Airbnbでbento&picnic体験を始めました!

2017.05.24

Airbnbの体験プログラムを企画している方から大阪で体験プログラムを始めるので、
参加してみませんかというお話をいただきました。

https://www.airbnb.jp/experiences/47298?&source=p1&currentTab=&searchId=

英語もできない私が!と思ったのですが、、、
そこは日本のBentoを少しでも知っていただければと、エイヤーと始めたわけです(無謀)

3月末から5月まで、様々な国の方達が参加してくれました。

最初のゲストはフランス・パリから親子で参加してくれたKaTさん。彼女はイラストレイターであり、ライフスタイルブロガーでもあります。私の横にいる彼女はAnnaさん。ロンドン在住のオーストラリア人。

  

 

2回目のゲストはフランス・パリ在住の弁護士のVirginiaさん


3回目のゲストは

シンガポール在住のMichelさんご夫妻

 

フランス トゥールーズ在住のDaineさん とNuruさんの婚約中カップル

 

4回目のゲストは香港からのChong Keeさんご夫妻と留学生の女の子

 

5回目のゲストはオーストラリア・メルボルン在住のTanyaさん

 

6回目のゲストはブラジル在住のLeonardoさん
日系二世の彼は日本語が話せたので、とても助かりました

これから暑くなる季節を迎えるので、ピクニックはどうなるのかわかりませんが、、、
海外の方々に楽しんでもらおうと思います

2017年 みなさま今年もよろしくお願いいたします

2017.01.12

5年目の2016年が終わり、2017年2月で6年目を迎えるOh!BentoLaboです。
本が出版されてから3年半、コミュニティのメンバーにも変化がありました。
それでも、毎日お弁当の投稿をしてくださる皆様に元気をもらっているコンシェルジュ松本です。

今年のわが家のお節です

年末から海外からのゲストが2カップル宿泊されましたので、彼らには朝食でお節とお雑煮を出しました。

 

Oh!BentoLaboのメンバーの方々のお家も素敵なお節がアップされていましたね〜

投稿いただいたものだけですが、ご紹介しますね

Akimi Teradaさんのお節

川口奈央子さんのお節

2017年、Oh!BentoLaboではこんなことをやりたいなぁ〜というコンシェルジュの妄想をお伝えします。

①2月の6周年にむけて、2月1日に「6」をキーワード、モチーフにしたお弁当の投稿を募ります。
   
   ②お弁当の思い出展覧会を開催します。

   ③第三期ベンラボアンバサダー(ブロガー)を募集します。

今年もお世話になります、よろしくお願いいたします。

梅仕事を終えて、お弁当と漬け物についてのつぶやき

2016.07.27

みなさん、こんにちは

 

おべんとうコンシェルジュ 松本希子です

 

日本のお弁当には欠かせない?! 梅干しを自家製するようになって三年

 

申年の梅干しは縁起がいいと聞き、気合いを入れて10kgも仕込んでしまいました

 

なぜ?はこちらから

http://rassic.jp/content/3338

 

 

13697131_1216360215063284_2025100222269441492_n

 

わが家は紫蘇漬けではなく、塩漬けした梅をそのまま干していただく「白梅漬け」です

梅の実のフルーティな香りがおいしく、さっぱりといただけるのが好みです

 

昭和のおべんとうのおかずと言えば、

ご飯に漬け物、玉子焼き、ウィンナー、野菜のお浸しなんて感じでしたが・・・

漬け物のバリエーションも梅干し・たくあん・キューリのQちゃん、奈良漬けといった王道がほとんどでした

地味ですよね〜

たくあんは、鞄の中で臭いが充満するのでとても嫌でした・・・

 

しかし、近頃はピクルス、ザワークラウト、水キムチなどの作り方を覚え

7月27日現在のわが家の冷蔵庫の漬け物はこんな感じです

 

新生姜の甘酢漬け・大根のビール漬け・ザワークラウト・胡瓜のぬか漬け・梅干し(昨年の紫蘇漬け)・白梅干し

 

13697105_1220444777988161_3278556756336684811_n

 

水キムチ

13813651_1220444784654827_4745608389286877850_n

 

漬け物がメインのおかずになることはありませんが、ザワークラウトや水キムチはサラダ感覚でたっぷりいただけます

他の漬け物はご飯のおとも、もしくはおかずとおかずの間のつなぎですね

 

常備菜として季節の野菜で漬け物をつくり置いておくと

お弁当の隙間を埋めるのに便利ですね

 

こんな記事も見つけちゃいました

 

https://kinarino.jp/cat4-グルメ/20102-お弁当の彩りにも便利な「お漬物」%E3%80%82ご飯と相性抜群の漬物レシピを集めました

 

この中から私も何品かつくってみようと思います

 

 

 

 

