糖質OFFからのリハビリBENTO★

2015.11.24

10月末にパーソナルトレーニング終了してから約1ヶ月2ヶ月間、
トレーニングと糖質・脂質OFFの食事で頑張ったものの希望体重まであと1キロ!
この1キロが中々落ちないでいました

 

パーソナルトレーナーについての激しい筋トレを自身で行うのは無理なため
筋力を維持するために、1分間トレーニング(スクワット・腹筋・背筋・胸筋をそれぞれ1分間)
急激な糖質、とくに炭水化物を体に入れるとリバウンドの原因になるので、
シリコンバレーのIT寵児が自らの体を使って出したエビデンスからまとめた
「最強の食事」を参考に2週間の食事を組み立てました

 

 

★午前中はコーヒー2杯にMCTオイルを大さじ2杯入れて飲む
質の良いオイルを脳を動かすエネルギーとして使う

ココナツオイルをコーヒーに入れて飲む、ケトン体ダイエットの方法に近いですね

お昼は野菜とタンパク質を中心に

お昼を食べて6時間以内に晩ご飯を食べる

炭水化物は晩ご飯でとる 白米60g

といった具合です

(注)これが絶対に正しいとは限りませんので・・・

 

 

51opAF5gsbL._SX343_BO1,204,203,200_

 

おおっ、2週間後体重は最終目的である1キロをクリア!
したものの、3週間後には1キロもどすという結果に・・・
それなりのサイズダウンは結果として出ているのですが、、、結果を維持する難しさ!
やはり、運動も食事も習慣化がポイントなんですね~

 

 

ちなみに↑の本の中に大豆や味噌などの発酵食品はリスクが高い食品と著者は書いていますが、
アメリカ人でカビアレルギーを持つ彼と発酵食品を長い年月食べてきた日本人とでは
DNAレベルで体質が違うと私は勝手に解釈しています

 

 

なので、この手の本は良く咀嚼し、自分の習慣に入れるかどうかを判断するのがベストだと思います

その前に、一度まったく同じ方法を真似して、そこから取り入れる、取り入れないを
選択する。このやりかたで、様々なことをチャレンジして自分なりの習慣化を見つけたい
と思っています

 

 

誕生日をはさみ1キロ増えた体重をもとにもどすべく・・・

パクチー入り、乾燥しらたきペペロンチーノ弁当を!

 

 

IMG_3723

もちろんBENTOさえも糖質OFF(3)

2015.10.28

みなさん、こんにちは。おべんとうコンシェルジュ松本希子です

 

さて、9月末から始まったパーソナルトレーナーによる週2回90分筋トレと糖質・脂質オフによる

 

 

 

2ヶ月でカラダを絞るプロジェクト!昨日、最終日を迎えました。

 


体重は6キロダウン!  体脂肪は10%ダウン!
ウエスト、ヒップは−5cm

 

 

 

今回、カラダを絞り動きも軽快になった嬉しさはもちろんですが、

 

 

2ヶ月ではありますが、これまでの食習慣を見直すよい機会となったことこそ一番の収穫だと思っています。

というのも、自作の家庭料理=健康メニューと私は思い込んでいたことに気づいたからです。

煮物に使用する砂糖・味醂の使用量、塩気の多さ

ハッキリしためりはりのある味を求めるが故の不健康料理になっていたとは・・・
さらに毎食、3回、白ごはんをお茶碗1杯食べるという習慣が、呪縛だとはっきり気づいたのでした。

 

 

糖質OFFダイエットが世間ではこんなに流行していることも知らず、この道に足を踏み入れてしまった2ヶ月間。

使用できる食材が限られたなかで【餌にしない】【器を食べる量のスケールにする】この2点を
大切にしてきました。
※食べていいもの=葉野菜・魚(できるだけ白身)・オイルフリーのツナ・鷄むね肉・ささみ・豚牛のヘレ肉
NG調味料=砂糖・味醂 市販のドレッシング・オイル類
などなど・・・

 

 

しかし、あまり神経質(厳密)にはならないように気をつけました。

大きく主食になる炭水化物は食べない。(茶碗で白米・ラーメン・パスタ・うどん・丼・パン類など)
フライものは調理しない(ガッツリ、トンカツなど)
お酒を飲むなら酎ハイのストレート(糖質0)しかし、基本飲まない!

 

水の補給を欠かさない!

むくみやすいので塩分摂取は気をつける!

一番、困ったのはやはり素材が少ないため、バリエーション豊かな食事になりにくいということでした。

私についてくれていたパーソナルトレーナー女子にもたずねてみたのですが、やはりゆでた鷄胸肉やささみに
プロテインをほぼ2ヶ月単調に食べ続ける方も多いそうです。

そこで私は

 

朝は20㎝プレートで野菜とタンパク質をタップリ!+豆乳で割ったプロティン!

昼は500ml弁当箱に野菜中心のおかずで軽めに!

