【くらしソムリエ茶話会 ~ お弁当のヒミツ ~ 】

2017.09.16

3期ベンラボアンバサダー 藤田郁子です。

今回は、いろいろと私のお弁当の思い出を振り返ってみました。

 

★★ やまねずみロッキーチャックと101匹ワンちゃん ★★

整理収納アドバイザーですが、使っていないけれど、持っているお弁当箱あります。

私が幼稚園の時のお弁当箱なので、かれこれ40年以上前のもの。

冬は教室内のストーブの周りに置いて温めていたので、アルミ製です。

 

裏側に、ひらがなでクラスと私の旧姓が彫ってあります
(彫るというより傷をつけたくらいの線)

 

時々見ては、お弁当作り頑張ろうと思えるモノ。
食が細かった当時の私に、どうやって食べさせていたのだろうと、
今ごろになって不思議に思うし、母は偉大だと思う一瞬です。

ある人から、それは「お守りだね」と言われました。
キッチンにある「お守り」

この家の中で、あなたたちが一番の長老です。

 
★★ パンが食べたい ★★

購買でパンを購入して、「パンだけ食べる」は、私にとって憧れでした。

母に「パンにしてほしい」と言うと「パン=炭水化物=ご飯と同じ」ということで、
おかずだけは持たされていたのです。今思うとなんて贅沢!!

実は母に頼みに頼み込んで「パンだけ」の日がありました。
それは、バレンタインデーの日。

登校時、カバン検査があると睨んで、持ち込むチョコレートの箱を、
お弁当包みで包み、念には念を入れてお箸箱も挟み込んで持って行ったのです。

先生の目も誤魔化せ、学校への持ち込み大成功!!

ですが、チョコは好きな人の机の中に入れただけで、告白さえできなかったのです。
ほろ苦い中学時代の思い出です。

 

★★ 結び目のヒミツ ★★

薄いカバンに、お弁当だけを持ってくる友達が格好良くて、

真似してみたかった中学時代。

お弁当箱を立てて、真上で結び目を作り、持ち手を作るのです。

 

お弁当は真横になるので、密封式でないとダメですね。
はい。私は出来ませんでした。

なぜなら、密封式のお弁当箱は、

「盛れない(おかずが入らない)から嫌」と言って母は買ってくれなかったから。

普通、「漏れないから好き」ですよね~(笑)

 

★★ 小さな世界から大きな世界へ ★★

中高6年間で使用した息子のお弁当箱は3つ。

3代目は、このベンラボでもご存じの方が多い、
野菜ソムリエ仲間の河野さんから譲っていただいたモノ。

今は、それが主人のお弁当箱となり今朝も活躍中。

高校生娘は入学時買ったお弁当箱は割れてしまい、結局、
中学時代の部活弁当で使用していたお弁当箱を使っています。
冬場は、丼型保温弁当箱を使って変化を楽しみます。

これまたベンラボの白山さんから譲っていただいたスープジャーも
高校生女子には大好評。

 

高校生ともなれば、自分で作ってくるお友達もいます。
すごいと思います。将来も安心です。
でも、私は、学生の間は、最後にキュッとお弁当包みを結んで
「はい、お弁当」と渡したい!

あの小さい世界の中に、思い出も繋がりも、そんな想いも
全部つまっています。
でも、いつか大きな世界に出ていくとき、少しでもこの想いを
感じてくれたら嬉しいです。
毎朝の小さな世界は、大きな世界への一つの手土産みたいなもの。
あと1年半。頑張らねば!!

 

野菜ソムリエの旬のお野菜情報

 

 
今日は珍しい果物のご紹介です。
ポポーです(ポーポーともポポとも言います)

産直の野菜売り場で、甘い香りが漂っていて完熟状態でした。
見た目は「アケビ」と思われるかもしれませんが、別物です。

バナナのような香りです。
果肉はオレンジ色で、薄緑の外皮の様子とは全く違います。

柿のような種が入っていて、アケビカキとも言われているようです。
果肉はねっとりで、味はマンゴーをもっと濃くしたような感じでした。

流通が難しいので、なかなかスーパーなどにはないかもしれませんね。
バナナとマンゴーと柿を一緒に食べた気がしました(笑)

お得な果物です(笑)

ではまた次回。

コメントをどうぞ