お弁当箱とお箸の最適な関係って・・・

2016.06.29

お弁当箱の選び方は、検索するとそれなりに出てくるのですが

 

「箸」の選び方で検索すれば、いろいろ出てきます

例えば、こんな感じで

http://www.take-once.com/hpgen/HPB/entries/305.html

http://www.hashi-gallery-mon.jp/arekore/

 

 

でもね、

 

お弁当用の「お箸」の選び方って出てこない・・・のですよ

 

以前、浅草の秋田の曲げわっぱ専門店で小判型のわっぱを購入したときに、

お弁当箱は杉なのに、お箸はプラスチックなんで嫌だな〜と思って

お店の方に、「このわっぱに似合うお箸は置いてらっしゃらないのですか」とお聞きしたことがありました

 

お店の片隅にお箸らしきものは置かれていたのですが、、、

 

うーん、クオリティの高いわっぱに比べて、お世辞にも購入したいというものではありませんでした

曲げわっぱが専門で、お箸が専門ではないのはわかるのですが・・・

買う立場ともなれば、そこはね、やはり、いいお箸も欲しいわけです

 

そんな私がいま使っているお箸は、輪島・キリモトさんのワークショップで作らせていただいたお箸です

お弁当用ではなく、普通サイズなので22.5cm

 

 

IMG_4741

 

タンザニアの布の箸袋に入れてお弁当と一緒に持ち歩きますが、できれば

お弁当箱と一緒にコンパクトにまとまってくれると嬉しいと、思っています

 

キリモトさんのお弁当箱に乗せてもはみ出てしまうのですよね〜

このまま、包んでしまうと小風呂敷が傷んでしまうので、箸袋に入れています

 

 

IMG_4742

 

 

これは娘のお弁当用のカトラリー

箸は約18cmです

 

 

IMG_4743

 

最近は、スプーンとフォークもセットになっているものも多いようですね

スープジャーやお弁当の中身も洋風が多いからかもしれません

 

これぞ!という私の心をわしづかみにしてくれる、お弁当用のお箸を見つけたい!

 

お弁当箱を作っているメーカーさん、素敵なお箸をつくってくださいね〜

お願いします!

 

<PARKER FARM TABLE>のお弁当箱をプレゼント♪

2016.05.31

新学期に備えて、また新社会人としてお弁当箱を新しく購入された方も多いのではないでしょうか。

 

「私たちはライフスタイルの創造、提案を通じて人々のより豊かなくらしに貢献します」を企業理念に

 インテリアから生活雑貨まで、個々の暮らしに寄り添う商材を多く扱いまた開発されている株式会社藤栄様から

 おべんとうコンシェルジュに4月発売の新ブランド「PARKER FARM TABLE」のお弁当箱を届けて下さいました。

 Facebookページのタイムラインにアップした私のお弁当に使用させていただきました。

 松延さん、ありがとうございました。

 

 

 

12993480_1174397562595187_6072906795083684638_n 13001252_1176483759053234_3756784711364859162_n  12799420_1158447410856869_3644123914221759509_n 12814502_1147676321933978_6442612653430044832_n 

 

 

http://www.fujiei.co.jp/news/detail/495/

 

 

 

 そこで、プレゼントいただいた中から松本が使い倒していないものをみなさんにプレゼントいたします。

 

 

 ① 300mlのお弁当箱(中蓋あり) お弁当包み (クリーム)

 

  FullSizeRender-2

 

 

 

 ②各230mlのお弁当箱(グレー)

 

 

  FullSizeRender-1

 

 

 

 

  各お弁当箱に「PARKER FARM TABLE」のお箸もつけちゃいます!

 

 

 

 ③お弁当キャリーバック 

 

 

 IMG_4340 

 

 IMG_4341

 

 

 

 プレゼントのエントリーはOh!BentoLaboのイベントページに早速アクセス!

 https://www.facebook.com/events/480599102139873/

 

夏をのりきる弁当箱!!

2015.08.04

毎日35度超えの日々が続く日本列島ですが、皆様にはお元気でお過ごしでしょうか。
夏休みに入り、Oh!BentoLaboのタイムラインへのお弁当の投稿も少ない今日この頃。

6月の記事に引き続き、夏のお弁当対策として7月は、

「夏をのりきる弁当箱!!」と題してお話をしたいと思います

夏のお弁当づくりで気をつけるポイントのひとつに「蒸れ」があります

炊きたてのご飯や、作りたてのおかずをそのまま詰めて、密封度の高いお弁当箱に詰めると
蒸気がこもり、水滴となって細菌の温床となります。

通気性を考え、夏場のお弁当箱として使いたい・・・

「曲げわっぱの弁当箱」そして「竹かごの弁当箱」でしょうか!!


