雛デコケーキ

2017.03.10

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

 

3月に入りました。

遅ればせながら、ぱんびーのでもお雛様を飾りましたよ。

 

実はこのお内裏さまは、

私の2番目の姉がずいぶん昔に作ってくれた、

木目込み雛なんです。

 

 

お雛様って、

どれ一つをとっても表情が違いますよね。

その時代時代によっても流行?というのかな、

頬のふっくりした感じとか、

目つきとか、またその煌びやかな衣装とか、

こんな古風な慎ましやかなものにも、

ちゃんと流行があるんだなって思うわけです。

 

 

で、この、姉が作ってくれたお雛様、なんですが

この次の年に、三人官女も欲しいよー、と

リクエストしておいたのですが、今に至ります(笑)

 

 

我が家には、このお雛様の他にも、

その昔私の母が買ってくれた、7段飾りのそれなりに立派な飾りもあるのですが、

我が家に初代わんこの、マフィンちゃんを迎えて以来、陽の目を見ることはありません。

 

そのお雛様も、いつかは娘の嫁ぎ先に行くことでしょう。

はい、嫁いだ暁には、ですが( ̄▽ ̄)

 

 

さて、2年にわたって書かせていただいておりました、

この、【パンときどきお菓子】ですが、この3月でお終いでしょうか。

【パン弁当プロジェクト】も、さほど突き詰められなかった気もしますが、

2年目の最後を飾る3月は、せっかくなんでお雛祭りをテーマに、と思った訳です。

 

 

ここ数年、アニバーサリー的なケーキを、定期的に作ろう、とついしていたにも関わらず

あまり続けてこれていないのが現実ですが…

 

お雛祭りなんで、それらしいデコレーションケーキを作ろう、と思い立ちました。

とはいえ、いわゆる【雛デコケーキ】的なものは、数年前に作っていましたので、

其方の画像をご紹介しますね。

 

 

2年前のひな祭りのときのケーキです。

ケーキ上部の飾りは買い置きしてあった既製品の飾りですが、

抹茶生地のロール生地に、中には抹茶のムース、自家製の栗の渋皮煮を巻き込んであります。

 

 

 

うーん、これは美味しかった( *´艸`)

今度は飾りも自分で作れるように頑張りたいな。

 

 

で、今年はどうしよう?
と考えて、とりあえず苺だけは購入してきましたよ。

 

 

それで、最近お気に入りの、スフレロール生地で

中には、クレームムースリーヌ(カスタードクリームにバターを練りこんである)と苺を巻き込み、
表面を豆乳ホイップで薄くデコレーションしてみました。

 

【豆乳ホイップの苺のスフレロール】

 

甘さが本当に控えめ。

そもそも白い砂糖ではなく、きび砂糖を使っているからですが、

生地の色も綺麗にはあがらないし、でも美味しくて好きなんですよね、きび砂糖。

 

せっかく丸く巻けていたのを上からつぶしてしまったので、

形は可愛くないのですけどね(*’▽’)

 

 

今年はもう少しデコレーションとアイシングの腕を磨くぞ!
って、あれ?昨年も同じようなこと言っていたきがするけど…。

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

 

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

お正月のお菓子

2017.01.07

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

 

2017年も明けましたね。

昨年と変わりませず、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ちなみに、今年のお節。

地味ですが、やはり味わいがある、旨煮にしました。

 

 

 

 

そして、いつも通り、なお雑煮です。

今年は、市松の生麩を使いましたが、

やはり、好きですね、生麩♪

 

 

さて、1月のお題はといいますと…

【お正月のお菓子】です。

 

 

お菓子、と一口に言いましても、

古今東西、今ではいろんな国のスィーツが簡単に手に入るようになりましたよね。

 

和菓子に洋菓子、氷菓など…etc

 

 

日本全国、

いろいろな土地にお住まいの方は多いと思います。

そして、季節を彩るお菓子も多種多彩を極めています。

 

 

実は、私の生まれ育った、この北海道にも、

季節を感じさせる食材、料理、というのはたくさん存在しています。

皆さんがお住いの地域にも、ですよね?

