【夏のパン弁当作りで気をつけたいこと】

2016.08.22

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

 

長いようで短かった夏休みももう終了、新学期に突入の北海道です。

 

さて、【ぱんびーの☆パン弁当プロジェクト】の5回目は、

夏のパン弁当作りで気をつけたいこと、と、夏のスープです。

 

—–

北海道は涼しい、いや、涼しかったはずです…

私が子供の頃、夏休みでもプールに泳ぎに行くのもほんの数日間。

お盆を過ぎればもう肌寒くなって、秋の気配を感じたものです。

 

 

その年によっては、半袖の服を身につける機会もほとんど無いほど気温が低く、

“冷夏でビールが全然売れない”“夏物が売れない”などと、

新聞やTVのニュースで報道さていた記憶があります。

 

それが、

私が岩見沢に越してきてからは、夏は暑いと感じるようになり、

少なくとも、岩見沢や札幌は暑い夏を迎えるようになりました。

時により多少の差はあれど、北海道も気温が高くなってきたんですよね。

 

 

***** ***** ***** ***** *****

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、今回のテーマの一つ目は、

 

【夏のパン弁当作りで気をつけたいこと】です。

もちろん、日頃お弁当作りに関わっていらっしゃる皆様も

細心の注意を払って、おかず作りやパッキングまで取り組んでいらっしゃるはず。

 

実は、Oh! Bentoコンシェルジュの松本希子さんが、

【ゆさんすたいる】の昨年7月の記事で、夏のお弁当作りの注意点を纏めてくださっていますので、詳しくはそちらをご覧くださいね。

 

 

※※※※※※※※※※※

 

 

  • 梅雨から夏にかけて気をつけたい、お弁当づくり(まとめ記事)

梅雨から夏にかけて気をつけたい、お弁当づくり(まとめ記事)

 

 

※※※※※※※※※※※

 

 

“例えばパンなら、こんなところに気をつけたい”

 

重複する点もありますが、私が気をつけていることを挙げてみます。

 

【サンドイッチなど、焼き上がったパンに具を挟む場合】

 

1.火を通さない食材は、なるべく素手で触らない

  ⇒もちろん調理前に手は清潔にされていると思いますが、手袋で。

   今は使い捨ての手袋が簡単に手に入りますので、常備しておくと便利です。

 

2.レタスやきゅうりなど、水気を多く含む野菜はキッチンペーパーなどで水けを取る。

  ⇒生野菜は、夏のサンドイッチには不向き、という意見もあるようですが、

   温度と衛生管理をきちんとすれば大丈夫。※ただし、変色したり傷みやすいものは避ける。

 

3.挟む具材に、生の肉や魚などを使用する場合は、食材に完全に火を通し、食材が完全に冷めてから。

 

4.挟む具材の味付けは濃い目がベスト。

  ⇒暑い時は、スパイシー、甘辛などの方が食欲も増進しますし、食材も傷みにくくなる。

  ⇒パンにバターや辛子マヨネーズを塗ると、パンに水分が染み込みにくくなります。

 

5.殺菌消毒用スプレーを常備する。

⇒パン切りナイフ、カッティングボード、などにもシュッとひと吹き。

 ※松本さんも紹介されていますが、私も使っています。いろんな場所で使えるので便利です。

 

     スプレー

 

 

 

6.サンドイッチは、なるべくなら個包装に。

  ⇒万が一、挟んだ具から水分が出ても、他のものに味移りするのを防ぎます。

 

7.しっかり保冷できる環境で持たせましょう。

  ⇒凍らせておいたジュースを、保冷剤代わりに保冷バッグに入れるのもOK。

 

8.早めに食べきる。食べきれずに残ってしまい、時間の経ったものはなるべく食べない。

 

 

以上、当たり前のこととは思いますが、

改めてもう一度意識してみましょう♪

 

 

 

***** ***** ***** ***** *****

そして今回の二つ目

【夏のスープ】です。

 

今年はカフェメニューにもなっているスープ。

7月からの夏バージョン、【野菜の冷ポタージュ】の登場回数が増えています。

 

もちろん、暑い夏こそ、スパイスのきいた熱々カレー!

