第6章「たかだのいえ」

2017.09.27

冒険を中断したついでに今日はたかだの冒険の舞台をご紹介しましょう。

まずは玄関を開けるといきなりの階段!
なんとなくドラクエに出てきそうな作りでしょ。

で、二階に上がって右が「玉座の間」と呼ばれるリビング

お~噂の歴史書「フォトブック」が玉座の向こうに王家の紋章の如く飾られておる!

 

そして左が冒険の舞台「戦場」と呼ばれる台所でございます。

 

血しぶき飛び交う戦場ですので、後々大家さんから巨額請求が来ないよう、
透明のキッチンマットを敷きつめて汚れと傷を防ぐ魔法をかけております。

 

 
いきなり左に野郎の一人暮らしとしては大きめの三階建ての「冷やしの塔」が。
その足元にはフローリングの凹み防止の「ポリカーボネイトの盾」を敷き万全の
構えをしております。

 

 

冷やしの塔の隣にはお弁当関連アイテムを収納する「宝物庫」

 

その隣に電気系魔法使いの「Mr.チン」と「メシターキ」が臨戦状態で待機しております。

 

そこから後ろを振り向くと火炎魔法士「ガスコンロ」(まんまじゃん)が。
4体の敵を同時に焼き尽くす炎の使い手。思えば彼の存在がここに居を構えるに至る
最重要ポイントでありました。

 

その横には「広場」と「浄めの泉」があり、泉の右端にある移動式の
「乾きの橋」で浄められたフライパンや鍋をカラッカラに乾かしております。

 

ガスコンロの下は火炎系武器庫で、「テファルのパン」・「セラフィの鍋」・
「熱ばさみ」などが潜んでおります。

 

その右隣には揚げ物の無事を祈願する「油のほこら」があり、各種油と
油ハネ対策防具「アブラの盾」・「アブラの手鏡」・「テンプーラの鍋」が
奉納されております。この「アブラの手鏡」はいいですね。油ハネは止めるが
水蒸気は逃がすので水蒸気爆発もしないし、揚げ物の状態も透けて見えますので、
おすすめしたいアイテムです。

 

最後にドラクエといえば剣。現在はこの三本、左から「ステンの剣」(初期装備)、
「ダマスカスの剣」、「ダマスカスの小刀」(最近密林で入手)です。

あ~もっといい剣欲しいなあ。

こんな感じの道具・武器・防具で日々経験値を重ね、勇者を目指しております。

 

ぼうけんのつづきをはじめますか?

 

はい

 

タラタタッタタッタ~♪

たかだは 55さいに なった

 

コメントをどうぞ