『おとな可愛い使い方 〜続・ワックスペーパーサンドイッチ編〜』

2016.06.23

おとな可愛いデコ弁テク 〜15〜

 

 

 

『おとな可愛い使い方 〜続・ワックスペーパーサンドイッチ編〜』

 

 

 

 

 

 

   nozoe_1501

 

 

 

 

こんにちは。ベンラボアンバサダーの野添美栄です。

 

私にとってワックスペーパー(WP)は、時短(←ここが重要)オシャレ演出に欠かせないアイテムのひとつ。

今回は、サンドイッチのお弁当シーンにオススメの使い方をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

    nozoe_1502

 

 

 まずは、

 

 〜ボリューミーサンドのとても食べやすいカフェ風な包み方〜

 

 

 

 

 

 

 

  nozoe_1503

 

 

 

大人気のボリューミーサンド。

 

カフェでも人気メニューのひとつですね。

でも、いざ自分で作っても崩れてしまってうまくお弁当箱に入れられないのが現実。

ラップで包むのも何だかオシャレじゃないし・・・。

 

と、ず〜と悶々としていたら、インスタのお友達にこんな包み方を教えてもらいました。

包み方を少し工夫するだけで、こんなに食べやすくなるなんて・・・目から鱗でした。

 

 

 

 

   nozoe_1504

 

 

 

 

 

片方のパンに好きな具材をどんどん積み上げていき、最後に片方のパンをのせてしっかりと押さえます。

 

 

 包み方は、

 

 

 

    nozoe_1505

 

 

 

 

①大きめのワックスペーパーの真ん中にサンドイッチを置きます。

②真ん中でWPの先端を重ね合わせ、重なった部分を二つ折りにします。

③二つ折りした部分を奥に倒してしっかり押さえます。

④両サイドはキャラメル包みにして、最後は底の部分に折り返します。(ここがポイント!)

 

 

 

 

   nozoe_1506   

 

⑤完成!

 

このまま持参して、食べるときにカットするのもアリですね。

 

⑥真ん中をナイフでカットします。

⑦これだと直接手で持つことなく、こぼすことなく食べられます。

 

 

 

 

 

つぎは、

 

〜おにぎらずに続く?「サンドらず」の作り方〜

 

 

 

 nozoe_1507

 

 

  

 

 

①ラップの上にパンを置き、好きな具材を上半分にのせます。

②下半分のパンを上に折り、上部をしっかりと押さえます。

③ラップで包み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。

④半分にカットして、ラップをはずします。

 

 

 

 

nozoe_1508

 

 

 

食べやすくて、ちょこっとつまめるサンドらず。
具材をウインナー、唐揚げ等いろいろアレンジすれば楽しいかも♪です。

 

 

 

 最後は

 

 〜サラダバケットサンド〜

 

 

 

   nozoe_1509

 

 

 

バケットにサラダを詰めるだけ。(なんて簡単!)

 

 

そして、カットしたWPで挟むだけ。

 

 

WPを使うことで、サンド同士がくっつかず、取り出しやすく食べやすい。

 

サンドイッチがイマイチ苦手!という方には特にオススメです!

 

忙しくてサラダも作れない!という時は、

 

コンビニやお惣菜屋さんのサラダを詰めてもいいかもしれませんね。笑

 

 

 

 

 作り方は、

 

 

 

  nozoe_1510

 

 

①バケットを適度な長さでカットし、中をくり抜きます。

 くり抜いたパンは、サラダの中にいれてもいいですね。

 水分をほどよく吸ってくれます。

 

②今回使ったおかずはこの3種類。

 ツナマヨポテトサラダ、マヨ玉子サラダ、水切りヨーグルトのフルーツサラダ。

③バケットにサラダを詰めて、ラップで包みます。

④冷蔵庫で1時間寝かせます。

⑤ナイフで好きな厚みにカットして、WPで挟みます。

 色んな種類のWPを使えば、華やかでいいアクセントになってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

  nozoe_1511

 

 

 

さてさて、いかがでしたか?

