【BenLaboレシピ】自家製がんもどき

2015.04.17

一般的にはがんもどき。
関西では、ひろうす。

少し手間のようでも、多めにつくって冷凍しておけば、野菜やお肉と一緒に炊くと
おいしくいただけるので、とても重宝ですよ。

おべんとうのおかずにもぴったり!

 

 

自家製がんもどき

(材料)できあがり約10個分

 

 

木綿豆腐 400g(私は固豆腐を使っています)
きくらげ(乾燥) 5g
ひじき(乾燥)  5g
人参(千切り)  60g
銀杏 10-15個
卵   1個
山芋(すりおろし) 70g
塩・砂糖 ひとつまみ
※今回は甘麹(甘酒)大さじ1、塩麹小さじ1を使いました

 

 

1. 水切りした豆腐を裏ごし、もしくはフードプロセッサーなどですり潰します
2. 人参は千切りにして、さっと茹でておきます
3. 1.に卵、山芋を加え生地をよく混ぜ合わせます。生地がゆるければ、片栗粉を加えます。
  そこに水にもどしたきくらげとひじき、銀杏、塩・砂糖を加えてさらに混ぜあわせます
4. 手に油をつけて生地をまるめておきます
5. 160℃の油でじっくり6-7分ほどをかけて揚げます。がんもどきが浮きあがり、
  きつね色になれば取り出します。

 

具材は上記のものに限らず、ごぼうやゆり根などもおいしくいただけます

 

 

〇がんもどきが主役のおべんとう

玄米ごはん(自家製梅干し、玄米ごはんにはよくあいます)
がんもどき
青さ入り玉子焼き
ごぼうと人参、ひら天(さつま揚げ)のきんぴら
ウィンナーとエリンギ、筍の塩胡椒炒め

IMG_2231

【BenLaboレシピ】筍ごはん

2015.04.15

二十四節気の穀雨(4/20頃)には少し早いのに、雨続きの天気で気が滅入っていたこの頃・・・でも
本日はお日様がまぶしいよい天気になりました。

ひと雨ごとに、季節は春から初夏へと移る、いまは季節の端境期。
そして、お野菜も端境期・・・
そんな野菜不足の食卓を満たしてくれるのが、わらびや筍などの山菜たち。

本日の【BenLaboレシピ】はこの季節のテッパンの筍ごはん!
どのご家庭でもつくられる料理でしょうが、わが家流のレシピをご紹介します。

筍ごはん

(材料)4人前

お米 3合
筍  小ぶりなら1本、大ぶりなら1/2本(目安ですので、お好みに合わせてください)
薄揚げ 1枚
出汁 炊飯器の3合メモリと同等
塩  小さじ1  
酒・みりん 大さじ1
薄口しょうゆ 大さじ1〜2(あっさりの好みは大さじ1、少し醤油の香りがほしい方は大さじ2)

1、お米を洗って30分浸水させて、ザルにあげておきます
2.お湯をまんべんなく回し掛けて油抜きをした薄揚げを、縦に三等分し細かくきざみます
3.下ゆでした筍は穂先と根っこに分けて、穂先は縦に、根っこは適当な大きさに刻みます
4.ザルにあげておいたお米を炊飯器の釜に移し、出汁をメモリまで加えます。そこに
 塩、酒、みりん、薄口しょうゆを加えて炊きます。

昨夜の筍ごはんで、わっぱ弁当!

筍ご飯
玉子焼き
牛肉と牛蒡の煮物
蕗の炒め煮
鰆の塩糀焼き
椎茸の甘辛煮

 

IMG_2220