野村佃煮さん×二十四節気「冬至」のお弁当

2017.12.21

12月22日頃 二十四節気弁当「冬至」

 

冬至は一年で一番昼が短い日、つまり太陽のパワーが一番弱い日。

昔の人は太陽の力が弱い日に災いが降りかかると考え、五行説から

魔除けよけの黄色をこの日に食べるということから、かぼちゃや

柚子が好まれたようです。

 

さて「冬至」のお弁当の内容は

村佃煮さんの「甘酒こんぶ」入り紅白なますの柚子釜

鰤の柚庵焼き

カボチャの甘辛煮

銀杏入り卵焼き

 

 

お正月のおせち料理の一品でもある「紅白なます」はサラダ感覚で

日常にも取り入れたい常備菜。甘酢が苦手という方でも野村佃煮さんの

「甘酒こんぶ」を加えると麹と昆布の甘さで酸味がまろやかになって

食べやすくなりました。

 

そのまま頂くのもおいしいですよ!

麹つながりで日本酒とも相性がよいようです。

 

野村佃煮HP

http://www.kyotsukudani.com

 

 

野村佃煮さん×二十四節気「大雪」のお弁当

2017.12.07

12月7日頃 二十四節気「大雪」

 

今年も残すところ後1ヶ月。

「大雪」という呼び名にふさわしく寒さにギュッとカが入り、カラダが縮まる季節到来です。
寒さが増すほどにおいしくなるねぎ。一般的に多く流通している青ネギや白ネギの
ほかにも、最近では土地柄の極太葱がスーパーなどでも見かけるようになりました。
例えば、東京(江戸)の深谷ネギ、群馬の下仁田ネギ、兵庫の岩津ネギなど。
野村佃煮さんの京都では太ネギではありませんが、九条ネギが有名ですね。

 

さて、二十四節気「大雪」のお弁当の中身といえばこちら。

ネギの話をしながらネギが一片もでてこない

 

という・・・ごめんなさい

 

きのこと鶏ももの炊き込みご飯

大根と鯖缶の生姜煮
青菜の鰹節炒め

椎茸の実山椒入り肉詰め
だし巻き卵

酢れんこん

 

野村佃煮さんの「松茸入りきのこごはんの素」にさっと炒めた鶏もも、
生しめじを加えて炊き込みご飯に。

 

大根と鯖の煮物は「ちりめん生姜ごはん」を使って臭みを消しておいしく仕上げました。

 

 

椎茸の肉詰めのタネには「山椒の実」を加えてピリッと味のアクセントをつけました。

 

 

山椒の実はそのまま食べても、調味料としてアレンジに使ってもキラリと光る粒ぞろいです!

 

野村佃煮HP

http://www.kyotsukudani.com