私の好きな食べ物

2017.03.24

こんにちは!

第2期BenLaboブロガーの久木田仁美です。

 

一年を通して鹿児島の様々な食べ物をこちらでご紹介して来ましたが、今回で最終回。

最後の今日は鹿児島の食べ物、ではないのですが

私の好きな食べ物について書かせてください。

 

私は無類のおにぎり好き。

 

お米そのものが好きなこともありますが、おにぎりはとりわけ大好き。
普段の食事でも自分だけご飯はおにぎりにして食べたりもしています。
おかずがあるので具無しのときも。
具が入っていれば嬉しいですがなければないですんでしまう。
私は「おにぎり」という形で食べるのが好きなのかもしれません。

 

こだわりはまだ続いていて、お米は冷えたのが、海苔はあらかじめ巻いておいてしなっとさせたほうが好き。・・・これを言うと皆「エーッ」て言うのであまり大きな声では言いたくないのですけれど。

気分で中に入れるものはポピュラーな梅・明太子
(これは生が好き。あら、ここにもこだわりが・・・)鮭フレーク等。
あとは市販のにんにく味噌や、変り種ではSBから出ている俺たちのパラパラおかずラー油
なんかをいれるのが私の定番ラインナップ。
(あ、鮭は空っぽだ・・・補充しなくては)

 

おにぎりってものすごく独特な食べ物だと私は思っています。じかに手で触って、
しかもかなりの密着具合(私はこの頃は衛生上ラップを使って作りますけれど)

よほど信頼している、気持ちが知れた相手が作ったものでないとなかなか口に出来ないのでは?と個人的に思うのです。

 

なので主人や娘からおにぎりをリクエストされると、
なんだかちょっと嬉しくなってしまう。
おにぎりを、作ったり作ってもらえる関係っていいなと感じながら。

 

学生時代海外に一ヶ月ホームステイをしていたことがありました。
その帰路の途中、空港から実家の母に電話をしたのですが、
帰ってから何を食べたい?と尋ねられ、おにぎりと答えたのを今でもよく覚えています。
「おにぎりぃ?」と受話器の向こうで拍子抜けした声が聞こえて、
自分でもなんでおにぎりなのか分からなかったのですが、
無性におにぎりが食べたかったんですよね。
塩味のごはんに海苔をくるっと巻いただけのおにぎりが。

ラップで作ったりもしていなくて、小柄な母に見合った小さな手でじかににぎられた
おにぎりが無性に食べたかったんだよなー・・・。

今ではもう二度と食べることの出来ない母のおにぎりに想いをはせながら、今日も私は自分の為、家族の為におにぎりをにぎります。

 

一年間つたない文章にお付き合いくださってありがとうございました!

 

 

カテゴリ:未分類 タグ:,

コメントをどうぞ