【BenLaboレシピ】自家製がんもどき

2015.04.17

一般的にはがんもどき。
関西では、ひろうす。

少し手間のようでも、多めにつくって冷凍しておけば、野菜やお肉と一緒に炊くと
おいしくいただけるので、とても重宝ですよ。

おべんとうのおかずにもぴったり!

 

 

自家製がんもどき

(材料)できあがり約10個分

 

 

木綿豆腐 400g(私は固豆腐を使っています)
きくらげ(乾燥) 5g
ひじき(乾燥)  5g
人参(千切り)  60g
銀杏 10-15個
卵   1個
山芋(すりおろし) 70g
塩・砂糖 ひとつまみ
※今回は甘麹(甘酒)大さじ1、塩麹小さじ1を使いました

 

 

1. 水切りした豆腐を裏ごし、もしくはフードプロセッサーなどですり潰します
2. 人参は千切りにして、さっと茹でておきます
3. 1.に卵、山芋を加え生地をよく混ぜ合わせます。生地がゆるければ、片栗粉を加えます。
  そこに水にもどしたきくらげとひじき、銀杏、塩・砂糖を加えてさらに混ぜあわせます
4. 手に油をつけて生地をまるめておきます
5. 160℃の油でじっくり6-7分ほどをかけて揚げます。がんもどきが浮きあがり、
  きつね色になれば取り出します。

 

具材は上記のものに限らず、ごぼうやゆり根などもおいしくいただけます

 

 

〇がんもどきが主役のおべんとう

玄米ごはん(自家製梅干し、玄米ごはんにはよくあいます)
がんもどき
青さ入り玉子焼き
ごぼうと人参、ひら天(さつま揚げ)のきんぴら
ウィンナーとエリンギ、筍の塩胡椒炒め

IMG_2231

コメントをどうぞ