みんな、大好き、調理パン♪

2015.06.22

こんにちは。

 

 

「パンときどきお菓子」3回目は、調理パン。

 

前回は、パンを習い始めのころに作った、バターロールのお話でした。

続きます今回は、絶対みんなが大好きなはずの、このパンをチョイス。

 

 

 

☆ハムロール

 

今回は、プロセスは省略いたしましたが、

このパン、どうなっているのか?というと…

 

 

イメージしてくださいね。

 

 

まぁるく伸ばしたパン生地の上に、

スライスのロースハムを一枚のせて、手前からきっちりと巻きます。

次に、半分より短いところで二つに折って縦に包丁を入れ、

開くと、ちょうどハート形になるのです。

 

 

今回のは綺麗なハートになっていませんけど…汗

 

 

二次発酵を済ませて、塗り卵を周りに塗り、

みじん切りにした玉葱とマヨネーズを混ぜたものを真ん中に乗せ、

オーブンで焼くとこんな風に見た目も可愛く、美味しく焼けます。

 

 

ま、もう少し、マヨネーズの部分に焦げ目がつくくらいの方が

見た目にもおいしそうと思いますけども。

 

 

で、焼き上がったのがこちら。

ハムロール

 

 

いかがです?

おいしそうでしょう。

 

 

マヨラーでなくても、お嫌いな方はいらっしゃらないと思います。

ちょうど、休みで家に居た娘が、二階から降りてきて、

「おいしそう~!」と、大喜び。

 

 

続けて3個は食べましたので(笑)

娘曰く:このパン大好きなの~♪

だそう。

 

 

 

ちなみに、使用するハムは、あまり薄すぎず、かといって厚すぎずがベスト。

今回は、市販品を使用したので、色もピンクがかって綺麗に仕上がりました。

 

 

 

さて、お気づきとは思いますが、

ハムロールと一緒に並んで、ちょこんと頭にレモンスライスを乗っけてっているパン。

中にチーズクリームが入っています。

 

 

チーズクリームは、サンプルでいただいたもの。

スライスレモンは家で煮たものです。

 

レモンと言えば…

お友達が送ってくれた、大量のレモンは、

塩レモンと、はちみつ檸檬に加工して、

塩の方は冷凍庫へ、はちみつ檸檬は瓶詰にして、

大きい瓶入りは、これも冷凍庫へと収納されました

 

 

はちみつ檸檬

 

 

 

ですが、我が家の野菜庫にはまだまだレモンがたくさんあったので、

今日は、思い切って残り全部をスライス。

平鍋に並べて、グラニュー糖を振りかけ、シロップ煮にしてしまいました。

 

 

 

レモンスライス

 

 

と思ったら、まだ1ネットあったんですけども…(――;)

 

 

 

というわけで、ハムロール用に作った生地の半分以上は、

中にチーズクリームを包み込み、

トッピングにスライスレモンのシロップ煮をトッピングして

焼き上げたらば、こんなに可愛い感じに焼けてくれました。

 

 

どうです?

食べてみたくなりませんか?

 

今回使った強力粉は、木田製粉の「道春」

道産の「春よ恋」のみを使用した強力系の小麦。

サンプルを送っていただいた時に、一緒に入れてくださったレシピによると、

1.春播小麦はパン用としての適性が非常に高く人気のある小麦であるが、生産数量が少なく大変貴重。

2.伸弾性が強く、しっかりして加工適性が非常に良好。

3.たん白含有率が多く、パンにボリュームがでる。

4.北海道産小麦の特徴である、豊かな風味、味を有する。

 

 

ほんとうにその通りで、捏ね上がりの質感が、

いつも使っている「きたのかおり」とはまた全然違う。

もっとも、今日のは水分の半分以上が牛乳なので、

そのせいもあるかもしれないけれど、とにかく、もりっと元気な感じ。

 

 

 

そこで今日はもう一種類、

プルマンブレッド(角食)2斤を焼いてみました。

 

 

捏ね上がりも、もりっと弾力があり力強い感じ。

二次発酵も、いつもより短時間で上がった気がするのでそろそろ焼きか?

 

 

窯のび(オーブンの中で焼成途中にさらに膨れる加減?)が、

良すぎると、パンケースからはみ出してしまい大惨事になってしまうので、

8割ちょっと上がったところで、焼いてみることにして、オーブンへ。

 

 

で、焼き上がったものがこちら。

 

☆プルマンブレッド

 

 

プルマン(道春)

 

 

 粉は道春

 

 

レシピは、木田さんので、焼き時間はいつもの2段階方式です。

あとほんのちょっと待ってから焼けば、

もう少しきちっとした焼き上がりになったと思いますが、

クラストの焼き加減もよく、口に含むとふんわりともちっとして、

とても美味しい仕上がりで、大満足。

 

 

ちなみに、今回は、やはりいただきものの、「太白ごま油を製菓用」を油脂として使用。

焙煎していないごまを使っているため、透明感があり、

香りも、焙煎したごまを絞った油よりも癖がないので、

お菓子にもおすすめですよ、とのことでした。

 

 

この組み合わせも、なかなかイケる(≧▽≦)

一日置いてから、サンドイッチにでもしようかな。

 

 

 

 

 

次回は、何をご紹介しましょう?ぜひ次回の更新をお楽しみに。

 

 

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、
日々の手作りのことなどを綴っています。
ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

Handwork & Café Atelier_shizz 主宰、JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー、

自称、パン職人…ある時から「パンの人」と呼ばれる。