WPは華やかさも演出できると同時に、お弁当を衛生的に保てるとても便利なアイテム、

 

これからの季節は特にオススメです。

皆さんもぜひ活用して下さいね。

 

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

♪具だくさんサンドを楽しむテク♪

2015.07.31

こんにちは。野添美栄です。

今回のテーマは、♪具だくさんサンドを楽しむテク♪です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はメインおかずが無いとき、冷凍してある食パンをトーストして、ストック材料でササッとサンドイッチを作ります。

が、コメントをくださる皆さんからは「サンドイッチって以外と面倒!」「お弁当箱に入れるのが難しい!」

「苦手!」「気合いがいる!」との声をよく耳にします。私は、和洋問わず何でも挟んじゃうわ、わっぱ弁当箱にも

入れるし、籠にも入れるし、空き箱にも入れます。紙ナプキン(アルミホイルも多い!)で包んで持参することも
よくあります。

お弁当箱に詰めるときは、パンの大きさより少し大きめのもので、すき間さえちゃんと埋めてあげれば
大丈夫なんですけどねぇ〜。

そこで今回は、私のサンドイッチの詰め方&食べ方(ここが重要!)テクを紹介させていただきます。

今回使用しましたサンドイッチは、今やネット、カフェ、本でも大人気のぶあつ〜い『具だくさんサンドイッチ』

作り方は省略します。ネットや本で研究してくださいね。笑

テクに必要な材料は、100均(100円shop)や300均で市販されているワックスペーパー。

用意出来ない方はクッキングペーパーやオーブンペーパーでも代用できます。最悪アルミホイルでも・・・。

それと、ピック。なければ竹串・つまようじ。

 

1)4カットバージョン

まな板にワックスペーパー(WP)を1枚広げます。

できあがった具だくさんサンド(具だサン)をど〜んと乗せます。

具だくさんゆえにバラバラにならないよう長めのピックで四ヶ所固定するのがおすすめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

とにかく具だサンなので少し切りにくいですが、斜めに包丁を入れます。
(WPまで切らないでね)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そのままワックスペーパーごと持ち上げ、そ〜っとお弁当箱に移動!

透き間はWPをクシャクシャにして押し込むか、フルーツやピクルス、葉っぱ等ですき間を埋めましょう。

風車ピックは蓋が閉まらないので、短めのものに変えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

そして、ここがいちばんのポイント。

お昼にいただくときはWPごと持ち上げ蓋に移動します。

そうすれば、取り出すときにあちゃ〜!ってなることもなく、平和にいただけます。笑

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのまま入る大きさのお弁当箱がなければ、WPごとラップかホイルに包んだものを
紙ナプキンで包装すれば可愛くなります。

見本はガサツですね。すみません。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2)2カット(または3カット)バージョン

縦にカットした具だサンも必ず下に細長いWPを。そして、WPごと持ち上げてお弁当箱に入れます。
すき間はフルーツやおかずで埋めてくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

可愛い空き箱や空き缶に入れるときも同じ要領で。蓋をするときは大きめのWPかラップをかぶせてから
蓋をしてくださいね。

お野菜が入っているものは水分が出ますから要注意です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、食べるときは、WPごと持ち上げると形も崩れません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3) 超おすすめ!丸ごとカットバージョン

私の性格を良くご存知の方はきっと「出た〜!」とここで突っ込まれそうですが、実はコレがいちばんおすすめ。

できあがった具だサンをWPで包み込み、しっかりテーピング!

そして、センターでWPごとカット!あとはお弁当箱に入れるだけ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

籠に入れるときはWPをクシャクシャにしたものを先に敷いて、具だサンを入れるとオシャレに収まります。

そう!荷物を送る緩衝材の変わりですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わっぱにも簡単に盛りつけられます。WPの代わりにお気に入りの紙ナプキンを敷いても素敵ですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に・・・・

ランチタイムにはWPごとトレーに出して、ワンプレートランチ風にアレンジ。カフェ気分も味わえます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さぁ、皆さんも具だサンでカフェ風ランチ、楽しんでくださいね。

ここだけの話し、具だくさんもいいけど、スリムサンドの方が「作りやすくて食べやすい」・・・

私はそんな気がします。笑

 

おとな可愛いデコ弁テク 〜5〜 次回のテーマは「ごまアート」。

どうぞお楽しみに♪