2011年9月 新歌舞伎座&松竹座 芝居弁当

2011.09.25

この9月は新歌舞伎座と松竹座、二つの「座」に歌舞伎がかかった。
大阪では30年ぶりなのだという。

 

今月は東京の歌舞伎仲間から芝居弁当の注文を承る機会が多かった。

 

新歌舞伎座 新開場一周年記念公演 松竹大歌舞伎

<9月15日 夜の部へのおべんとう>

一、 双蝶々曲輪日記  引 窓

             南方十次兵衛  扇雀
             女房 お早   七之助
             母  お幸   歌女之丞
             濡髪長五郎   橋之助

 

二、 お祭り
             鳶  頭    勘三郎

 

三、 一本刀土俵入り
             駒形茂兵衛   勘太郎
             波一里儀十   亀蔵
             船印彫師辰三郎 松也
             お   蔦   七之助

 

献立/舞茸ごはん、桜エビのかき揚げ、とうもろこしと大豆のかき揚げ、冬瓜の酢の物、南京の煮もの、椎茸の肉詰め、だし巻き玉子

 

<9月17日 昼の部へのおべんとう>

一、御摂 勧進帳(ごひいきかんじんちょう)
             武蔵坊弁慶    橋之助
             斉藤次祐家    亀蔵
             九郎判官義経   松也
             富樫左衛門    扇雀

 

二、男女道成寺 (めおとどうじょうじ)
             白拍子桜子 実は狂言師右近  勘太郎
             白拍子花子          七之助

 

三、人情噺文七元結    左官長兵衛    勘三郎
             手代文七     勘太郎
             鳶頭伊兵衛    亀蔵
             長兵衛娘お久   芝のぶ
             角海老女お駒   歌女之丞
             和泉屋清兵衛   橋之助
             女房お兼     扇雀

 

この日は7人前のご注文

献立/黒豆ごはん、秋鮭の焼き浸し、ホタテの粕漬け焼き、菊と人参葉の白和え、茄子の味噌炒め、蓮根とさつまいもの素揚げ、
だし巻き玉子

 

<9月18日 夜の部へのおべんとう>
この日は4人前のご注文 

献立/鯵すし、鶏ももの南蛮漬け、切り干し大根と畑しめじのさっと煮、だし巻き玉子、菊ろ椎茸のお浸し、里芋のずんだ和え、
   冬瓜の酢の物

 

松竹座 九月大歌舞伎

<9月20日 昼の部のおべんとう>

 

一、猿翁十種の内 悪太郎(あくたろう)

                 悪太郎  右 近
             伯父安木松之丞  笑三郎
                太郎冠者  弘太郎
              修行者智蓮坊  猿 弥

 

二、若き日の信長(わかきひののぶなが)

            織田上総之介信長  海老蔵
               木下藤吉郎  翫 雀
                  弥生  壱太郎
               五郎右衛門  男女蔵
                  監物  亀三郎
                甚左衛門  亀 鶴
                林美作守  市 蔵
                 僧覚円  團 蔵
              平手中務政秀  左團次

 

三、天衣紛上野初花

  河内山(こうちやま)

  松江邸広間より 玄関先まで

               河内山宗俊  團十郎
               松江出雲守  海老蔵
                腰元浪路  笑 也
                北村大膳  團 蔵
                宮崎数馬  友右衛門
              高木小左衛門  左團次

 

この日は2人前のご注文

献立/枝豆ごはん、蓮根の素揚げ、冬瓜の酢の物、秋鮭の焼き浸し、里芋の白味噌煮、牛肉の甘辛煮、だし巻き玉子