 

 

その中でも、【お正月】、ということに注目してみると、

あるんですよ、この北海道にも。

 

 

私の生まれ育った実家(禅寺の娘です)、では、

小さい頃から、毎年暮れには、神棚に【口取り】(菓子)

というものをお供えしておりました。

以下、参考までに、北海道LikersHPより

http://www.hokkaidolikers.com/articles/2648

 

どうも、昔から、北海道独特の文化のようですが、

いわゆる、お節の海老などを模した形で、

こしあんが入っている練り切りや、

羊羹などが入っている和菓子が、詰め合わせになっているのです。

北の大地では、昔は手に入りにくかった、お正月のごちそうを象った和菓子、なのか、と、推測できますね。

 

 

ただし、いかにも、という感じで、

彩色が鮮やか過ぎ、そして甘すぎ、、

でも、習慣からどうしても買ってしまう…

 

簡単に言ってみれば、まぁ、そんなお菓子、です。

 

昨年までは、我が家(主に私が、ですが)では、

年末にスーパーで買い求め、神棚にお供えしてあったのです。

 

 

ですが、

今年は、どうしてもそれは、いやや~!

でも、お供えしたいよ~!

 

じゃぁ、自分で作ってお供えしよう!

と、無謀な考えに至った訳です。

—-

今まで、パン教室に通っていた過程でも、

饅頭とか、冷やし系とか。和菓子というものには触れた経験がありました。

 

でも、ちゃんとした和菓子、というのは

うさぎ饅頭、くらいしか作ったことが無かったんですよ…。

 

でもでも、昨年購入した、【家にあるもので簡単に作れる和菓子】

的な、本に触発されて、作ろう!と思い立った訳です。

…うーん、、前置きが長くてすみません、、

—-

今回、挑戦したのは、

【椿】と、【鶴】

 

うーん、、

レシピには「上白糖」とあるところ、

うちでは、きび砂糖を使用する、が、モットー

なため、白いところが白くならず、

少々残念な結果に…涙

 

 

一応、出来上がりはこんな感じ。

前もって、和菓子用の個包装ケースも購入済み、でしたが

えーっ???って言う、言われないとわからない代物になってしまいました、とほほ。

椿は赤くないし、、

鶴は、やはり白さが肝心、ということを実感した時ですね。。。

【練り切り:椿&鶴】

 

 

 

 

うーん、、実はこの後に、

ある方から、和三盆を頂いてあったことに気づき、

再試作を、とも考えたのですが、

思いなおして、お正月用に、クリームアイシングのケーキを作成することにいたしました。

 

ちょうど一年ほど前に通っていた、

シュガーアートの教室で習った、クリームアイシング。

 

バタークリームで!と決めていましたが、

最近ちょっとうわさに聞いていた、白あんを使ったバタークリームで、

デコレーションしてみました。

 

 

 

在庫のあった、苺パウダーを使い、シフォンケーキを焼きました。

そのシフォンを生クリームでコーティング。

そこに、白あん入りのバタークリームで絞り出した、薔薇を飾ります。

 

 

当初、白をベースに考えましたが、

何しろ、白餡の色がほぼベースになってしまうため、

着色を止むなくされました…。

 

 

 

で、出来上がりがこちら。

ラベンダーカラーが、ちょっと濃すぎかなというかんじではありますが…・

 

 

 

【苺のシフォン 白餡入りバタークリームのトッピング】

 

この、絞り出すという作業がけっこう好きです。

もっと上達したいな~。

せっかく昨年通ったのです、今年はもっと反復練習あるのみかな?

と年の初めに新たに決意した次第です。

 

 

月に一度は、デコレーション!

がんばります、はい。

 

 

 

さて、今週末からは、年明けての営業開始です。

次回はどんなパン弁当が登場するかな~?