というのもありでしょうが、炎天下の屋外から室内に入って、一息つきたい時

カップ一杯のスープで体内に涼を取り込む、というのもいいものです。

 

 

【じゃがいもの冷ポタージュ】は、

玉葱とじゃがいもを少量のオリーブ油で炒め、柔らかく煮てから、

たっぷりの豆乳を加えて、滑らかになるまでミキサーにかけます。

 

味付けは塩胡椒だけで、仕上げにパセリをほんの少し振りかけます。

食べる時に、少し牛乳を注いで軽く混ぜていただきますが、

余分な調味料も油分も加えないので、冷たいままでも美味しく、喉ごしもなめらかで、

本当に生き返るような気分になります。

もちろん、温めても美味しいポタージュです。

 

 

【じゃがいもの冷ポタージュ】

 

 

  じゃがいもの冷ポタージュ

 

 

 

夏はもちろん冷たいまま、スープジャーか、ガラスの空き瓶などに入れて、

お弁当にも持って行けますね♪

 

 

少しアレンジして、人参を加えたバージョン、南瓜のも作りました。

ブロッコリーや、とうもろこしもいいですね~♪

 

 

【人参入り冷ポタージュ】

 

 

人参入りポタージュ

 

 

少しアレンジして、人参を加えたバージョン、南瓜のも作りました。

ブロッコリーや、とうもろこしもいいですね~♪

 

 

【南瓜の冷ポタージュ】

 

 

 南瓜の冷ポタージュ

 

 

 

一緒に持っていくお弁当の方は、こんな感じで、

あっさりとした、きゅうりとハムのサンドイッチにしてみました。

マスタードマヨネーズをいつもより気持ち多めにしてあります( *´艸`)

 

 

【きゅうりとハムのサンドイッチ】

 

 

  きゅうりとハムのサンドイッチ

 

 

もし、食欲のない時なら、こんなサラダもいいですね。

シーザー風サラダは最近よく登場しますが、私も大好きです。

 

 

【サラダ弁当】

 

 

 サラダ弁当

 

 

 

夏にサンドイッチを持たせるのはちょっと心配…

 

という方には、【セルフサンドイッチ】というのもいいものです。

ハムやチーズ、チキンなど、具材をサラダのように別容器に入れて持ち、

パンは挟めるようにしてジップロックにでも入れておく。

食べる時に挟むので、パンが具材の水分を吸ってべちゃべちゃになる心配もないですし、

挟むのが面倒なら、サラダをおかずにパンを食べるのもOKです。

 

何より、こちらの場合、朝の支度が楽そうで魅力的でしょう?(笑)

 

今日の組み合わせでは、こんな感じに持って出かけます。

 

 

  夏サンド

 

 

頂きものの、素敵な小風呂敷、ようやく使うことができました。

ありがとうございます♪

 

***** ***** ***** ***** *****

そうそう、最近ちょくちょく我が家でも登場する、このクルトンですが、

食パンやバゲットが食べきれず残ってしまった時など、食べやすい大きさに切って、

150℃くらいのオーブンで10~15分程度(焦げ目がつくかつかないか程度)、オーブンで乾燥焼きしておくと、便利です。フライパンで空焼きしてもいいですね。

 

  クルトン

 

 

湿気ないように密封袋に入れ、乾燥剤を入れて冷蔵保存できますが、

早めに食べきりましょう♪

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

 

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

 

ブログロゴ2

 

 

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

 

ぱんびーのロゴ

 

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

【夏に食べたいパン、夏っぽさを感じるパン、そして冷たいデザート】

2016.07.22

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

7月も後半に突入し、夏休みも間近な北海道です。

 

さて、【ぱんびーの☆パン弁当プロジェクト】の4回目は、

夏に食べたいパン、夏っぽさを感じるパン、そして冷たいデザートです。

 

 

 

 

北海道は涼しい、と思われている方も多いでしょう。

 

 

ですが、ここ数年の夏は、暑くて耐えられないような日が何日もあったり、

また、熱帯夜で眠れない日を過ごす、なんていう時もあるんです。

 

 

 

パン職人の自分ですら、そういう日が続くと、冷たい麺類がついつい恋しくなったりするものです…

が、そんな暑苦しい夏でも、美味しく食べられるパンを考えてみました。

 

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

 

 

 

まずは、夏摂りたいものと言えばいろいろありますが、その中でも酸味。

ぱんびーのの冷凍庫にたくさん眠っている、あの酸味を思い出しました。

 

 

 

日々のラインナップの中、店頭でも人気なのがハード系、お食事系、

そして、おやつ系のパンです。

 

 

 

“ぱんびーの”のメニューの中でもファンが多いのが、

一時期巷でもブームになった【シナモンロール】

 

 

アイシングが溶けそうだし、夏場はちょっと遠のいてしまいそうでもありますが、

 

 

この【シナモンロール】の仲間で、レモンを使ったパンがあります。

 

それが、こちら【シトロン】です。

 

 

 

   シトロン

 

 

 

シナモンシュガーなどを使わず、

レモンピールをちりばめ、そのシロップを塗って巻いています。

 

レモンの酸っぱさがとても爽やかで、ぺろりと食べられること間違いなしです。

 

 

こちらは、あられ糖を振って焼き上げましたが、アイシングバージョンもあります。

レモン汁がたっぷり入っていますので、さらに酸っぱさアップ、です。

 

 

 

   シトロン2

 

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

 

 

 

次に登場するのは、最近流行っているのでしょうか?

