野村佃煮さん×二十四節気「冬至」のお弁当

2017.12.21

12月22日頃 二十四節気弁当「冬至」

 

冬至は一年で一番昼が短い日、つまり太陽のパワーが一番弱い日。

昔の人は太陽の力が弱い日に災いが降りかかると考え、五行説から

魔除けよけの黄色をこの日に食べるということから、かぼちゃや

柚子が好まれたようです。

 

さて「冬至」のお弁当の内容は

村佃煮さんの「甘酒こんぶ」入り紅白なますの柚子釜

鰤の柚庵焼き

カボチャの甘辛煮

銀杏入り卵焼き

 

 

お正月のおせち料理の一品でもある「紅白なます」はサラダ感覚で

日常にも取り入れたい常備菜。甘酢が苦手という方でも野村佃煮さんの

「甘酒こんぶ」を加えると麹と昆布の甘さで酸味がまろやかになって

食べやすくなりました。

 

そのまま頂くのもおいしいですよ!

麹つながりで日本酒とも相性がよいようです。

 

野村佃煮HP

http://www.kyotsukudani.com

 

 

野村佃煮さん×二十四節気「大雪」のお弁当

2017.12.07

12月7日頃 二十四節気「大雪」

 

今年も残すところ後1ヶ月。

「大雪」という呼び名にふさわしく寒さにギュッとカが入り、カラダが縮まる季節到来です。
寒さが増すほどにおいしくなるねぎ。一般的に多く流通している青ネギや白ネギの
ほかにも、最近では土地柄の極太葱がスーパーなどでも見かけるようになりました。
例えば、東京(江戸)の深谷ネギ、群馬の下仁田ネギ、兵庫の岩津ネギなど。
野村佃煮さんの京都では太ネギではありませんが、九条ネギが有名ですね。

 

さて、二十四節気「大雪」のお弁当の中身といえばこちら。

ネギの話をしながらネギが一片もでてこない

 

という・・・ごめんなさい

 

きのこと鶏ももの炊き込みご飯

大根と鯖缶の生姜煮
青菜の鰹節炒め

椎茸の実山椒入り肉詰め
だし巻き卵

酢れんこん

 

野村佃煮さんの「松茸入りきのこごはんの素」にさっと炒めた鶏もも、
生しめじを加えて炊き込みご飯に。

 

大根と鯖の煮物は「ちりめん生姜ごはん」を使って臭みを消しておいしく仕上げました。

 

 

椎茸の肉詰めのタネには「山椒の実」を加えてピリッと味のアクセントをつけました。

 

 

山椒の実はそのまま食べても、調味料としてアレンジに使ってもキラリと光る粒ぞろいです!

 

野村佃煮HP

http://www.kyotsukudani.com

野村佃煮さん×二十四節気弁当「小雪」

2017.11.23

11月22日頃 二十四節気弁当「小雪」

 

寒さがすすみ、小雪が舞い降りる頃。

「小」の字が表すように本格的な冬にはまだ遠く、

小春日和が続くと春の花が勘違いして咲き出すことも。

 

11月23日の勤労感謝の日は、もともとは秋の収穫に感謝を捧げる

新嘗祭の祝日でした。いまでも宮中や伊勢神宮では大切な行事として

おこなわれています。一説には飛鳥時代からの伝統行事だと言われています。

秋の収穫の代名詞である新米!感謝しながら残さずいただくのが私の新嘗祭!

今年もおいしくいただきます。

 

ということで、「小雪」のお弁当は

栗ごはん

鯖の柚庵焼き

金時人参の煮物

ちりめんゆばごはんの素で里芋のふっくら煮

いんげんの胡麻和え

卵焼き

 

野村佃煮さんの「ちりめんゆばごはん」の素にお出汁と里芋を加えて

ことこと。ほんの少し、味醂とお醤油をプラスしてことこと、ふっくら炊きあげます。
しっかりめの湯葉と里芋のねっとり食感が絶妙です。

 

 

秋以降のお弁当は根菜類が増えるので、茶色になりがち。

お弁当のマストカラー、赤・黄・緑をより意識するようにしましょう。

株式会社 野村佃煮HP
http://www.kyotsukudani.com

野村佃煮さん×二十四節気弁当「立冬」

2017.11.07

11月7日頃 二十四節気弁当「立冬」

 