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、
日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

 

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

【クリスマスのお菓子の家:ヘクセンハウス】

2016.12.10

こんにちは。

ベンラボアンバサダーの、坂本 静です。

 

とうとう、12月になりました。

早いものですね、あと3週間で今年が終わります( *´艸`)

 

北海道は毎日寒いです、、

寒い時にはあったかスープが一番♪

今日は、いつものあったかスープを【ポットパン】にして、いただきましたよ~。

あつあつ&ふぅふぅ、でお腹も心もぽっかぽか♪

 

 

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97%e6%ba%96%e5%82%99

 

 

スープの器に、パン生地で帽子をかぶせて焼くだけ♪

いつものスープがおしゃれに変身~(≧▽≦)

 

 

 

 

【米粉のクリームスープのポットパン】

 

%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%91%e3%83%b3

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

さて、12月のテーマは

【クリスマスのお菓子の家:ヘクセンハウス】です。

 

12月と言えば、待ち遠しいのがクリスマス。

街角にはイルミネーションが煌めき、

TVも、どこもかしこも、クリスマスムード一色に染まっていますね。

 

ぱんびーのにも、サンタランドのツリーに引き続き、

先日、個人レッスンで作らせていただいた、

手作りリースを飾りました。

 

 

【クリスマスリース2016】

 

 %e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9

 

生のグリーンのとってもいい香りがして、自分ではとても気に入っています。

入口のドアの上部に飾ってありますので、

ご来店の際には、ぜひご覧くださいね。

 

 

**** ***** ***** ***** *****

さて、本題に戻ります。

昨年の12月のブログの話題を振り返ってみましたら、

【季節を感じるパン】でした。

 

 

そこで、今年は、同じく季節を感じるものでも、

パンではなく、クリスマスにぴったりのお菓子をご紹介します。

 

【ヘクセンハウス】です。

ドイツ語で【魔女の家】という意味の、ヘクセンハウスは、

ヨーロッパなどではクリスマスに欠かせないお菓子の家です。

 

インターネットで検索してみると、

いろいろなタイプのお菓子の家が出てきます、

子供の頃の夢でもありましたが、オトナでもやはりわくわくしてしまいます(≧▽≦)

 

 

2年前に作ったものがもう色褪せて、崩壊しましたので、

今年は新築することにしました♪

 

 

まず用意するのは、レープクーヘンと呼ばれるクッキー生地。

蜂蜜を甘味料に使い、ジンジャーやシナモン、クローブなどの香辛料を利かせ、

ほろ苦さのあるクッキー生地で、ドイツやヨーロッパなどでよく用いられます。

 

今回は、蜂蜜ではなくきび砂糖を使用。

シナモンもありませんでしたので、軽めの色合いです。

 

作りたいデザインが決まったら、寝かせて置いたクッキー生地を

型紙に合わせて切り抜き、焼き上げます。

ちょうどこんな感じになります。

 

 

 

【お菓子の家のもとになるクッキーたち】

 

%e3%83%98%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%bc

 

 

 

ヘクセンハウスを作る際に重要なのは、

切り抜いた線がまっすぐで、かつ、平たく焼き上がって居ること…

なんですが、まぁ、多少は目をつぶることにします…。

 

今回は、窓の部分を切り抜き、

飴を使って、窓ガラス風に仕上げる予定でしたが、飴が無かったため、

シュガークラフト用の飾りのグラニュー糖を使ったのですが、

溶けなかった…がーん、、、

 

仕方がないので、オーブンから取り出してから、

小さいバーナーで炙ったのですが、そのせいで若干こげ、、ました。(涙

 

 

これをどう組み立てるのか?

