『おとな可愛い “ちょい足しデコ” ①』

2016.07.20

おとな可愛いデコ弁テク 〜16〜

 

 

 

『おとな可愛い “ちょい足しデコ” ①』

 

 

 

 

nozoe_1601

 

 

 

こんにちは。ベンラボアンバサダーの野添美栄です。

 

梅雨がやっと明けましたね。

いよいよ夏本番。

バランス良くしっかり食べて、夏バテしないように気をつけましょう。

といいながら、私、蝉の大合唱(ものすごい大音響なのです!!)で寝不足の毎日です。(>_<)

さて、今回は日々のお弁当に、彩りや可愛さ、センス(?)をちょこっとプラスできる“

ちょい足しデコ”をご紹介します。

 

 

 

今回の“ちょい足しデコ”はこちら。

 

 

 

nozoe_1602

 

 

 

 

どれも簡単です!

主にちくわ、かまぼこ、枝豆、しそ、チーズ等を使っていますので、

まとめて作ってストックしておくととても便利かと思います。

夏のアイテム、「カニカマスイカ」は今しか使えないデコ。

冷やし中華のカニカマがあるときにぜひチャレンジして下さいね。

 

 

 

まずは、「あみあみちくわ」の作り方

 

 

 

nozoe_1603

 

ちくわの上部1cmを残して縦3本に切り目をいれ、三つ編みにしていきます。

編み終わったらくるくると巻き付けて最後にピックで止めます。

巻き方を、ちくわの表側・中側に変えるだけでも変化が出ます。

 

 

 

 

「ちくわロール」の作り方

 

 

 

nozoe_1604

 

 

 

ちくわを半分にカットして、紫蘇とチーズ・ウインナーとチーズで巻きます。

ストックしてあるお野菜やおかずの残り物何でも巻いちゃいましょう!

たくさん巻くとボリュームも出て、すき間おかずにもオススメです。

 

 

 

nozoe_1605

 

 

 

 

ちくわにウインナーソーセージを突っ込み、100円ショップで購入した顔パンチで顔を付けてみました。

枝豆もピックで刺したり、かまぼこを薄くスライスしたバラを一緒に刺したり、いろいろアレンジができます。

冷凍枝豆は粒も大きく彩りもいいので、ストックしておくと重宝します。

 

 

 

 

 

「カニカマスイカ」の作り方

 

 

 

nozoe_1606

 

 

 

半月切りにした胡瓜とカニカマのスイカ、黒ゴマを用意します。

カニカマの赤い部分をはずし、半月にカットして胡瓜に乗せるだけ。

黒ゴマは、とがった方を上に向けるとスイカの種っぽくなります。

ストローで上部を抜き取ると、少しかじった感も演出できます。

 

 

 

 

「エルモトマト」の作り方

 

 

 

nozoe_1607

 

 

 

SNSで可愛いなぁ〜ってひと目惚れしたデコ。

記憶をたどりながら我流で作ってみました。

まず目を作ります。

ストローで抜いたチーズにパンチで抜いた海苔を乗せます。

 

鼻の部分はカニカマをストローで抜きましたが、

人参や薄焼き玉子、ウインナー、ハムでも代用できそうです。
口の部分は海苔を半月切りにカットします。

マヨネーズを糊代わりにして各パーツをプチトマトに貼り付け、完成!

 

 

これは楽しい&喜ばれそう!
晩ご飯のサラダの中に入れてもワンポイントになって楽しいですね〜。

では、最後に、先ほど紹介しました“ちょい足しデコ”を使っておにぎり弁当を詰めていきます。

 

 

 

 

nozoe_1608

 

 

おにぎりのトッピングは「カニカマスイカ」「枝豆」「顔のパーツ」。

丸めたおにぎりを紫蘇で包み、くしゃくしゃにしたワックスペーパーの上に並べます。

 

 

 

nozoe_1609

 

 

カニカマスイカを乗せて、枝豆と海苔で顔を仕上げます。

 

 

 

 

nozoe_1610

 

 

今日のおかずはこちら。
超ダイエットメニューです。笑

 

 

 

 

nozoe_1611

 

 

 

ボリュームのあるおかずから順に詰めていきます。
ワックスペーパーを仕切りに使えば味移りもなく、雑菌の繁殖防止にもなります。

 

 

 

 

 

nozoe_1612

 

 

 

ポイントになる色彩やかなデコを最後に盛りつけて完成です!

