おむつなし育児は楽しい!

2017.07.09

またまたお弁当とは離れたお話ですが、食べたら必ず出します。食べることも大事。
出すことも大事ということで、今回のお話です。

おむつなし育児ということばを聞いたことがありますか?
おむつしない!?と思われてギョッとされることもしばしば。
しかし、おむつを全くつけないというわけではなく、おむつは使いつつもなるべくおむつの外での
排泄を手伝ってあげるというやり方なのです。

 


おむつなし育児をアピールするブース出展もしたり…とにかく好き!です

 

何故おむつの外での排泄が大切かというと、人間も動物も生まれた時から、
排泄をするという機能は備わっています。
赤ちゃんだから垂れ流しというわけでなく、出すタイミングってあるのです。
一日中赤ちゃんと過ごすお母さんは、お腹がすいたり眠たいという欲求ってわかりますよね。
排泄も同じことで、寝起きにおしっこしたり、うんちの時に動きが止まったり、
気張っていたり、気づいている時があると思うのです。
そんな時におむつを外しておまるやトイレ、またはどこでもとにかく
おむつの外で排泄を手伝ってあげるのです。

本来排泄は自然で気持ちいいこと。
排泄物が長時間くっついたおむつをつけ続けること、
大人である自分がしないといけないとなるとどうでしょうか?

気持ち悪い、ですよね。
おむつは、大人の都合でつけさせてもらっていることを忘れないようにします。

 


おむつなし育児は、生まれてすぐからできます。上の写真は生後10日ほどの姪っ子です

 

続けていると、赤ちゃんもおむつの外での排泄に慣れるので、
おむつ外れもスムーズに行くことが多いです。
現在おむつ外れの平均は3才半だとか。
おむつなし育児をしていると1年以上早く外れると言われています。


次男2才4ヶ月。完全にパンツマンになってくれた時

 

また紙おむつをつけっぱなしだと、赤ちゃんの排泄の感覚が育たないので頻尿になり、
膀胱も発達しません。

また紙おむつは化学合成物質、石油系おむつということを考えると経皮毒という観点からも
体にもよくなくあまり使いたくないなぁと思います。
ゴミの問題も深刻ですし、一枚でも紙おむつの枚数を減らすとお財布にもやさしくなります。

赤ちゃんの方は、排泄の欲求をわかってもらえるので落ち着きが出てきます。
おむつかぶれにもなりにくくなります。
排泄物をよく見るので体調の変化もわかりやすいです。

実際に我が家では、2人の息子の特に下の子は生後1ヶ月からおむつなし育児をはじめ、
タイミングをみながらおまるやトイレでの排泄を促していました。

 


おまるにすっぽりはまる息子。ホーローおまるはかわいいです

 
うまくいかないこともたくさんあります。
こっちがしんどい時、面倒な時もあります。潔くサボる時だってあります。

でも、意識していたら、外出先でもおむつ替えの時や自分がトイレに行く時に
赤ちゃんもトイレに捧げたり実践できます。
小さいうちはお母さんと赤ちゃんってまだまだ繋がっていて排泄のタイミングも
同じことが多いようですよ。
うまくキャッチできるとどれだけ嬉しいことか!
家族みんなのいいコミュニケーションにもなります。

 

はじめてみると、疑問、失敗、悩みもたくさん出てきますし、
自分なりのやり方や工夫もできてきます。
今は本もたくさん出ていますし、
たまごクラブにも取り上げられるほど注目も高まってきています。

それでもまだまだまわりにやっている人は少なく、お仲間作りや経験談としての
お話をしたく、昨年おむつなし育児のアドバイザーになりました。
自宅近くでお話会を月に一回は開催しています。
難しいと思っていたけどそうじゃなかったんだ!と言われることが多く嬉しいです。

 

赤ちゃんがいらっしゃるご家庭で、おむつなし育児が気になる方はぜひ、
寝起きに一回だけでもチャレンジしてみてください。
経験してとにかく楽しい!ということを一番に伝えたいです。

 


おまるが好きすぎて、型まで作ってのおまるクッキーを作り始めました、笑

 

お話会はランチタイムもお楽しみ。お弁当を作ってお持ちします。
ここでも使い捨てはなるべく減らすべくわっぱのお弁当箱で

コメントをどうぞ