IMG_3265


曲げわっぱ弁当箱の特徴は、みなさんもよくご存じなように弁当箱の中の水分を適度に吸収してくれること
とくにご飯の美味しさの違いはとてもよく実感できます。

曲げわっぱ弁当箱にも無塗装(白木)と外装面に塗装などの加工のものがあります。
調湿作用に優れているのは、なんと言っても無塗装の白木となります。
しかし、白木よりは少し落ちますが塗装であっても木製ならではの調湿作用はアルミやステンレス素材に
比較するにいたりません。
とくに漆を施されている場合には、漆の持つ殺菌作用も相まって、相乗効果を得ることができます。
今回は曲げわっぱをご紹介していますが、木製製品全般に言えることですので、組み木のお弁当箱でも
機能性としては変わりないと考えます。

次にご紹介するのは竹かごのお弁当箱です。

 

IMG_3268

竹かごは見た目のごとく通気性が一番。

ただし、使い勝手ではおかずを入れる場合には全体に養生が必要という、ある種不便さもあります。
竹や笹には殺菌作用があると言われていますが、見た目の涼しさも含めて夏向きのお弁当箱といえます。

サンドイッチやおむすびにぴったりですね!

八月八日は二十四節気の「立秋」

そうは言っても、まだまだ猛暑は続きますので、皆様どうぞご自愛くださいませ。

梅雨から夏にかけて気をつけたい、お弁当づくり(まとめ記事)

2015.07.07

images-1 images

毎日お弁当をOh!BentoLaboのFacebookページに投稿してくだっている方から、

梅雨から夏にかけてのお弁当づくりの衛生ポイントを教えてください!とのリクエストがありました。

お弁当はつくってから長時間おいて食べるため、夏場だけでなく基本的に食中毒予防として
年中気をつけないといけないポイントがあります。

①正しい手洗いをする
調理の前のしっかりした手洗いはもちろんですが、お弁当の場合小さな器に数種類のおかずを詰めて
いくので盛りつけ時の手洗いも念入りに。
特にキャラ弁などつくる場合には、時間をかけない段取りがとても大切です。

②しっかり火を通す
再加熱できない場合が多いお弁当の場合、肉や魚などの火入れは十分にしましょう。
また、前の晩のおかずを利用する場合にも十分な火入れが必要です。
これ、意外に盲点ですよね!

③ふたは冷めてから
炊きたてのご飯やできたてのおかずをそのまま詰めて蓋をすると、温度が下がらず
また、水滴なども細菌の温床となります。
十分に冷ましてから盛りつけましょう。

④盛りつけの工夫
ご飯は朝炊きのものを冷まして使いましょう。
盛りつけるときには菜箸やラップを使い、極力直接手で触らないようにしましょう。
水気のあるものはキッチンペーパーに水気をよく吸い取らせてからカップなどに
入れましょう。
ご飯とおかずの容器を別々にしたり、仕切りのある容器にするのもおすすめです。

⑤お弁当の管理
できるだけ涼しいところで管理しましょう。
夏はとくに保冷材などを用いたりすると安心です。
お昼に食べることができなかったお弁当は極力食べないようにしましょう。
冬でも暖房がいき届いている場合が多いので、気をつけましょう。

以上の基本を押さえつつ、私はこちらをお弁当箱にシュッとふりかけております。
下の記事にもお弁当箱を仕様する前に酢で拭くというアイデアもでてました。

ドーバー パストリーゼ77 除菌 防カビ 防臭 保湿 食品保存に 500ml ご家庭の必需品 プロフェッショナル 高純度アルコール77%の強力な除菌力 高純度カテキンの抗菌持続性 「安心」は「高品質」から

shopping

 

そこで、ググってみますと・・いろいろ記事がでてきました

クックパッドから

基礎編
http://cookpad.com/articles/1539

おかず編
http://cookpad.com/articles/1572

ごはん編
http://cookpad.com/articles/1670

All About
http://allabout.co.jp/gm/gc/395328/

夏のキャラ弁は注意!
http://youpouch.com/2015/07/06/280309/

食中毒を防ぐ!お弁当づくりのコツ
http://matome.naver.jp/odai/2133865625206722401

本日、Oh!BentoLaboのサイト、リニューアルしました!