 

ネット上でもよく見かけるようになりました、【フルーツサンド】です。

 

 

 

 

 

 

 

コンビニの棚に並んでいるのを見ると、つい買ってしまいそうになりますが、

食事パンと言うよりは、デザート感覚。むしろケーキと言ってもいいかもしれません。

 

 

 

実のところ、一度は作ってみたかったのです。

生クリームがありましたので、挑戦してみることにしました。

 

 

 

用意したのは、ぱんびーのの【豆乳入り食パン】

食パンのサンドイッチの回にも登場しました、ちょっと小ぶりな細長い四角い食パンです。

 

 

 

   豆乳入り食パン

 

 

 

そうそう、ようやくスライス用のガイドを買いましたので、

難無く、綺麗なサンドイッチスライスが作れました。便利ですね。

 

 

 

お次は、フルーツ。

 

 

見た目の美しさで言うと、やはり苺。

 

そしてバランスを考えて、キウィと、バナナを選択。

 

バナナは絶対に合うはず、です。

 

 

 

生クリームをホイップしてサンドするのですが、

マヨネーズを入れたり、いろいろレシピがあるようですね。

 

私は、ヨーグルトを少し加えました。

サワーミルクの様な風味で、少しさっぱりとした感じです。

 

 

フルーツの並べ方を考えて、3通りの組み合わせでサンドし、

ラップでしっかりとくるんで一度冷凍庫へ入れます。

 

恐らくその方がクリームとフルーツが落ち着くかなと思った訳ですが、

実際のところ、もう少し冷やしてもよかった気がします…。

 

 

で、出来上がったのが、こちら。

 

 

  フルーツサンド

 

 

あらら、なんだか寂しい仕上がりになってしまいました( *´艸`)

 

 

【フルーツの並べ方】がポイントなんですが、

同様に重要なのが、【カットの仕方】です。

 

 

ラップにくるんで耳を切るところまでは良かったのですが、

二つ目をカットする時に、対角線の方向を間違えてしまったので、

見えるはずのキウィの姿が無く、仕方なくもう半分に切った次第でした…悲しい。。。

 

 

 

 

それにキウィの色もちょっと残念な感じではありましたが、

ふんわりと美味しくできましたので、今日のところはこれで良しとします。

 

 

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

 

 

 

そして今回の最後が、冷たいデザート2種。

 

 

昨年くらいから気に入っているのが、トマトのゼリー。

 

それを凍らせて食べるのが好きなので、ストックしておいて、カフェのデザートにも出せるようにと考えました。

 

 

  トマトのゼリー

 

 

 

 

北海道産のトマトジュースをベースにして、

レモン汁を多めに加え、少し緩めのゼリーを作ります。

 

 

それをフリーザーで凍らせるだけ。

 

 

 

食べる30分くらい前に出しておき、スプーンが刺せるくらいの固さになったら食べごろです。

 

 

 

もう一つが【2層のゼリー】です。

 

 

  二層のゼリー  

 

 

 

以前教えていただいたレシピです。

とても簡単で材料もシンプル。

 

生クリーム+牛乳+みかんジュースにゼラチンと砂糖のみ。

 

 

器に注ぎ、冷やす前にしばらく室温に置いておくだけで、綺麗に二層に分かれるのです。

 

こんな可愛い瓶に詰めて、お弁当と一緒に持って行けば、いつものお弁当タイムも一層華やぎますね。

 

 

フルーツサンドもそうですが、こういったお弁当はしっかりと保冷して持って行くこと。

 

 

ゼリーなど、もしも溶けやすいようでしたら、トマトのゼリーは寒天で固めるのがお勧めですよ~♪

 

 

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

 

 

 

 

 

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、

パン&お菓子をはじめ、日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

 

ブログロゴ2

 

 kitten’s_tail

 

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

 

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

 

 

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

 

ぱんびーのロゴ

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

【白パン・ピタパン・コルネのサンドイッチ】

2016.06.24

こんにちは

 

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です

 

6月末になり、ぱんびーののウッドテラス前庭の栗や、松の木の葉も茂ってきました。

 

雨の多いこの時期は、ハーブや雑草の成長が著しくなる時でもあり、

 

