田郁子です。

暮らし方はそれぞれなので、必要なモノの数もそれぞれ。
私の家は、今はボウルの数は0だし、ザルは1です。・・・という数の話を前回しましたね。

今回は、収納について少し話しをしましょう。

あ、私、整理収納アドバイザーというお仕事をしています(^^)

 

我が家の鍋やその蓋の収納部分です。IHのすぐ下の引き出しです。

すぐに取り出せるように、オリーブオイルとごま油、ラー油も一緒です。

クリステル鍋は持ち手が着脱可能なので、入れ子にできます。
フィスラーの小鍋は、入れ子にはなりませんが、
必ず使うので一番上に重ねています。
「鍋やフライパンは立てて収納しましょう」

と、雑誌等でよく紹介されていますが、今の私の場合、
入れ子にしていても取り出す時や、戻す時、苦ではなく、
フライパンも複数持っていないので、そのまま置いていても
全く問題ありません。

使う頻度や、数、場所を考慮し、使う人が使いやすいように
納めるので、鍋はこう、フライパンはこうでないといけない!
ということはありません。

鍋の着脱式の持ち手ですが、IH前に立った時の右引き出し上段に
あります。

(青と白のがそうです)

「引き出しを開ける」というアクションがつきますが、
実はお弁当を作る時は、カップをすぐに出せるように、
少し開けっ放しです。

一番よく使う菜ばし、キッチンばさみ、お玉、
などの調理道具は出しっぱなしです。

ついでに、よく使うお砂糖、お塩他の調味料も出しっぱなし。

これが我が家の、「いつもの場所にいつものように」です。

夫婦2人の生活になったら、鍋の引き出しに、
入れ子にせず蓋をしたまま3つだけ。
もあり得るな、とか、これからの変化も楽しみです。

 

これを書きながら、昔の歌を思い出しました。
1995年発売なので、もう22年も前です!!

MY LITTLE LOVER さんの「Hello Again ~昔からある場所~」より
一部抜粋

記憶の中できっと二人は生きていける

 

長くお住まいのお家で、昔からずっとずっとずっとそのままの場所で、
入れたまま、置いたまま、使わないまま、のモノが多く見受けられます。

人と違い、モノは忘れ去られると活かしていけません。
それだけは、忘れないようにしましょうね。
野菜ソムリエの旬のお野菜情報。

今回は【オクラ】

毎朝、大音量の蝉の大合唱に、それだけでも暑くなる毎日です。
みなさん、バテていませんか?

オクラのネバネバ成分は、夏場の疲労回復にもってこいですし、
胃腸の粘膜の保護する作用もあるので、毎日でも食べたい野菜!

お弁当にも、よ~く入ります。

一番右のずんぐりむっくりなのは、『ダビデの星』といいます。

一見硬そうに見えますが、柔らかく、肉厚で味も濃くとても美味しいです。

断面も可愛いですよ。

赤紫のオクラは、熱を通すと緑になるので、赤色を楽しみたい時は、
新鮮で柔らかいものをサラダなどでそのまま食べると
アクセントになります。

五角形ではなく、丸いオクラは、大きくなっても柔らかいのが特徴です。

断面を見ると、夏休みに野菜スタンプなどで、
お子さんと遊ぶのも楽しいですね。
あ~うちには、そんな小さな子どもはいないのでした・・・・・。

ではまた次回(^^)