【くらしソムリエ茶話会 「生産者の気持ちを伝えたい」 】

2018.03.05

3期ベンラボアンバサダー 藤田郁子です。
野菜高騰が続いていますね。

つい数日前、家族から「これだけこの冬は寒かったのに、鍋が少なかったね」
と言われ、カチンときました。 一瞬無言になりました。
鍋といえば・・・・ハクサイやダイコン!!
それが通常の倍どころか3倍も4倍もするのですから、鍋なんて出来るわけない。
例年と比べて一玉、一本数百円の違いですが、1回ではなく、毎日毎食のことなので、

常に数円、数十円の差を気にしている主婦にとっては死活問題。

「いつもなら、肉・野菜・野菜・野菜・肉」って言うのに、

「肉・肉・肉・肉・野菜って言いたくなるわよね」なんて冗談のようなホントの話題。

 

そんな生活者も大変ですが、作っている生産者もとても大変で辛い日々。
美味しいトマトを作っている生産者は、

「自宅よりハウスの中の方が温かいの。ハウスで寝泊まりしようかしら。トマトの方が肌艶がいいのよ」

と笑って言ってくれますが、そんな思いをして一生懸命作っています。

 

産直野菜売り場に携わることが週に数回あるので、その都度、新鮮な地元野菜を手に入れてきます。
だから、無い時は無い。
全国どこかのものが年中並ぶスーパーと違い、今、この土地で作られている野菜を食べる、

ということは、そういうことです。

 

どんな所で、どういう人が、どんな思いで作っているか、を少しでもお伝えしたくて、

生産者のところに行ったり、電話で状況を聞いたり、伝えたりもしています。

逆に、生活者のニーズを伝えたりもします。
6年前、子どもの同級生と一緒に「スナップエンドウ狩り」に行きました。
私自身、野菜作りはしていないので、野菜が生っている所を見せられません。
収穫する体験もさせたくて、スナップエンドウを作っている野菜ソムリエの仲間にお願いしました。

普段、生産者の話を聞く機会がないだけに、熱い思いがとても伝わりました。

 

 

箱いっぱいに収穫させてもらい、計量して、お支払いしてお持ち帰り。

夕飯に、お腹いっぱい食べました。

すぐそばには、収穫近いソラマメも!

 

 

ふわふわのベッドは、本当にふっわふわでした。

 

 

ブドウ狩りやイチゴ狩りはしても、スナップエンドウ狩りは初体験。

実はこの生産者のスナップエンドウ、今や東京の有名店や全国のお店から引っ張りだこで、
今ではこんなこと出来ないのです。
6年前でよかった・・・。

 

 

あれ以来、1月になったらスナップエンドウが恋しくて恋しくて、お弁当にも多数登場。

(我が家のお弁当で、いろんな形で登場したスナップエンドウたち)

 

 

  

 

その1年前の夏は、農業大学校へ行き、ブドウやブルーベリー狩りも体験したのでした。

 

散水車の洗礼も受けました(笑)

 

 

この時の小学生が、今は高校2年生。
お弁当や食卓、お店でスナップエンドウを見ると、あの時のことを思い出してくれていたら嬉しいです。
いつ行ったのかを覚えていると、旬がわかります。
収穫した時に手に付いた青臭さ、少しでも大きいものを選ぼうと目を凝らした時間。

どれをとっても貴重な体験です。

生活者と生産者との架け橋の役目を担う、野菜ソムリエ。
双方に少しでもお役に立てるように、と願いながら活動しています。

そして、これからも整理収納アドバイザーと一緒に活動していきます。

 

そして3月。

ひな祭りですね。
今日紹介する野菜は、【もものすけ】というカブです。

美しい赤カブ♪

 

実はこのカブ、切れ目を入れると、手で簡単にむけます!!

ほら。桃のようでしょう。

 

 

どんぶらこ~どんぶらこ~流してみたくなります。

やわらかくてサラダもよし。

 

甘酢漬けにするともちろんピンクになります。
見つけたら、ぜひ手で剥いてみてくださいね。

 

それでは、また。