春に退職し庭師となった我が相方も、外に出られる日は、時間の大半を庭で費やしております。

 

ようやく庭で、美味しいお茶やワインを楽しめる時間が持てそうで楽しみです。

 

 

さて、今月の【ぱんびーの☆パン弁当プロジェクト】3回目は、どんなパン弁当でしょうか。

 

—–*—–*—–*—-

 

 

まず一つ目は、最近はまっている白ぱんから。

 

卵を使わず、牛乳をたっぷり配合し、焼き目が付かないよう低めの温度で焼き上げたパンです。

 

 

 

ふんわり柔らかなお食事パンで、シチューなどに合わせてもいいし、そのままでも

 

また、夏はこういう感じの冷たいデザートパンにもいいかなと思います。

 

 

白ぱんジャムサンド

 

【クリームチーズと自家製mixジャムサンド】

 

 

小さ目のバンズなので、持ち歩きには、市販の紙容器なども便利です。

 

—–*—–*—–*—-

 

今月の二つ&三つ目は、ピタパンのポケットサンドと、コルネです。

 

 

この、ピタ、は、直径が15cm~20cmくらいの平たい円形のパンで、

地中海沿岸~中東、北アフリカなどでよく食されているとてもシンプルなパンで、

高温のオーブンで一気に焼き上げると中が空洞のポケット状になることから、ポケットパンとも呼ばれます。

 

焼き上げた後に、ぷくっと全体が膨らむので、真ん中で切って、中にいろいろな具材を挟んで食べることができます。

 

 

数千年も前から中東に暮らす人々の主食の一つであり、イタリアのピッツアの起源とも言われているそうです。

 

 

【ピタパンのサンド二種&ポテトサラダのコルネ】

 

①豚肉のリエット、ドライトマトのオイル漬け、赤玉ねぎ、レタス

②小松菜とベーコンと人参のソテー、サワークリーム、マスタード

③茹で卵入りポテトサラダ

④凍らせておいたゼリー

 

 

ピタとコルネのサンド

 

 

③のコルネは、チョコクリームを詰めるのがお馴染みですが、

このようにサラダなどの詰め物をするのもまた楽しく、美味しく召し上がれます。

ご希望があれば、空でも販売しておりますので、ぜひ一度お試し下さいね。

 

 

ポテサラコルネ

 

 

 

 

そして、持ち歩きには、今回このような折り畳みの容器を使用してみました。

 

プラスチック製で平たくなりますので、使用後はかさばらずに持ち帰れますし、洗いやすいので非常に便利です。

 

 

【ホーショー 折りたためる フラットランチボックス Mサイズ ハナ 「くり返し使える」 LB-085-MHA】

 

 

折り畳みBOX

 

 

 

そして夏のお弁当のお約束。
冷たいデザートに、市販のゼリーなどを凍らせて詰めていくのも、保冷剤代わりにもなるし便利です♪

 

 

 

 

—–*—–*—–*—-

 

 

 

そして今月の最後は、おもてなしにも、またお弁当としても活用できるパンランチです。

 

 

【ロメインレタスのシーザーサラダ&時鮭フライのサンド】

 

 

 

ホットサラダ

 

 

 

野菜の栽培をされているお客様から、珍しいロメインレタスをいただきましたので、

雑誌に掲載されていて作ってみたかった、ホットサラダを作ってみました。

 

これは小ぶりな方を使ったので、見た目のインパクトが薄いですが、カリカリベーコン、

クルトン、赤玉ねぎ、をちりばめ、パルミジャーノをふんだんにすりおろし、

半熟卵をトッピング。シーザードレッシングでいただきます。

 

 

見た目もとってもおしゃれで、豪華♪

 

 

こういうごちそうサラダにパンを添えるだけでも、十分に素敵なランチタイムが楽しめます。

 

 

持ち歩きには、サラダを密封容器か、メイソンジャーなどに盛り付け、

茹で玉子を割らずに載せて置き、お昼に割って食べる楽しみもあります。

 

 

そして、今回は、3COINS(スリー・コインズ)で入手した、ボトルに飲み物を詰めてみました。

 

 

冷たい飲み物専用ですが、取り外しのできる中栓がついていますので、

入れておいたティーバッグなどがじゃまにならずに飲むことができます。

 

お弁当と一緒に保冷バッグに入れていきましょう♪

 

 

冷蔵庫内での保存にも便利ですし、500cc入って300円というのは大変お得ですね。

 

 

 

ボトル

 

 

 

—–*—–*—–*—-

 

 

 

