もちろんBENTOさえも糖質OFF(3)

2015.10.28

みなさん、こんにちは。おべんとうコンシェルジュ松本希子です

 

さて、9月末から始まったパーソナルトレーナーによる週2回90分筋トレと糖質・脂質オフによる

 

 

 

2ヶ月でカラダを絞るプロジェクト!昨日、最終日を迎えました。

 


体重は6キロダウン!  体脂肪は10%ダウン!
ウエスト、ヒップは−5cm

 

 

 

今回、カラダを絞り動きも軽快になった嬉しさはもちろんですが、

 

 

2ヶ月ではありますが、これまでの食習慣を見直すよい機会となったことこそ一番の収穫だと思っています。

というのも、自作の家庭料理=健康メニューと私は思い込んでいたことに気づいたからです。

煮物に使用する砂糖・味醂の使用量、塩気の多さ

ハッキリしためりはりのある味を求めるが故の不健康料理になっていたとは・・・
さらに毎食、3回、白ごはんをお茶碗1杯食べるという習慣が、呪縛だとはっきり気づいたのでした。

 

 

糖質OFFダイエットが世間ではこんなに流行していることも知らず、この道に足を踏み入れてしまった2ヶ月間。

使用できる食材が限られたなかで【餌にしない】【器を食べる量のスケールにする】この2点を
大切にしてきました。
※食べていいもの=葉野菜・魚(できるだけ白身)・オイルフリーのツナ・鷄むね肉・ささみ・豚牛のヘレ肉
NG調味料=砂糖・味醂 市販のドレッシング・オイル類
などなど・・・

 

 

しかし、あまり神経質(厳密)にはならないように気をつけました。

大きく主食になる炭水化物は食べない。(茶碗で白米・ラーメン・パスタ・うどん・丼・パン類など)
フライものは調理しない(ガッツリ、トンカツなど)
お酒を飲むなら酎ハイのストレート(糖質0)しかし、基本飲まない!

 

水の補給を欠かさない!

むくみやすいので塩分摂取は気をつける!

一番、困ったのはやはり素材が少ないため、バリエーション豊かな食事になりにくいということでした。

私についてくれていたパーソナルトレーナー女子にもたずねてみたのですが、やはりゆでた鷄胸肉やささみに
プロテインをほぼ2ヶ月単調に食べ続ける方も多いそうです。

そこで私は

 

朝は20㎝プレートで野菜とタンパク質をタップリ!+豆乳で割ったプロティン!

昼は500ml弁当箱に野菜中心のおかずで軽めに!

夜は複数のおかずを豆皿で、昼よりもより軽く!(19時までに食事を済ます)

という決め事をして2ヶ月をのりきりました。

そのときの糖質OFF弁当をまとめたのがこれです 

 

 

 

IMG_3373IMG_3418IMG_3467IMG_3496IMG_3526

IMG_3499IMG_3573 IMG_3544

 

 

少し肌寒くなってきたので、10月後半はスープが登場するようになってきました

 

 

最後に、友人と歌舞伎にいったさいの「ゆるーい糖質制限弁当」です

ご飯は玄米!

 

IMG_3550

 

 

 
ゆるーく、糖質制限してもこんなに美しくつくることも可能なのが、お弁当の魅力ですね~

今後は、2ヶ月でつくった筋肉と減らした体重・体脂肪をどうキープするのかが課題です!

これからが本当の勝負かもしれません。

 

ということで、またご報告させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントがあります

  1. つじとしこ より:

    目標達成おめでとうございます☆
    ついに90キロを超えてしまった主人…さすがに危機感を感じて、「袋菓子をやめる、野菜中心で夜はお米抜き、糖質0のビール」をゆる〜く続け始めたのが(私も一緒に)希子さんのプロジェクトの始まりと丁度重なり、励みと参考になりました。
    主人は6キロ(あの身長ですから)私は2キロ減 (^^) これからも維持の為のメニューを是非紹介してくださいね、楽しみながら私も家庭料理の見直しをしたいと思います(麹を使い始めたのもあって)

    • 松本 希子 より:

      つじさん、そうだったのですね!
      私も今後、どうのように続けていくか、模索しています

コメントをどうぞ