立冬とは冬の気配が山から里(いまなら町ですね)にも感じられる頃。

私のお気に入りの魚屋にも秋の秋刀魚から冬の鱈や鰤が並び、秋と冬の

季節の変わり目が感じられるようになりました。

いよいよ、お鍋がおいしい季節となりますね。

 

さて、立冬のお弁当の中身といいますと

秋刀魚の蒲焼風 山椒添え

さつまいものしょうゆ煮

パプリカのいり酒炒め

 

 

秋刀魚を三枚に開き、一枚を半分にして軽く塩をして小麦粉をまぶし

フライパンで焼きます。こんがり色味がついてきたら余分な脂を取り、

醤油・酒・味醂を合わせたものと野村佃煮さんの「山椒の実」を加えて

タレをからめます。

秋刀魚の蒲焼風 山椒添え

 

山椒のピリッとした辛味がアクセントになって食欲倍増です

野村佃煮HP
http://www.kyotsukudani.com

野村佃煮さん×二十四節気弁当「霜降」

2017.10.23

10月23日頃 二十四節気弁当「霜降」

 

「霜降」とは、朝夕にぐっと冷え込み霜が降りはじめる頃のこと。
コンクリートとアスファルトで覆い尽くされた土のない都会では、
霜が降りるという冷えは体感できませんね。ただ自然が残る場所へ
少し足を伸ばす機会があれば“霜”に出会うこともできますね。
深まる紅葉を愛でにお出かけの際はどうぞせっかくですから1泊されて、
朝霜に出会う機会をもってみてはいかがでしょうか。

 

さて二十四節気「霜降」のお弁当の中身はといいますと、

 

鰆の塩麹焼き

たけのこと牛肉の煮物

里芋の和風マッシュポテト

万願寺唐辛子の甘辛炒め

しそちりめんご飯

 

すき焼き風にするには味が濃すぎる、でも秋の深まりに似合う牛肉を使った
おかずを入れたいなと思い考えたのが、野村佃煮さんの「ちりめんたけのこ」
ごはんの素で牛肉、しらたきを煮込んだ一品。もとは薄味なので砂糖と醤油を
プラスしています。

 

ごはんは同じく野村佃煮さんの「しそちりめん」をたっぷりかけて。

 

これからおいしくなる里芋に梅干しとおかかを加えたマッシュポテト風の
おかずと季節も終盤の万願寺唐辛子を添えて。いただきます!

http://www.kyotsukudani.com

野村佃煮さん×二十四節気弁当「寒露」

2017.10.08

10月8日 二十四節気「寒露」のお弁当

 

「寒露」という字のごとく、朝晩の冷え込みが強くなり早朝、
草木に露がつき始める頃。栗、松茸、柿、山の実りがスーパー
の棚を賑わせる季節を迎えました。

ただ昼と夜の温度差が激しいので体調を崩しやすい時期でも
あるので、待ちに待った秋の味覚を満喫するためにも十分
気をつけたいですね。

ということで、秋を迎えての第一弾の二十四節気「寒露」の
お弁当は野村佃煮さんの「松茸ごはんの素」を使った贅沢な
お弁当です。

松茸ごはん

なすと豚ロースのポン酢和え

かぼちゃの塩麹煮

セロリとこんにゃくの甘辛煮

玉子焼き

 

松茸100%と大きく表示されているように、貴重な松茸がたっぷり!
ですが、少しもの足りないなという場合にはしめじや舞茸などをプラスして

一緒に炊き込めば、秋の贅沢きのこご飯にもなりますよ。
ぜひ、ぜひ、お試しくださいね。
野村佃煮HP
http://www.kyotsukudani.com

 

野村佃煮さん×二十四節気「秋分」

2017.09.24

    9月23日二十四節気「秋分」のお弁当

 

 

 

「しそちりめん」「ちりめん山椒」入りお稲荷さん

カボチャのあかもく入り肉詰め

ブロッコリーのアンチョビソース和え

茄子の蒸しもの

ゆで卵

 

暑さ寒さも彼岸まで・・・二十四節気「秋分」は秋のお彼岸です

1年の半分を過ぎてしまいました。
月日の過ぎ去るのが年齢を重ねる毎に早く感じられます・・・
それはさておき、秋分を過ぎると秋の気配がぐっと感じられるようになってきます。
朝晩の冷え込みはもちろんですが、茸・栗・新米・などなど、
実りの秋にふさわしい食材が楽しみな季節となります。