今月は、いくつかのサンドイッチとパンランチをご紹介しました。

 

 

 

さて、来月はどんなのにしようかな~( *´艸`)

 

 

お楽しみに♪

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

最後におまけ、私のブログです。

一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、

パン&お菓子をはじめ、日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

 

 

ブログロゴ2

 

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

 

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

 

 

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

 

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

 

 

☆————————☆

 

 

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

 

ぱんびーのロゴ

 

 

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

 

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

お弁当、ご飯のアレンジと、パンカフェ開業までの道のり…その1

2015.09.14

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

パンときどきお菓子の6回目は、

 

『お弁当、ご飯のアレンジと、パンカフェ開業までの道のり…その1』です。

 

まずは、お弁当の話題から。

 

常備菜やメインのおかずの献立作りなど、お弁当作りに毎日頭を悩ませていらっしゃることでしょう。

おかずをアレンジしつつ、週に5日作るとしても至難の業。

我が家のように実質娘と二人暮らしだと、こまめにおかずを用意しておくと
冷蔵庫に在庫が溜まっていくばかり。

食べてくれる家族がいれば別ですが、朝は時間が無く、夜は帰宅も遅く、
ほとんど昼のお弁当しか食べない娘との二人暮らし。

なので、私が昼夜食すだけではなかなか減りません。

 

そこで私が良くやるのは、味付きご飯がメインのお弁当。

ピラフや炊き込みご飯にサラダや果物、デザートなどを添えるだけでも満足できるランチセットです。

常備菜活用の炊き込みご飯なども冷蔵庫の在庫一掃には便利ですのでお勧めです。

 

 

今回は、そんなご飯メインのお弁当をご紹介しましょう。

 

その1:和風…炊き込みご飯編

 

炊き込みご飯

☆有り合わせで作った炊き込みご飯

☆おでんポット

 

まず、我が家の定番の炊き込みご飯は、といだ七分づき米(または白米)を昆布だし、醤油、きび砂糖、

塩で軽く味付けして活力鍋で炊飯します。

圧力が下がったら、鶏肉、筍、干し椎茸、人参、黒蒟蒻などを醤油、きび砂糖、みりんできりっと炒め煮に
しておいたものを混ぜ込み、仕上げに刻んだインゲンを散らします。

炊飯器の時は、スイッチが上がったら具を混ぜ込んでできあがりです。

 

筍ご飯

筍は娘の大好物なので欠かせませんし、仕上げにグリーンピースやインゲンなどの青物を散らすのは、
見た目にも美しいですのであれば必ずつけます。

 

基本、鶏肉ですが、この他にベビー帆立や北寄貝、筍が旬の季節にはあっさりと京風揚げと椎茸だけに
することもあります。

我が家のおふくろの味と言ってもいいほどで、子供たちの大好物なのですが、実を言うと、私の母のレシピ。

私にとってのおふくろの味でもあるので、ルーツは私の母にありますね。

 

 

 

————–

その2:洋風…ピラフなど

次に、我が家でピラフと言うと、最近では、真っ赤なピラフ、です。

トマトジュースで炊くのですが、ずーっと以前に保温調理のレシピを考えた際に、メンバーから
この名前を頂きました。厳密に言うと、真っ赤、ではありませんが(笑)

真っ赤なピラフ

☆ウィンナーととうもろこし入り真っ赤なピラフ

 

 

基本的に、手順は炊き込みご飯と一緒です。

ただ、水分がほとんどトマトジュースなので、白米の炊飯の時よりも給水時間を多めにとるのと、
水分を若干多めにするのが良いかと思います。

我が家の場合、白米=七分づきがほとんどなので、活力鍋での炊飯時は、加熱時間をほんの少し長めにしています。
(底がお焦げになってしまうこともあるのですが…)

 

具材は、鶏肉、玉葱、マッシュルームなどをフライパンで炒め、軽く塩こしょうで味付けして、
炊き上がりに混ぜます。鶏肉を使わず、厚みを半分にスライスして軽く塩茹でした海老を、
炊き上がりに散らすこともありますが、これもまた華やかさがあって嬉しいです。

真っ赤なピラフ2

 

☆真っ赤なピラフのオムレツのせバージョン

 

 

よくあるチキンライスは、ケチャップを使うのが多いと思いますが、実は私はあまりケチャップ味の
ご飯が好きではありません。

トマトジュースの方がすっきり上品な味になって食事には向いていると思います。

 

もう一つ、トマト系のご飯を作った後のお楽しみとして、アレンジ。

☆ドリアのお弁当

 

ドリア1

ドリアの時は、お気に入りのパイレックスで作り、焼いてから冷まして持たせます。

 

