『おとな可愛い使い方 〜続・ワックスペーパーサンドイッチ編〜』

2016.06.23

おとな可愛いデコ弁テク 〜15〜

 

 

 

『おとな可愛い使い方 〜続・ワックスペーパーサンドイッチ編〜』

 

 

 

 

 

 

   nozoe_1501

 

 

 

 

こんにちは。ベンラボアンバサダーの野添美栄です。

 

私にとってワックスペーパー(WP)は、時短(←ここが重要)オシャレ演出に欠かせないアイテムのひとつ。

今回は、サンドイッチのお弁当シーンにオススメの使い方をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

    nozoe_1502

 

 

 まずは、

 

 〜ボリューミーサンドのとても食べやすいカフェ風な包み方〜

 

 

 

 

 

 

 

  nozoe_1503

 

 

 

大人気のボリューミーサンド。

 

カフェでも人気メニューのひとつですね。

でも、いざ自分で作っても崩れてしまってうまくお弁当箱に入れられないのが現実。

ラップで包むのも何だかオシャレじゃないし・・・。

 

と、ず〜と悶々としていたら、インスタのお友達にこんな包み方を教えてもらいました。

包み方を少し工夫するだけで、こんなに食べやすくなるなんて・・・目から鱗でした。

 

 

 

 

   nozoe_1504

 

 

 

 

 

片方のパンに好きな具材をどんどん積み上げていき、最後に片方のパンをのせてしっかりと押さえます。

 

 

 包み方は、

 

 

 

    nozoe_1505

 

 

 

 

①大きめのワックスペーパーの真ん中にサンドイッチを置きます。

②真ん中でWPの先端を重ね合わせ、重なった部分を二つ折りにします。

③二つ折りした部分を奥に倒してしっかり押さえます。

④両サイドはキャラメル包みにして、最後は底の部分に折り返します。(ここがポイント!)

 

 

 

 

   nozoe_1506   

 

⑤完成!

 

このまま持参して、食べるときにカットするのもアリですね。

 

⑥真ん中をナイフでカットします。

⑦これだと直接手で持つことなく、こぼすことなく食べられます。

 

 

 

 

 

つぎは、

 

〜おにぎらずに続く?「サンドらず」の作り方〜

 

 

 

 nozoe_1507

 

 

  

 

 

①ラップの上にパンを置き、好きな具材を上半分にのせます。

②下半分のパンを上に折り、上部をしっかりと押さえます。

③ラップで包み、冷蔵庫で1時間ほど寝かせます。

④半分にカットして、ラップをはずします。

 

 

 

 

nozoe_1508

 

 

 

食べやすくて、ちょこっとつまめるサンドらず。
具材をウインナー、唐揚げ等いろいろアレンジすれば楽しいかも♪です。

 

 

 

 最後は

 

 〜サラダバケットサンド〜

 

 

 

   nozoe_1509

 

 

 

バケットにサラダを詰めるだけ。(なんて簡単!)

 

 

そして、カットしたWPで挟むだけ。

 

 

WPを使うことで、サンド同士がくっつかず、取り出しやすく食べやすい。

 

サンドイッチがイマイチ苦手!という方には特にオススメです!

 

忙しくてサラダも作れない!という時は、

 

コンビニやお惣菜屋さんのサラダを詰めてもいいかもしれませんね。笑

 

 

 

 

 作り方は、

 

 

 

  nozoe_1510

 

 

①バケットを適度な長さでカットし、中をくり抜きます。

 くり抜いたパンは、サラダの中にいれてもいいですね。

 水分をほどよく吸ってくれます。

 

②今回使ったおかずはこの3種類。

 ツナマヨポテトサラダ、マヨ玉子サラダ、水切りヨーグルトのフルーツサラダ。

③バケットにサラダを詰めて、ラップで包みます。

④冷蔵庫で1時間寝かせます。

⑤ナイフで好きな厚みにカットして、WPで挟みます。

 色んな種類のWPを使えば、華やかでいいアクセントになってくれます。

 

 

 

 

 

 

 

  nozoe_1511

 

 

 

さてさて、いかがでしたか?

WPは華やかさも演出できると同時に、お弁当を衛生的に保てるとても便利なアイテム、

 

これからの季節は特にオススメです。

皆さんもぜひ活用して下さいね。

 

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

コメントをどうぞ