 

 

 

 

nozoe_1613

 

 

 

さてさて、いかがでしたか?

 

 

何か彩りが足りないなぁ〜!
すき間があるけどおかずが無い〜!
ちょっと可愛く仕上げたい!
そんなときには“ちょい足しデコ”を思い出してくださいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

次回も“ちょい足しデコ”続きま〜す。

♪ちょっとしたワンポイントがかわいい♪ごまアートテク♪

2015.08.28

おとな可愛いデコ弁テク 〜5〜

 

こんにちは。野添美栄です。

今回のテーマは、ちょっとしたワンポイントがかわいい♪ごまアートテク♪です。


nozoe_0501

皆さんは、毎日のお弁当作りでいちばん困ることって、やっぱりおかずのネタ切れですか? 
私は「飾り」のネタ切れに困ります。

「あ〜、今日は何もアクセントがないなぁ〜」って時に必ず思い出すのがワンポイントごまアート!

そこで今回は、簡単なごまアートテクを紹介させていただきます。

1)ちょいアートな「ふりふりテク」!

nozoe_0502

ふりかけや胡麻ってついつい時間が無くてガサッとかけてしまいがちだった私。(ホントはすごくがさつ)
ここOh!BentoLaboの皆さんのお弁当で学んだ「ちょっとアートなふりふりテク」。

お弁当箱のカーブに添ってラインを活かしてみたり、2種類を組み合わせてみたり、おにぎりにからめてみたり・・・・。
以前は、ただご飯にかければそれで良いわ!ってまるでアートな意識がなかった私、
少し意識してふりふりするようになってデコバリエーションも増えたのは間違いなし!

皆さんも、ほんのちょっと意識してふりふりしてみてください。
黒ごまが入ると、何だかぐっと引き締まるような気がします!

nozoe_0503 

2)黒ごまで「スマイルごまデコ」!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

キャラ弁で良く見る海苔で作られた丸い目、専用のパンチがないとなかなかうまくカット出来ない現実。

しかし、黒ごまを使えばちょっとしたおかずにワンポイントで可愛くお顔を作れます。

目をつけたい場所に、つまようじでマヨネーズを少し乗せ、マヨ付つまようじに黒ごまをくっつけて貼る感じでしょうか。
最初は手が震えるかもしれませんが、すぐに慣れます!笑

ケチャップで頬を赤くすればキュートなキャラ弁に早変わり。

ソーセー人もこの要領で目を付ければ簡単ですよ!

 

3)ワンポイントで可愛い「フラワーごまデコ」!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これは一番おすすめの簡単デコ。ちょっとした場所にちょこんと並べるだけでとてもキュートなお弁当に大変身。

さすがに複数作るには根気と時間が必要ですが1個だけでも可愛いですよ〜。

nozoe_0506

ごまと同様に枝豆やコーンを使っても可愛いですね。
枝豆は、ごはんにグッと押し込む感じで乗せるとキレイに乗っかってくれます。

何かもの足りないなぁ〜ってときには、ぜひ「ごまアート」を思い出して下さいね。

最後に、ごまアートの師匠 Akiko Ogawaさんのお弁当を少し紹介させていただきます。

nozoe_0507

ビビットな配色や細かいデコテク、ほんとに尊敬しちゃいます!

さて、次回の『おとな可愛いデコ弁テク〜6〜』

テーマは「かわいい手作りピック」です。どうぞお楽しみに♪