トマト味じゃないピラフも作ります。

夏野菜のピラフ

 

 

ドライカレー

 

その3:番外編

これは、カレーやハヤシライスの時などによく作りますが、雑穀を入れたり、ターメリックや
サフランで色をつけて炊くご飯です。今回の“ご飯がメイン”というのとは少し異なってしまいますが、
ご飯アレンジの参考までに載せます。

 

押し麦入りご飯

 

 

 

黒米入りご飯

 

 

雑穀ご飯は、市販の雑穀mixを使用したり、黒米、きび、押し麦、ハトムギなどをその日の
気分で混ぜ込むだけですが、ただの白米だけよりは食感が増しますし、色合いも可愛く、
何より栄養価もアップするので嬉しいです。

おかずが足り無くても、雑穀ご飯なら噛み応えもありますし、腹持ちもいい気がします。

 

ターメリックライスやサフランは、炊飯時に混ぜ込むだけです。みじん切りにした玉葱などを
炒めて炊飯時に混ぜて炊くこともありますが、私は、サフラン入りのご飯のあの香りがたまらなく好きです。

 

最後におまけ、こんなのも作ります。

お赤飯

 

北海道や東北では、食紅で色をつけ、蒸かした後に甘納豆を混ぜるというのが定番ですが、
こちらは小豆で炊いた後に甘納豆を混ぜたものです。

あまり食事には向かないかもしれませんが、お祝いの時などにはいいですね。

 

——————-

さて、今回のもう一つの話題でもありますが

【パン屋開業への道のり…その1】

 

うっすらと、

お店をやりたい、パン屋?カフェもいいなぁ~と、夢を抱いて来ましたが、

昨年になって急遽事態が進展し、どうやら夢が実現できそうな気配に…。

 

秋頃から、お友達の洋菓子屋さんのアドバイスを頂きながら、知り合いになったデザイナーさんに
相談を持ちかけ、メッセンジャーやメールなどのやり取りで構想を練って来ました。

それから他の業者さんにも相談し、いろいろとプロのご意見も聞かせて頂きました。

 

早くやりたいという気持ちが盛り上がるものの、なかなか話は進展せず、

妄想派膨らむばかり。

 

そんなこんなで、今年の7月になり、

どっちのプランで行くか?

ここはこうでいいのか?

あれもつけたいけど、これはやめよう、、

とか、まぁいろいろと夫や子供たちとも相談していました。

 

当初は夏前に完成して…なんて妄想を抱いていましたが、

はなっから、無理、と言われて少々へこんでいました。

でもまぁ、少しでも早くしましょうと話を詰めて、

7月末にはどうにか契約に漕ぎつけました。

 

 

自宅のリビングダイニングを改装してお店に変身させる。

そうと決まったからにはやらねばならないことが…( *´艸`)

それまでがこれまた大変。

もともと荷物の多い家なんです、実は…。

 

棄てられない性格と、片付けが苦手な事も災いし、そのしわ寄せがあちこちに…。

今は独立して家を出た、2階の息子の部屋や、納戸。

来客があると1階の和室に物を移動させるだけでは片付くはずもないですし、

カーポートにも不用品がたまる一方でした。

 

今までも何度か事あるごとに断捨離してきましたが、

今回こそはと、本当に大断捨離大会を決行し、

最終的にはキッチン以外の台所の物、大型の家具以外は全て撤去しました。

結果的にキッチンの断捨離も行ったので、1階は全て片づけたことにはなるのですけどね(笑)

 

さてさて、ここからが本題。

まずは、我が家のリビングダイニングを改築し、パン工房とカフェができるまでの工程をお披露目しちゃいます。

自宅の居室が無くなってしまうということで、和室のリフォームも兼ね、家族の居間に変更する
工事も行うことになりましたので、本当に一階を90%を改造したのです。

 

 

————

着工は8月10日

 

いよいよ今日からだ…。

和室は家具以外ほとんど撤去し、箪笥二棹、文机、ネットの古本回収の見積もりに出す段ボールなどが
積んであるだけ。

 

ビフォー1

 

まずは、和室とリビングの境目の障子を撤去し、壁で塞ぎます。

新居室=和室への入り口は、廊下側に新しく作るための穴が開けられています。

これからドアが付く予定。

 

 

リビングダイニング。

 

ビフォー2

 

リビングダイニングのキッチン側は、パン工房になるので、今まで掃き出し窓だったところは塞いで、
新たに小窓をつけます。

 

パン工房1

 

 

天井には作業用の点検口を、床下には、点検口を兼ねた収納庫が付く予定。

電気屋さんが配線用にあちこち穴を開けていて、間違ったところに穴を開けてしまった…なんてトラブルも発生、、おいおい大丈夫なのか( ;∀;)

なんてことも、笑えないです(怒)。

 

出窓側、新しく店舗の入り口となるドアの穴が開き、サッシの窓が付きました。

カフェ1

 

外から店内が見えるようにと、大きめの窓にしてもらいましたが、このガラスに貼ってある
『LIXIL』のロゴシールがとても可愛くて気に入りました。

 

待ちに待ったドアが付いた時には大興奮!

