【くらしソムリエ茶話会 ~ 「しかく」と「まる」のはなし ~ 】

2017.11.08

3期ベンラボアンバサダー 藤田郁子です。

 

11月に入り、大分も朝晩が冷え込んできて、朝、起きにくくなりました。
目覚まし時計を何度も止めても、まだ温かいお布団に居たい!!

でも朝ごはんもお弁当も作らないといけないし・・・・そんな葛藤の毎日です。

 

寝る前にお布団の中で、なるべく翌朝のお味噌汁の具は何にするか
考えながら寝るようにしています。

夜が具だくさんの汁ものの時は多めに作り、豚汁であればネギやお豆腐を加えたり、

スープであれば卵を溶いてみたり、ちょっとのアレンジで朝はずいぶん楽になります。

 

さて、今回はお弁当箱の形についてちょっとお話しましょう。

 

男子弁当を作っている時は、たくさん食べて欲しい!と、おかずの種類も量も多く、

すき間が空いたら、さてどうしよう・・・・何で埋めようと毎朝のように考えていました。

 

まずは、長方形のお弁当箱を縦向きに置き、まずは玉子焼きを一番奥に配置。

角をぴったり合わせるのがコツ。
その手前に(一応)主菜。

煮物や、炒め物、和え物やピクルスなどを、奥に向かって、ぐ~っと押しながら、

しかくく詰めていきます。

空いたスペースがあると、慌てて副菜を作ったり、パスタやサラダで
何とかすき間なく埋めていたものでした。

 

[お弁当配置1]
しかくいお弁当箱の中で、しかくく仕切る(区切る)と、無駄なスペースが

生まれにくく、詰めやすいのです。

※これはお弁当だけでなく、暮らしの中での収納と同じです。
(私、整理収納アドバイザーです^^)

自転車に揺られ、片寄らないためにも、

量もたくさん入るし、どんどん詰められる、

 

しかくいお弁当箱、最高~

 

でした。

そして、男子弁当の終了とともに始まった女子弁当。

白いしかくいお弁当箱で、女の子っぽさと、詰めやすさとを兼ねました。

 

[女子弁当1]

[女子弁当2]

 

運動の部活にも入ったし、と、どんどん詰めました。

ところが、女子高校生ってお友達とわいわい楽しく食べるから、

★おかずの交換あり

★見せ合いっこあり

★量の比較あり

なんです。

特に量は気になるようで、○○ちゃんは、こんな小さなお弁当箱だよ、だとか、

ご飯の量はみんなもっと少ないよ、だとか言い始めました。

保温機能付きのお弁当箱だと、見た目が大きいので、それも気になるそうです。

そこで、最近は、しかくいお弁当箱を、だ円や丸のものにしています。

すき間が空いても、埋めようとあまりせず、詰め込み過ぎないように心掛けています。

[女子弁当3]

 

まだ詰めこんでる・・・・? (笑)

これなんか、端の方はスカスカです。

[女子弁当4]

 

すき間があっても気にしなくていい

まるいお弁当箱、最高~

 

です。

食べる人からすると、諸事情があって(女子弁当)
それに合わせたお弁当を作るのも必要なのです。

同じお弁当箱を使っていると、詰め方の手順も慣れてくるので、
作る時間は短縮できます。
でも時には変化も楽しんで、違うお弁当箱でも作るようになりました。

朝から慌てますけれどね。

帰宅してからの「ごちそうさまでした」
これがあるから、明日も頑張れます!!

旬のお野菜情報。今回は【ドラゴンフルーツ】

見た目はゴツゴツしているし、とっても派手です。

原産は南米と言われていて、サボテン科です。
国産では沖縄産や鹿児島産がほとんど。

でも、これは大分市産です!!
ハウス内でしっかり完熟になって、我が家にやってきました。

[ドラゴンフルーツ1]

 

[ドラゴンフルーツ2]


[ドラゴンフルーツ3]

 

このように切って冷凍すると、スムージーにも使えます。

レッドを入れると色が鮮やかに!!

ただし、この赤い色・・・洋服に着くと取れにくいので気をつけて!!

栄養価も高く、アサイーに次ぐスーパーフードとも言われています。

甘さが足りない時は、サラダに入れたりできますし、
女性には嬉しい栄養素がたっぷり。

ぜひ出会ったら食べてみてくださいね。

コメントをどうぞ