鹿児島のお菓子vol.9 ぢゃんぼ餅

2017.01.30

あけましておめでとうございます!

第2期BenLaboブロガーの久木田仁美です。

 

お正月皆様どうお過ごしになったでしょう?お餅沢山食べた方も多いのでは?

我が家の娘(17歳)は何故かお餅を食べません。

 

そういう事があったわけでもないのに、喉に詰まらせて死んだらどうするの!!と血相変えて言うのです。

花のJKなのに餅を詰まらせて死ぬって・・・

まあ確かに気をつけないといけないとは思いますがちょっとオーバーかなという気がしなくもない。

 

そんな、お正月時にお餅を食べられない不憫な彼女も食べられる名物餅が鹿児島にはあるのです!

(ヨカッタネ!娘!)

 

デカくもないのにその名も「ぢゃんぼ餅」

 

 

 

 

今回はぢゃんぼ餅といえばこちら「平田家」さんにお邪魔致しました。

 

 

ご覧になってお分かりかと思いますが別段大きくもない。。。
それどころか一つ一つは小さくて一口で収まるようなサイズ。なのになぜぢゃんぼなのか?

 

ぢゃんぼは「両棒」と書きます。

 

その昔、武士の中でも上級とされる武士は刀を2本腰に差していました。

「ぢゃん」は中国語の2(りゃん)が訛ったもので、ぢゃんぼ(両棒)とは、

鹿児島弁で武士の大小の刀のこと。

 

ぢゃんぼ餅は2本の竹串に3~4cmほどの丸いお餅が差してありまして。

要はこの武士の姿をモチーフにしているわけですね。

 

 

さて、この両棒餅は鹿児島では普通にお店でよく売られているので
なかなかこれだけを食べに行こう!とはならないのですが、
今回は平田家さんでゆっくり頂いてまいりました。

実は店内に入るのは初めてだったのですが、なんとも昭和レトロなたたずまい!
訪れたこの日は最高気温が二桁にやっと届く、鹿児島でも寒い日だったのですが、
沢山あるおこたに首尾よくもぐりこみました。なんて心地よいの・・・。

 

食べ物はいただくときの雰囲気も大事ですよね。
柱時計がコトコト音を立てて。おこたが冷たい風で冷え切った手足をぬくぬく癒やしてくれます。
亡くなった祖父の家にもあったな、こんな柱時計。

お餅もタレも温かく、見た目はみたらし団子っぽいですが、まったく違った食感が。
とてもとても柔らかくて、やさしい甘みが口いっぱいに広がります。
もち米や上新粉で作った小餅を網の上で少し焦げ目がつく程度に焼き、
その上から甘い砂糖醤油のタレをかけたものがぢゃんぼ餅の正体。
ぺろっとあっという間に食べてしまいました。箸休めのお漬物も美味しかった。。。


窓の外には鹿児島のシンボル桜島。

これ以上無いロケーションでいただくぢゃんぼ餅。
鹿児島を訪れたら是非食べてみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:鹿児島のお菓子 タグ:, ,

コメントをどうぞ