梅仕事を終えて、お弁当と漬け物についてのつぶやき

2016.07.27

みなさん、こんにちは

 

おべんとうコンシェルジュ 松本希子です

 

日本のお弁当には欠かせない?! 梅干しを自家製するようになって三年

 

申年の梅干しは縁起がいいと聞き、気合いを入れて10kgも仕込んでしまいました

 

なぜ?はこちらから

http://rassic.jp/content/3338

 

 

13697131_1216360215063284_2025100222269441492_n

 

わが家は紫蘇漬けではなく、塩漬けした梅をそのまま干していただく「白梅漬け」です

梅の実のフルーティな香りがおいしく、さっぱりといただけるのが好みです

 

昭和のおべんとうのおかずと言えば、

ご飯に漬け物、玉子焼き、ウィンナー、野菜のお浸しなんて感じでしたが・・・

漬け物のバリエーションも梅干し・たくあん・キューリのQちゃん、奈良漬けといった王道がほとんどでした

地味ですよね〜

たくあんは、鞄の中で臭いが充満するのでとても嫌でした・・・

 

しかし、近頃はピクルス、ザワークラウト、水キムチなどの作り方を覚え

7月27日現在のわが家の冷蔵庫の漬け物はこんな感じです

 

新生姜の甘酢漬け・大根のビール漬け・ザワークラウト・胡瓜のぬか漬け・梅干し(昨年の紫蘇漬け)・白梅干し

 

13697105_1220444777988161_3278556756336684811_n

 

水キムチ

13813651_1220444784654827_4745608389286877850_n

 

漬け物がメインのおかずになることはありませんが、ザワークラウトや水キムチはサラダ感覚でたっぷりいただけます

他の漬け物はご飯のおとも、もしくはおかずとおかずの間のつなぎですね

 

常備菜として季節の野菜で漬け物をつくり置いておくと

お弁当の隙間を埋めるのに便利ですね

 

こんな記事も見つけちゃいました

 

https://kinarino.jp/cat4-グルメ/20102-お弁当の彩りにも便利な「お漬物」%E3%80%82ご飯と相性抜群の漬物レシピを集めました

 

この中から私も何品かつくってみようと思います