【そのオハナシ いただきます♪ vol.1】まほうびん記念館へ行ってきました!

2015.04.14

象印マホービン株式会社 まほうびん記念館

「おべんとうとお弁当箱のはなし」展へ行ってきました!

 

 

おべんとうコンシェルジュ松本が会いたい方々にアポイントを取らせていただき、おいしいお話を聞かせていただく

「そのオハナシ、いただきます♪」という企画を新たにはじめさせていただきます。

第1回目は、大阪北区天満に本社がある象印マホービン株式会社様のまほうびん記念館

こちらでは昨年の9月4日〜4月20日まで「おべんとうとお弁当箱のはなし」という企画展が開催されています。

 

今回、ナビゲーションいただいたのは、館長の山口己年男さんです。

 

IMG_2175

 

まほうびん記念館は、象印マホービン株式会社の創業90周年を記念して企業博物館としてオープンしました。

こちらは同社の歴史や製品資料の紹介をメインとするのではなく、より普遍的に産業史的な展示となっているのが特徴です。

IMG_2198

 

まほうびんは、大阪の特産品!?

 

大阪は長崎に次いで日本のガラス工業が発達した地、だったことをご存じでしたか?
まほうびんは明治時代末期にドイツから輸入され、大阪はガラス工業をリードする地域として、

数社の会社がまほうびん製造にとりかかりました。当時は国内需要というよりも、
東南アジアに進出した欧米人向けの輸出がほとんどで、大阪の特産品として発展したそうです。

 

こちらには、「真空」という基本技術をもとにした製造技術の開発や素材の変遷、
使い勝手の工夫など、まほうびんの技術と進化が紹介されています。

 

まほうびんの原型、真空フラスコ

IMG_2190  IMG_2192

  

こちらには、1918年(大正7年)、市川兄弟商会として誕生した象印マホービン株式会社の創業時の中びん製造から

自社まほうびん製造、劇的にライフスタイルが変化した1990年代までの製品づくりが紹介されています。

懐かしい製品もあちらこちらに展示されていました。

 

IMG_2191

 

 

さていよいよ、おべんとうの企画展を拝見することにしましょう。

 

 海外でのBENTOブームはよく知られていますが、象印マホービンさんのランチジャーはアメリカで

「ミスターベントー」という名前が人気でたくさん売れているそうです。
そもそも、海外で大ブレーク中のBENTOの語源であるおべんとうにスポットをあてたものが
「おべんとうとお弁当箱のはなし」展です。

IMG_2195

弁当の起源や弁当箱の歴史をなぞりながら、
日本の食文化に大きな影響を与えたおべんとうを取り上げられています。

 

道中弁当箱(蒔絵と螺鈿)

花見用の提げ重 江戸時代

竹駕籠箱

IMG_2178

 

 

 

お弁当とお弁当箱の歴史

 

IMG_2176

 

 

 

奈良時代の竹の皮のお弁当

おにぎり おむすび 分布図

わりご弁当 香川県 小豆島の農村歌舞伎で使われるお弁当箱

http://colocal.jp/topics/lifestyle/shodoshima/20140512_32680.html

 

IMG_2181

 

 

 

武士が用いた腰弁当(手前左)

 

IMG_2183

 

 

 明治に入ると軍隊で使うため、大量生産できるものが必要だったため、

アルミニウムの弁当箱が使用されるようになりました。

しかし、アルミニウムは酸に弱いという弱点でした。

昭和の初めにアルマイトの弁当箱ができ、酸に強いため

梅干しを入れても痛まないと重宝されました。

 

IMG_2184

 

 

 

まほうびん製の弁当箱の登場

 

IMG_2186

 

 

 

現在のランチジャーとひときわ大きい米版ミスターベントー

ステンレスフードジャー(前列左より3点)

 

IMG_2187

 

 

 

また、おべんとうの思い出に並ぶ、学校給食のメニューの変遷を時代ごとに

紹介する展示もありました。

 

IMG_2188

 

IMG_2189

 

 

 

 

 

 

この「おべんとうとお弁当箱のはなし」展は4月20日で終了してしまいますが、次回の企画展は5月からはじまります。

みなさまも、ぜひ一度、まほうびん記念館へ足を運んでくださいね。

 

〇まほうびん記念館

〒530-8511

大阪市北区天満1丁目20番5号(象印マホービン株式会社 本社1F)

  • 開館時間

平日午前10:00-12:00 午後1:00-4:00土・日・祝日は休館

来館には予約が必要です。Tel 06-6356-2340(予約)

  https://www.zojirushi.co.jp/corp/kinenkan/02.html#02