家の玄関ドアよりも大きくて立派!

カタログから選ぶ時も楽しかったですが、実物はやはり違いますね~

ポイントは、上部に小窓がついていて、そこをカーテンなどでアレンジできるところ。

どんな風に変えようかと妄想中。完成までのお楽しみです。

廊下1

 

リビングと廊下、トイレの内壁のクロス貼りが終わりました。

白いところは漆喰を塗った風合いのクロスに、和室と、廊下とトイレも変えましたが、
築20年を経過し変色してしまっていたので、がらっと雰囲気が変わっていい感じです。

 

 

 

腰壁もつきました。

 

カフェ2

 

次の日、ペンキ屋さんが、パン工房内壁の塗装と、腰壁の塗装をしてくれました。

この日は、一日と量の臭いがきつくて、夜中目覚めて1階と2階の窓を開けたり、貼ってあった養生シートを
止めなおしたり、と家じゅうを見て回りました。

しばらくはしょうがないのかもしれないけれど、これはちょっと誤算でしたね、、

 

 

実は今回、パン工房のストックヤード兼梱包スペースとして、今までオーブンを置いていたキッチンの
窪んだスペースを使うことにしたので、その分、キッチン側をパーテーションで仕切ることになりました。

キッチンのスペースは小さくなり、置いてあった収納棚の移動を余儀なくされましたが、止むを得ません。

 

そして待ちに待った待望の厨房用品が到着~

「こうやってみるとプロの道具って感じですよね~」と言ったら、

「え?お店じゃないんですか?」と配達の、厨房専科の方に言われました(笑)

もちろんこれからお店屋さんになるんですけどね。

 

といった感じで、完成したパン工房の内部がこちらです。

カフェとは違って、防炎用の塗装で壁が白く塗られて、床はリノリウム敷きに。

 

パン工房2

 

カフェの配置もこうなります。

カフェ3

 

でもって、こんな装飾も!
何ができるのかな?お楽しみに、です。

カフェ4

 

無事にウッドデッキも完成し、外壁も店舗部分だけ張り替えになりました。

今日現在、95%完成と言ったところですが、

まずは外観がこちら。

 

カフェ外観

 

 

 

そしてパン工房。

新しいオーブンも一台入りましたよ~。

パン工房3

 

そして今回最後は、カフェ部分。

さっそく新しいオーブンと捏ね器を使って、たくさんパンを焼きました。

どうです?ちょっとはお店屋さん気分でしょう(≧▽≦)

 

カフェ5

 

 

今回は盛りだくさんで、

一気にパン工房とカフェの工事の様子を盛り込んでしまいましたが、

次回は、完成したお店の全容と、試作の奮闘ぶりもご報告したいと思いますので、

ぜひお楽しみに~♪

 

 

 

————

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、
日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、
パン職人、JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

自称、パン職人…ある時から「パンの人」と呼ばれる。

イングリッシュマフィンのサンドイッチと、シナモンロールのはなし

2015.07.20

こんにちは。

べんラボブロガーの、坂本 静です。

パンときどきお菓子の4回目は、

『イングリッシュマフィンのサンドイッチと、シナモンロールのはなし』

————

 

最近、すっかり定期的に購入している雑誌「料理通信」、

7月号の表紙だった、イングリッシュマフィンのサンドイッチが作りたくって、
中身は全然違いますが、そのイングリッシュマフィンのサンドを作りました。

その日のお弁当がこちら。

 

☆自家製イングリッシュマフィンのサンドイッチ2種

☆はちみつ檸檬寒

 

  イングリッシュマフィンのサンド

 

 

厚みを半分に切り、さっとトーストしたイングリッシュマフィンに、

軽くマヨネーズを塗り具材を載せてあります。

 

A:胡瓜+刻んでマヨネーズと塩胡椒で和えたゆで玉子、ミニトマト

B:胡瓜+きんぴら牛蒡+照り焼きチキン+マヨ&マスタード

 

