NO. BENTO, NO. LIFE!!

2017.05.30

毎日毎日 Oh!Bento Laboの皆々様のIDEA溢れる彩とりどりのお弁当を楽しみにしている生駒です!
稚拙な文章しか書けませんが、、、、やりたいやりたいやらせてくださーーーーーーーいっ!!!!!と
松本女史様に懇願し1年間Oh!Bentoについて つらつらと書き乱れよう(笑笑)と思っておりますので
どうかお付き合いくださいましまし。

今回綴るにあたって はて??最初にお弁当なる物を作ったのはいつだったのかーーーーと
記憶の引き出しをあちこち探ったのですが、残念な事に曖昧模糊としており
毎日毎日おべんとうだった高校時代、投げやりだった母のお弁当に辟易とし 暴走爆走🚲しても
片側に片寄らないお弁当(笑)を目指すべく 用意されてるお菜を出来るだけ可愛らしく詰める、、、、
という所が実際の始まりだったと思われます。

今日時代が変わって 数年前から 子供達が親の力を一切借りずに一から作る『お弁当の日』が
全国あちらこちらで推奨され 小学校の家庭科の時間でも 男の子女の子問わず 一度はmyお弁当を作る
貴重な時間がとられている様です。この、『お弁当の日』を周りの大反対を押しのけて進めていった校長先生のお話は、
ドキュメンタリーとしても非常に興味深く面白く、2年間『お弁当の日』を体験した最初の卒業生にむけた校長先生の
餞けの言葉が 何とも素晴らしく 機会あるごとにクスリと笑える実話の『黒こげ弁当』と一緒に小学生の読み聞かせ
にも紹介させてもらってます。
ノンフィクションも、絵本も関連本が沢山ありますので、是非手にとってみて下さーーい!

さて、 そんなチャリンコで爆走しても片寄らないお弁当
(通学路に心臓破りの坂道が有ったので本当に母のお弁当は見事なまでに片側に!)を目指して
ポツリポツリと始まった生駒のお弁当作りでしたが

クッキリとその意識が変わったのは やはり 作るお弁当が自分自身の為ではなく 誰かの為に!
に シフトした時、、、。今でも多分自分の為だけなら ひとっつも力入らないだろうなぁಠ_ಠ

なので! ベンラボさんで毎朝ご自分のお弁当にも関わらず 素敵なお弁当見せてくださる皆々様が
本当に眩しく感心させられております。

そんなお気楽人間の生駒が 誰かの為のお弁当を作る人になった時、 んまず 最初の壁が マンネリでした。
毎日毎日作る人をしているとどうしても マンネリ化し 作る事に慣れ飽きるのです。
惰性で作る自分に辟易し、、、『こりゃーーーーいかん💢💢!』と。

そこで 改革!箱を変えたらいいのだと!!
同じお菜でも 箱が変わるとガラッとイメージが変わります。

そして 箱からHINTO💡を得る事が本当に今でも多く、、、、、
であるから故に次々と色々なお弁当箱を迎え入れる事になる(苦笑い)という断捨離からは程遠い恐ろしい
BENTO箱増殖症候群へと真っしぐらに 突き進む事に相成るのでした。

そして もう一つ!
絶対に貫いている生駒ルールが一つ。

基本一切リクエストには 答えません。

お弁当の醍醐味は蓋を開けるところにあると!
なので我が家のお弁当を食べる人は何人であろうとも 蓋を開けるその時まで
それが どんなお弁当なのか知ることはありません。
その為に何処までも秘密裏にお弁当作成は行われるのです。こそこそと、、、、。
(とは言え、 においでバレバレの事も多々あるのではありますが)

OPEN SESAME!

開けて おっ👀✨❣️
開けて あはははははは❣️
開けて やったあーー❣️

んでもって 一口パクリ♪で にしし❣️❣️⇦ここ、重要!

を目指し 今日も無いノーミソ総動員なのでした。

皆様も作るにあたってmyルール 有りますか?

OPEN SESAME!!

NO BENTO,NO LIFE!な生駒がこれからもつらつらと
徒然なるお弁当話について 書きなぐりまぁーーす。

 

カテゴリ:NO BENTO, NO LIFE!! タグ:

コメントをどうぞ