どんぐり(スダジイ)を拾って食べる会をしました。

2016.12.30

こんにちは。
西田美江です。

 

先日、自然育児サークルskogでクリスマス会と同日に11月に拾ったどんぐりの一種、スダジイの実を食べる会をしました。

 

スダジイとは、椎の実。
年配の方はご存知の方が多いみたいですが、私たち現役小さい子のいる母親世代は馴染みがなく、
どんぐり食べるねん、というと、え?!食べられるの?とびっくりされます。

私も去年までスダジイを知らなかったし、食べたこともありませんでしたから。

 

 

ここ、東大阪の石切は生駒山の麓なので、昔から椎の実を食べる文化があったそうです。
近くの山間の神社に大きなスダジイの木があります。

今年は不作だと聞きましたが、風に吹かれてコロコロ落ちて来たものもしっかり拾うことができました。

皮を剥くのが大変なので、各自持ち帰り剥いたものを持ち寄ります。
生のままより、煎ってから剥いた方が楽チンです。

 

 

 

フードプロセッサーがすごい音を立てて細かくしてくれました。

これを米粉とスダジイの粉を半々にして、菜種油、メープルシロップのみのシンプルなクッキーを焼きました。

 

 

 

残りは30分くらいフライパンで煎って、どんぐりコーヒーに。

 

 

煎ったものを水で煮出し、コーヒーフィルターで濾しました。

 

少し煎りが浅かったのかコーン茶のような香ばしい甘い香りのお茶のようになりましたが、美味しかったです!

余ったスダジイの粉は各自持ち帰り。
さっそくおしゃれにどんぐりグラノーラを作ったメンバーもいました。

去年はごはんに炊き込んだり、茹でて潰してお団子にもしました。
私は韓国料理のどんぐりこんにゃくにも来年は挑戦してみたいと思っています。

遊びながら拾ってそれを食べて面白い経験ができました。
皆さんもぜひ、どんぐりクッキングチャレンジしてみてくださいね。

コメントをどうぞ