第10章「カツドニストリレー」

2018.01.25

と、そんな訳で(どういう訳かもうお忘れかも知れませんが)、

ベンラボデビュー作がこちら

 

 

 

 

うーん茶色だな(^^;) 「白山さんのご紹介で参加させていただきます。」からの自己紹介。

白山さんがフォローのコメントをつけてくれたものの、あまりの「いいね」の少なさに
ベンラボ管理者(事務局?)名義の「いいね」が付いた時には、
なんだか気を使わせちゃって申し訳ない気持ちになりました。

それでも不思議と投稿やめちゃおうという気にはならず、
失敗作だろうがなんだろうが投稿を続けました。そうこうする内、
何人かの方々からコメントを入れていただけるようになり、
良い修練の場を得たとひとりごちておりました。そんなクリスマスイブの事、
またしても例の戦士からメッセージが

 

 

僕が投稿始めた頃既にスタートしていた「カツドニストリレー」。
当時既に白山さんは出走済みで、僕にコメントを下さった方々もほぼクリアされておりました。

「はは~ん、これは俺には回って来ないな」と完全に油断しておりました。
「千葉さんもクリスマスイブなんだから、他にやることあるでしょうに…」
などと多少恨みがましいことを考えながらも、これも試練とお受けする旨返信。
すると数分後には千葉さんご本人からメッセージが

 

 

わずか15分足らずで1人のほほんとアニメを見て過ごすはずの聖なる夜に、
僕の頭の中は油まみれになったのであります。「王道を行くのか、或いは奇をてらうのか」
「ヒレかロースか」「キャベツはマストだな」とか。
もうそれまで見ていたアニメは頭に入って来やしません。

そんな感じで年末年始の帰省中も頭のどこかでカツ丼のことを考え、とんかつ屋のカウンターに
陣取っては揚げる様子を盗み見、『就活』ならぬ『習カツ』を行い、自分の立ち位置というか
役どころを考えた末の結論が、『定番カツ丼とエスニックカツ丼のハイブリッ丼』でありました。

 

 

 

 

ずるいよね~ 攻めるふりしてボール置きにいったよねえ~
実に姑息な手段を思いついたものだと… まあそれが僕らしいといえば僕らしいなあと…

で、予てよりご内諾いただいておりました今井さんにそそくさとバトンを渡し、
ファーストミッションを終えるのでありました。

 

振り返ると、このミッションのおかげで本当の意味でベンラボの一員になれたのかなあ。
お声をかけてくれた千葉さんとバトンを受けて下さった今井さんのおかげだなあと深く
感謝する次第であります。

 

タラタタッタタッタ~♪

たかだは バトンを わたされた

たかだは しゅうカツ した

たかだの こそくさが 3あがった

たかだは バトンを わたした

たかだに あたらしい仲間が できた

たかだの いごこちが 5あがった