石切劔箭神社 『参拝日和』でオーガニックマルシェ

2017.11.12

こんにちは。

西田美江です。

11/25,26の2日間、

我が氏神様の石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)にて、

『参拝日和』というイベントが開催されます。

 

https://www.facebook.com/sanpaibiyori2017/

 

 

 

 

 

神社のそばで12年お店をさせてもらいました。

神社がここにあったからこその立地であり、樹齢500年という大きな楠に
見守られているかのような安心感があります。

そんな地元の神社でのイベント『参拝日和』は、夫とその仲間の方々で
主催をさせていただきます。

 

子どもたちがアートに触れ合う様々なワークショップ、
絵本作家さんなどによるライブペインティング、

ライブやパフォーマンス、
オーガニックをはじめとする安心して食べられるフードや無農薬野菜のマルシェ、

古本や雑貨のマルシェ、
赤ちゃんのための室内の遊び場、

木のおもちゃ屋さんによるのお話会、
おむつなし育児アドバイザーによるお話会、

授乳室やおむつ替えスペース、
そして、大きな楠を見ていただき、

お参りをする。

 

どんな世代の方が来られても楽しんでもらえるイベントです。

 

 

(私はcoma cafeとして、vegan焼菓子やカレーを販売します!)

私にとっては、いつか地元でオーガニックマルシェをしてみたいと
思っていたので、お知り合いや気になるオーガニックのものを取り扱う方々に
お声掛けさせていただきました。

夢を叶える第一歩となります。

ところで、オーガニックって、
日本では今どんな風に感じ取られているのでしょうか?

 

私はオーガニックは当たり前になって欲しいと願っていて、
本当は特別なものではないと思っています。

健康志向で選ぶいうわけでもなく、まぁ健康でいたいのはそうなのですが、
純粋にオーガニックなものを選ぶということが気持ちよく、本物にお金を使う
ということが社会に一票を投じる意味があるのだと思っています。

最近、別のオーガニックマルシェに出店した時、
オーガニックについて言葉にする機会がありました。

 

何故オーガニックなものを選ぶのか…

オーガニックのものは、素材の本来持つ力強さおいしさを内からじわじわと
感じられる本物の食材だと思います。

 

自分の体を通しておいしく感じ、健康でいられることを実感するので、
お客様にも家族にも本物を伝えていきたいと思い手に入る限りなるべく
オーガニックなものを使っています。

 

私にとってオーガニックとは何か…

やさしさ、だと思います。

体にも地球にもやさしく循環できること。
ずっと先の子孫たちにも胸を張って残していけること。
オーガニックな暮らし(ライフスタイル)は、どのような暮らしだと思うか?…

シンプル質素で、たくさんのものを持たず使わず、循環する暮らし。
自ずと野菜などを作ってくださる方や生産者の方に感謝の気持ちも湧いてきます。
心も体も豊かになると思います。

こんな風に答えました。

またこれから考えは変わるかもしれないけれど。

 

というのは、今、国産オーガニックを主に扱うショップで働いているので
日々オーガニックという言葉が当たり前で、逆にオーガニックってなんだろう?
とふと思ったりするのです。

 

(最近お届けしたオーガニックお弁当。)

皆さんは今オーガニックと聞くとどう思われますか?
逆に全く興味がなかったり、嫌いな方にどうしてそう思うのか聞いてみたいです。

今回も長くなりました。

 

とにかく今月はイベント終了までがんばります!

コメントをどうぞ