2015.04.13

皆さま、こんにちは
おべんとうコンシェルジュの松本希子です。

Oh!BentoLaboのFacebookページを起ち上げて丸4年!
始めた当初には、こんなに豊かなコミュニティになるとは想像もつきませんでした。
2013年5月29日には「みんなのOh!BentoLabo」という本を出版し、
私を含め投稿してくださっている皆さんのおべんとうライフを紹介させていただきました。
ほんとうに今日までの2年間、いろんなことにチャレンジしてきました。

 

 

 

〇北海道・十勝音更町のアスパラ×Oh!BentoLabo
〇北海道・十勝フードバレー×Oh!BentoLabo
〇群馬県・高崎そだち×Oh!BentoLabo
〇高崎そだちレシピブック・レシピカード発刊
〇クリエーターのアワードBehance札幌にて優勝
〇山田繊維株式会社様主催「第9回むす美ふろしく公募展」にて京都造形大学賞を受賞

 

 

その他にも、ワイン・日本酒・新茶×Oh!Bentoのリアルイベントや
京都カラスマ大学や森のデザイン学校でのおべんとう教室などなど。

 

 

結構、頑張ってきたと自画自賛!
ただ、コミュニティの様子もほんの少しずつ変化してきたことと、一緒になって頑張ってくれている
ベンラボメンバーの応援にも応えたい、ということでこの度、サイトをリニューアルすることにしました。

 

 

今回の目玉はなんといっても、Oh!BentoLaboアンバサダーの方々によるブログとゲストブロガー、
ふろしきのむす美さんによるブログです。
Oh!BentoLaboアンバサダーとは、Oh!BentoLaboのコミュニティに投稿してくださっている
方々のなかで、それぞれのスキルとタレント性を発揮されている方々をOh!BentoLaboの応援大使として任命し、
ブログで発信していただくというものです。

 

 

また、リニューアル当日には間にあいませんでしたが、
おべんとうの魅力を伝えるYouTubeチャンネルを開設しました。
こちらはベンラボメンバー白山勇一クリエイティブディレクターによる監修となっております。

そして私、おべんとうコンシェルジュのブログ「ゆさんすたいる」では、リニューアルを機におべんとうや日本の
食にまつわる方々へのインタビュー記事を書かせていただくことにしました。

 

 

現在、取材を快諾いただいていますのは・・・
「まほうびん記念館」象印マホービン株式会社様
「京都弁当専門店 Bento&Co」代表ベルトラン トマ様
「おべんとうの時間」著者 阿部 了様 阿部直美様

これからも様々な企業様、個人様に取材をお願いしてまいります。

 

 

みなさま、楽しみにしてくださいね!

 

 

11077781_954074284627517_8410227339345018770_o

3.11 毎年思います、お元気でしょうか

2015.03.11

3月11日 あの東北大震災から4年目を迎える朝 Oh!BentoLaboが毎年2月に周年を迎える度に、
3月11日のこの日を思い出さすにはいられません。 私はこの日、東京でこの地震の揺れを受けていました。
何が起こったのかわからないまま、あの津波の映像を目のあたりにし、わからないまま人混みをホテルまで
1時間半かけて歩いて帰りました。 その後、事態は想像以上の被害であり、復興は未だみえていません。

 

 

なにもできないジレンマを抱えながら「HAPPY BENTO PROJECT」を起ち上げました。
そして「なにかできないか」という同じ思いを持つ方々がホストになり、
赤坂プリンスホテルに避難されていた被災者の方々にお声かけをして 実現した「芝生de BENTO」
大きな企業のようにバスをチャーターしての催しはできませんが、ミッドタウンの芝生広場で
お弁当を一緒に食べましょうというささやかな会を開きました。 当日は生憎の雨模様・・・

 

それでも東京、大阪、京都のリアル友達も含め、Facebookでの呼びかけに応えて
参加してくださった方がいらっしゃいました。 ホストの方々の手づくりのお弁当を
囲んだ皆さんとのお話と笑顔は忘れることができません。 ひとりぼっちになってしまった、
おばあちゃん。 たぶん、たぶん、奥様が亡くなり、お父様と娘さんだけの避難となったご家族。
被害はなかったものの原発事故で避難を余儀なくされ、愛犬を残してきた農家のご夫婦。
絶対に帰って米を作ると笑顔で話してくれたおとうさん。 みなさん、お元気ですか?

 

この会をみなさんにご協力いただき開催してわかったお弁当の持つコミュニケーション力!
Oh!BentoLaboには欠かせないパワーの源です

 

 

2011-05-27 005

3/2発売の「みんなのお弁当日記」にHacozakiさんのハコ弁が登場!

2015.02.26

2/26発売の『北欧雑貨と暮らすno.6』にAkiko Ogawaさんの北欧べんとうが登場にひきつづき、翔泳社から出版されるお弁当本「みんなのお弁当日記」でベンラボメンバーHacozaki kaoruさんのハコ弁が紹介されます!
20人の精鋭人気ブロガーのお弁当を紹介するという企画で選ばれたというのは、やはりハコさんのハイクオリティなセンスのたまものです。
その実力はベンラボメンバーみんなも知っています。
本当におめでとうございます!

 

ハコさんのブログはこちら
http://ameblo.jp/hacobento/

10403548_10205997291279383_3708307020560631085_n

みんなのお弁当日記