私的・弁当箱考 第七回「バイバイ・パッキン」

2016.10.17

そもそもこの連載は、パッキンがいかに無駄で

弁当箱の「盲腸」なのかをボヤいた私のFacebook投稿を

松本コンシェルジュに発見され、弁当箱にまつわる偏見ともいえる持論を

Oh! Bento Laboで連載しないかと誘われたからです。

 さぁ、はりきって参ります!

 

パッキンの機能は内部からの液体漏れ防止・外部からの汚染物質からの遮断が主で、

素材や調理・半調理品の一時保存が役割です。

では、弁当って「保存食品」のカテゴリーなんでしょうか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

保存容器なら、話は分かる。

 

6時間程度、常温に置かれるとしても、蓋をされ、包まれ、外気からは遮断されている状態。

そこに「ラバー素材による完全密封」は、どれほど有効なのでしょう。

たいした意味はないかと。

 

そして、パッキンの嫌なところは「洗うのが大変」ということです。

成形されたラバー素材自体のくねくね、そしてそれをはめる溝の洗いにくさ。

さらに乾燥の分かりにくさと、翌日の溝のはめにくさ、

蓋をする時の「パッチンのところ壊れるかも」思ってしまうゴムの抵抗感・・・。

 

どうして「弁当に必要」と思えるのでしょうか。

それに使う時間も気持ちもまったく無駄だと思うのです。

 

液漏れ? それならもっと確かな容器があります。

腐食予防? どれだけ汚い環境でお弁当をつくられているんですか。

なのにパッキンのゴムが汚れても使う?  溝の残留菌は心配要らない?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よーく洗うだけでくたびれるのに、はめ直すのなんてうんざり。

 

海外のプラスチック素材の保存容器でパッキンを見かけることはありません。

さらには蓋だけポリエチレンだから“チンするときは外せ”という馬鹿な素材構成のものもありません。

(全部ポリプロピレンで作られているのが当たり前、良心的な国産メーカーも、とっくにそうしています。)

ちゃんと成形技術の進化に合わせて、改良するのです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蓋が内側に入るという漏れを最小限にとどめるアイデア。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パッキンなし。同一材質だから、扱いのミスを防げる。

 

「他所から与えられた条件におとなしく従い、一切の疑問を持たず、改善など思いつかない。」

そういう残念さ、理解できませんか?

弁当箱にパッキンは要らないのです。

 

しかし、ここまで普及するとは
日本パッキン推進協議会とか、そんな天下り組織でもあるんだろうか・・。

 

あー・・懸念だったパッキン問題を書けてスッキリしました!!!
次回からは、やさしいおじさんとして連載を継続したいと思います。

更新は11月19日。第八回「温かい弁当」へ続きます。