【 くらしソムリエ茶話会 「私の相棒とお弁当万歳」】

2018.04.10

3期ベンラボアンバサダー 藤田郁子です。

今回は私のキッチンでの相棒のご紹介。

 

まずは包丁。

いろいろと使い分けできないので2本です。

もう20年以上前、実家で愛読していた「暮しの手帖」の
巻末記事が気になっていて、実際にホテルまで買いに行きました。

 

今ならば、ネットでポチッで買えますが、
わざわざ大阪へ買いに行ったことも、長く使っている理由かもしれません。

長年の相棒といえば、やはり包丁。
これがないと料理が始まらないです。

 

 

お弁当作りの最後の仕上げは写真撮影。

カレンダーは、以前無印良品で購入したもの。アクリル製でシンプル。

 

このランチョンマットにお弁当を乗せ、カレンダーを奥に置いて撮影です。

 

冒頭に出てきた「暮しの手帖」のことを少し。

 

私が今持っている暮しの手帖のバックナンバーは、実家にあった一番古い号と、

私が影響を受けた記事が載っている号と、私の感想が載った号です。

全冊実家から持ち帰り、何度も整理して、最終的にこの3冊になりました。

 

 

進学で家を離れても、帰省時に楽しみにしていた「暮しの手帖」

93号にはこんな記事が。

 

 

『日本人ほどどこの国の料理でも、
おいしがって食べる国民は、世界中にも類がありません。』
※1968年発行 暮しの手帖第93号より抜粋

 

今からちょうど50年前に書かれた言葉です。
今では簡単に調味料や食材も手に入るし、それを上手に取り
入れて、料理もグローバル化。

日本の中でも地域によって食べ方、呼び方の違いがあったり、
四季折々の旬のお野菜も違うこと。
ベンラボを通して、あらためて知ることもあり、お弁当にも
国境はないし、愛情と知恵がぎっしり詰まっていることを
実感しています。

手のひらに乗る小さい世界だけれど、広がりは無限大。
作る時、食べる時、受け取る時、コミュニケーションが生まれる
大切な時間も作り出してくれます。

 

『お弁当万歳!!』

 

大声で叫びたいです(^^)

 

3月も終わりに近づきました。

春のお野菜を楽しんでいます。

 

★スナップエンドウ

★ナバナ

★ロマネスコ

★春のシイタケ

 

そして今回ご紹介するのは 【赤軸ホウレンソウ】

 

 

生で美味しいホウレンソウです。

えぐみが少なくサラダに向いています。

 

【コウタイサイ】

ナバナよりは苦みがなく、お浸しや胡麻和えにします。

さっと茹でますが、ゆで汁がかなり赤いです。

この色に驚きますが、見かけと違い、穏やかな味です。

高校生の娘は、美味しいと言って食べてくれます。

将来は飲める口だな・・・・・

私は高校生の時、苦みのある野菜は苦手でした。

そして、今、飲めません(笑)

今の時期、花粉症さえなければ、
お花見はそれはそれは楽しいだろうと思います。

菜の花畑にも埋もれてみたい!
窓を開けて春の風を浴びながら運転したい!

全て叶わぬことですが、春のお野菜から季節を感じ、
元気をもらっています。

最後はまとまりがない終わり方になってしまいました。
1年間、3期ベンラボアンバサダーとして携われたこと、
本当に感謝しています。
ありがとうございました。