夜は複数のおかずを豆皿で、昼よりもより軽く!(19時までに食事を済ます)

という決め事をして2ヶ月をのりきりました。

そのときの糖質OFF弁当をまとめたのがこれです 

 

 

 

IMG_3373IMG_3418IMG_3467IMG_3496IMG_3526

IMG_3499IMG_3573 IMG_3544

 

 

少し肌寒くなってきたので、10月後半はスープが登場するようになってきました

 

 

最後に、友人と歌舞伎にいったさいの「ゆるーい糖質制限弁当」です

ご飯は玄米!

 

IMG_3550

 

 

 
ゆるーく、糖質制限してもこんなに美しくつくることも可能なのが、お弁当の魅力ですね~

今後は、2ヶ月でつくった筋肉と減らした体重・体脂肪をどうキープするのかが課題です!

これからが本当の勝負かもしれません。

 

ということで、またご報告させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんBENTOさえも糖質OFF(2)

2015.10.03

とあるきっけかけてパーソナルトレーニングを受けながら、
糖質OFFメニューを食べているコンシェルジュ松本です

 

1ヶ月が経過して、現在 体重は3.5kg減! 体脂肪が5%減 

顔まわりがスッキリしたと言われるようになりました

 

残り1ヶ月で同じく、体重3,5kg  体脂肪5%減を目指しています・・・

しかし、先週2日の出張では外食続き・・糖質を随分体に入れてしまいました

が、出張など外食続きのときには、1食につき糖質20gを目安に、1日60gを超えないように

メニューを選ぶようにしています

 

糖質量の早わかりにはこの一冊!

 

 

食品別糖質量ハンドブック

 

    51RrZOPgdCL._SX304_BO1,204,203,200_

 

 

外食でお酒を飲まないといけないときには、糖質0の蒸留酒にするとか・・

しかし私が一番注文するのは炭酸水です

もちろん、禁断のパスタやパン、ご飯類は食べません

 

さて、本日ご紹介する「糖質OFF べんとう」はこちら

しらすと野菜入り玉子焼き
おからハンバーグ
コンニャクのピリ辛煮
海鮮サラダ

ドレッシングではなく、柑橘を絞り(レモンなら半分)、塩・こしょう・オリーブオイル大さじ1をかけて
和えるサラダです

 

 

IMG_3496

 

まだまだ続きます!

 

もちろんBENTOさえも糖質OFF(1)

2015.09.29

年齢的なこともあり、なかなか減らない体重をなんとかしたいと思っていた私に

“結果にコミットする”的なパーソナルトレーニングジムに行きませんか?

という魅力的なお話をある方からいただき、1ヶ月前からカラダと食事を整えるプログラムに挑戦しています

 

やり方はジムによって違うのでしょうが、週二回100分しっかりカラダを追い込む
パーソナルトレーニングをこなし

糖質、脂質制限の食事を2ヶ月続けるというものです

 

体重を落とさないと。。。と思いつつも、世の中のダイエット事情にうとかった私は

こんなに“糖質オフダイエット ”が流行っていることなど全く知らずにおりました

 

ですので、パーソナルトレーニングに通うことで、筋肉を増やしながら
脂肪を燃やすための食事を摂らないという切迫した状況となったため、糖質・脂質オフの食事を
9月初旬から始めました

 

(注)以下の食材のOK.NGは私が通っているトレーニングジムのものです

   ちゃんとした管理のもとで、さらに健康な体だからこそできる糖質。脂質制限食です

 

 

<食べてよいもの>

鷄肉むね、ささみ、豚・牛はヘレ肉
魚は白身中心
卵、大豆製品 きのこ
野菜は葉物(茎と葉)

<食べていけないもの>

米や麦、芋などの根菜類

たまねぎ、人参、かぼちゃ、ともろこし

 

 

 

自分なりにメニューを考えてつくるのですが、、、ご飯をつめない弁当のむずかしいこと

大切なのは、いくら糖質制限をしたメニューでも大量摂取ではなんの意味がないということ

お弁当箱も小さめなものを選ぶことが大切です!

 

 

IMG_3373

 

 

鶏ムネ肉のピカタ(豆乳チーズを使用)
ブロッコリーのアンチョビソース和え
野菜とムネ肉と名残の夏野菜の和え物
乾燥しらたきのペペロンチーノ

 

 

518d2y-CS-L

 

 

 

イタリアではZENパスタとして大人気の乾燥しらたき

これを使ったペペロンチーノです

フライパンにエキストラバージンオリーブオイル 大さじ1とニンニクのみじん切りと鷹の爪の輪切りを
加えて火をかける。ニンニクの香りがでたらパプリカを加えて炒め、そこにゆでて戻した
しらたきを加え、塩こしょうで仕上げる。この日はパクチーを最後に加えました

さて、さて、体はどの程度絞ることができるのでしょう