A:胡瓜は、ピーラーで薄くスライスしてみたら、これとってもいいですね。

サンドイッチの時に包丁でのスライスだと、食感がポリポリっとする感じだったのですが、

スライスすると栗あたりも滑らかで、マヨ玉子との相性もばっちりでした。

 

 

B:鶏むね肉は硬くなりやすいので、皮目にしっかりと焼き目をつけたら

あとは緩めの火加減で裏面も焼き、中に9割ほど火が通ったところで、

みりん風調味料+きび砂糖+醤油で焦がさないようにたれを絡ませながら煮詰めます。

 

同じくマヨネーズを薄く塗ったイングリッシュマフィンに、きんぴら牛蒡を少し載せ、

スライスした鶏の照り焼きを数切れ載せます。

仕上げにマヨネーズ&マスタードをちょっぴりトッピング。

最後に載せる飾りには、大きくなったバジルの“わき芽”を使うのがおすすめ。

お弁当のおかずのちょっとしたあしらいにも重宝するので助かっています。

 

そうそう、撮影前に、たれの残りでお化粧するのもお忘れなく、です(≧▽≦)

 

 

イングリッシュマフィン

 

夏の暑い日のランチタイムには、冷たいデザートも欠かせません。

食欲の落ちた時でも、ミネラルやビタミン不足も補えますし、さっぱりとした食感で、
身体の中から熱を下げてくれる働きもあるので、デザートといっても決して侮れないのです。

何より、午後からもまたがんばろう~♪って気持ちになれちゃうものですし、ね。

 

今回の“おまけ”には、はちみつ檸檬寒を。

夏のお出かけデザートにも寒天はとってもおすすめ。

ゼラチンだと溶けてしまうことがありますが、寒天は常温でも解けないし、

逆に、固めるときも、器を並べたバットに水と氷を入れ、容器に寒天液を流し、
そのまま固まるまで放置しておくだけで短時間で固まってくれます。

 

おかずを仕込む前に先に寒天を仕込んでおけば、

お弁当を詰め終わった頃には寒天も冷めて固まっているのでお手軽です。

いろいろアレンジも楽しめるのでいいのですが、透明にする寒天の場合は、
前日仕込むと濁るので持っていく日の朝に作る方がいいと思います。

 

そうそう、以前、大量にあったレモンで仕込んでおいた、大瓶入りのはちみつ檸檬ですが、

冷凍庫から取り出して、ようやく出番です。

これが、薄めたアイスティーに、はちみつに漬けた果肉をぎゅっと絞り、
汁を少し入れて氷を浮かべれば暑さ対策の水分補給にも重宝しますし、
牛乳寒のシロップ、お菓子の仕込みにも大活躍です。

 

今回はもう一つ、おやつパン、シナモンロールのお話も。

甘くって、シナモンがきいていてボリューミーな、シナモンロール

シナモンロールと言えば、

もうずいぶん前になりますが、映画「かもめ食堂」の中にも登場していましたね。

 

伸ばしたパン生地にシナモンシュガーをふって、

端っこからくるくる巻いて、互い違いに包丁で切り分けて、

オーブンで焼き上げ、焼きたてのあっつあつをハフハフ言いながら頬張ってましたっけ。

おいしそうに食べてましたよね。

 

また、同じく登場した、おにぎりにも影響されて

すぐにご飯を炊いて、おにぎりを作って食べた、ということもありましたっけ。

 

 

さて、そんな、シナモンロール。

子供が小さいうちから何度も焼いてはいるのですが、

雑誌「料理通信」の5月号“みんなのパン”に、“シナモンロール大研究”というのが載っていましたので、
どちらかというと馴染みのある、フィンランドタイプ(かもめ食堂に出てくるのもこちら)のレシピを
拝借して作ってみました。

 

改めて記事を読んでみると、本当にいろんなタイプのシナモンロールがあってびっくり。

一時期には、フォークとナイフで切り分けて食べるのを出しているお店もありましたし。

 

 

自分で今まで作っていたのも、フィンランドタイプに近いのですが、このレシピだと一つが巨大( ;∀;)

一つでお腹いっぱいになりそうな感じ…

出来上がったのがこちらです。

 

☆Korvapuusti フィンランドタイプのシナモンロール

 

シナモンロールK

 

 

シナモンシュガーの甘みが抑え目だった…よく混ざっていなかったのかな?

自分としては、上にアイシングをかけるのが好き~♪

 

あなたはどんなのがお好きですか?

 

 

 

最後におまけ、私のブログです。

一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、

日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

Handwork & Café Atelier_shizz 主宰、JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー、

自称、パン職人…ある時から「パンの人」と呼ばれる。