秋分の日のお弁当は、野村佃煮さんの自慢の一品「ちりめん山椒」

 

優しいお味の「しそちりめん」をすし飯に混ぜ合わせお稲荷さんにしてみました。

 

 

もうひとつは秋の味覚のカボチャの中に「あかもく」を混ぜ込んだ
鶏挽き肉をいこみ、蒸し上げてみました。

 

 

野村佃煮HP
http://www.kyotsukudani.com

野村佃煮さん×二十四節気弁当「白露」

2017.09.08

9月8日頃「二十四節気 白露のお弁当」

 

 

白露とは“しらつゆ”のこと。道すがらの草花や空の色、
雲の形などが少しずつ秋へと衣替えをはじめる頃。

体にも夏の疲れが出はじめる時期、食欲が落ちないように、
しっかりした濃い味と、さっぱり味を組み合わせた料理を組みあわせましょう。

ということで、今回のお弁当は、野村佃煮の「牛肉のしぐれ煮」
炒り卵をごはんの上にのせた二色ごはん。

 


嫁に食わすなと言われる秋茄子に梅の香りが食欲をそそる梅味噌で炒め、
夏野菜の代表ピーマンを煎り酒でさっぱり仕上げました。

 

 

野村佃煮の「牛肉のしぐれ煮」と炒り卵の二色ごはん

パプリカとピーマンの煎り酒炒め

茄子の梅味噌炒め

魚肉ソーセージのソテー

野村佃煮HP
http://www.kyotsukudani.com

野村佃煮さん×二十四節気弁当「処暑」

2017.08.23

8月23日の頃「二十四節気 処暑のお弁当」

 

夏野菜も最盛期をそろそろ終盤を迎える頃ですが、
家庭菜園で育てられたゴーヤとおばけ胡瓜をいただきました。
ゴーヤは肉詰めに胡瓜は野村佃煮の「ちりめん生姜ごはんの素」
加えた出汁で煮てみました。

 


育ち過ぎた胡瓜は出汁で煮て冷たく冷やしていただくと意外においしいものですよ。

「あかもくの佃煮」は細かく刻み、同じく刻んだ紫蘇と一緒に卵焼きにしました。

 

 

 

ごはんには「都ちりめん」をトッピングしました。

 

ちりめんごはん

赤もくと紫蘇入り卵焼き

胡瓜の生姜煮

ゴーヤの肉詰め

茄子の梅味噌炒め

野村佃煮HP
http://www.kyotsukudani.com

野村佃煮さん×二十四節気弁当「立秋」

2017.08.08

この度、ご縁をいただきまして京都の錦市場にお店がある野村佃煮さんの商品を
使って私のお弁当のテーマである二十四節気弁当をつくらせていただくことに
なりました。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

8月7日の頃「二十四節気 立秋のお弁当」

まだまだ猛暑が続く8月初旬の立秋。挨拶は暑中見舞いから、残暑見舞いに変わる時季。
日暮れの時間も早くなり、秋の気配が漂う頃となります。
とは言っても日中の残暑は厳しく、食事にも体を冷やすウリ類を多く摂ったり、
食欲増進作用のある生姜を味付けのアクセントにすると夏バテ予防になりますよ。

ということで、今回のお弁当は旬の食材である“鰯”を野村佃煮の人気商品
「ちりめん生姜ごはん」の素で煮込みます。

 


鰯は丸ごと煮ると骨が気になるという方も多いと思います。

そこで、今回は頭と内蔵を取った鰯を塩麹で3日ほど醸しました。
醸すことによって鰯は柔らかくなり、骨まで食べられるようになります。
塩気が気になるようでしたら、甘麹(甘酒)でも良いかと思います。

 

鍋に出汁を入れ、「ちりめん生姜ごはん」の素を加えひと煮立ちさせた中に
酒と醤油、味醂を加え味を整え、さらにひと煮立ちさせたところに醸した鰯を
並べて煮込んでいきます。

鰯の生姜煮

瓜と海老の煮物

人参のしりしり

茄子の甘酢醤油炒め

卵焼き

野村佃煮HP
http://www.kyotsukudani.com