そのオハナシいただきます♪vol.8 小豆島 割子弁当

2016.10.20

Oh!BentoLaboのサイトをリニューアルして、第一回目の「そのオハナシいただきます♪」に登場していただいた
象印マホービン株式会社様のまほうびん記念館で、その存在を知った割子弁当箱。

小豆島の農村歌舞伎で持参される弁当箱です。

年に2回、肥土山と中山の神社で奉納される農村歌舞伎。

10月9日、春日神社の中山農村歌舞伎に行ってきました(歌舞伎よりも割子弁当が目的です)

農村歌舞伎が開催される、肥土山・中山地区は日本の百選に選ばれた千枚田の棚田があるところ。

img_5221

 

img_5222

 

小さな舞台ですが、金比羅歌舞伎が開催される「金丸座」を模して造られていて、
回り舞台や奈落、花道のすっぽんがあるという本格的な舞台です。

 

img_5224

 

img_5223

 

さてさて、私のお目当てである「割子弁当」ですが、なかなか登場してくれませんでした。
しかし、舞台近くに木箱が置かれているのをみつけ、きっとあれは割子弁当箱に違いない!と定点観測。

 

開演間近に登場された、持ち主さんを見つけかけつけて写真を撮らせていだだきました!

娘がその時の私の姿を激写しておりました!   

14606447_1081584931958927_2230217975305098067_n

 

5 1 2 3 

ご飯は棚田の新米です
きっちり、四角にして、煮染めが入るのが割子弁当のお約束のようです

 

もうひと家族発見!

7 6 11 

 

こちらは、ぎっちり入って30人分!

 

私達も近くのカフェで割子弁当をお願いしていました
残念なのは、おかもちスタイルでないこと・・

 

img_5235

 

 

img_5238

 

これだけの人達が集まっているのですが。。。

割子弁当箱を持参されていたのは、2家族だけ・・少しさびしいですね

せっかくの素敵なハレの日のお弁当箱、伝えていってほしいと願っています

 

春の肥土山歌舞伎での割子弁当の記事はこちらを参考にしてね!

http://colocal.jp/topics/lifestyle/shodoshima/20140512_32680.html