大変気になるところでしょうね、はい。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、

粉砂糖と卵白で練り上げたアイシングを、接着剤代わりにして組み立てていくのです。

 

 

途中は省きますが、あちこちが完全にくっつくまで、

倒れないように、こんな感じに、支えて置いたりします。

 

 

 

 

【ヘクセンハウス建築現場】

 

   %e5%bb%ba%e7%af%89%e7%8f%be%e5%a0%b4

 

各パーツは、それぞれ取り付ける前に細めのアイシングで飾りをつけました。

あちこちくねくねしていますが、気にしない(笑)

 

そして、完成品がこちら、

じゃじゃ~ん♪

 

 

 

【ヘクセンハウス2016】

 

   %e3%83%98%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b92016

 

 

前回に引き続き、ちゃんと看板わんこも2頭おりますね~♪

 

ちなみに、後ろの面はこんな感じ。

焦げはごまかせてないですね…はは( ̄▽ ̄)

 

   %e8%83%8c%e9%9d%a2

 

 

 

今回はもう一棟、アイシングバージョンも作りましたので、

2棟建てるのに、約半日を要しました、、、

 

そっちの方は少し残念な感じで、全然イケてませんけど…。

 

 

 

【ヘクセンハウス2016_2】

 

  %e3%83%98%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b92016_2

 

仕上げに粉砂糖を振りかけてありますが、

自分的には、もっと氷柱などで雪国感を出したいところ。

これからさらに手を加えようかな、なんて思っています。

 

実は、なかなか大仕事ではありますが、作り甲斐はあります。

食べられるので、食べるもよし、ケースに入れて飾るのもよし。

 

どうですか?

作ってみたくなったでしょう( ̄▽ ̄)

 

 

***** ***** ***** ***** ***** *****

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、
日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

 ブログロゴ2

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

そして、私のお店「ぱんびーの」のFacebookページ、PAN VINOのブログです。

興味のある方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

Facebookページ

https://www.facebook.com/panvino215/

 

PAN VINOブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/littlebrown/

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、パン職人、

JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。

 

  ぱんびーのロゴ

 

『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』

北海道岩見沢市上幌向北1条6丁目770-40

電話:0126-26-5582

焼き菓子と、パンカフェ開業までの道のり…その3

2015.11.09

こんにちは。

ベンラボアンバサダー&ブロガーの、坂本 静です。

パンときどきお菓子の8回目は、

 

 

『焼き菓子と、パンカフェ開業までの道のり…その3』です。

 

————-

前回、前々回と、あまり『パンときどきお菓子』の部分が入っていなかったぞ、と反省しましたので、
今回は焼き菓子の話を少し。

 

焼き菓子の中でもクッキー作りの話を少々。

前回のブログの、冷凍冷蔵庫が無事搬入されたというところで、

型抜きクッキーを作るには、成型・型抜きの過程の中で、何度も冷却する必要がある、と書きました。

 

クッキーの作り方にはいくつか方法があります。

1.室温にしたバターをクリーム状に練って、砂糖を練り混ぜて、溶き卵を加えて混ぜ、
  小麦粉を混ぜ合わせてまとめ、ラップで包んで冷却後、取り出してスライスして焼成する、
  アイスボックスクッキー。

2.1よりも緩めの生地を、絞り袋に入れて天板に絞り出して焼成するパターン。

3.生地をスプーンですくって天板に落として焼成する、ドロップクッキー。

  ⇒これはよくあるアメリカンな、カントリークッキーのタイプ。

4.冷却しておいた生地を3mm程度の厚さに伸ばして、型で抜き焼成する型抜きクッキー。

  ⇒最近では、カラフルなデザインのアイシングクッキーも流行っていますよね。

 

今回私が作ったのは、4の型抜きクッキーですが、伸ばした生地を冷却しておいた天板に載せて型で抜きます。

 

 

型抜き

 

 

その後、竹串でいらない部分を排除していくのですが、
生地が柔らかくなってしまうとなかなかうまくいかないのです。

私の場合は、全て抜き終わるまで、抜き終わった分の天板も冷蔵保存しておき、一気に焼成します。

 

真夏は、生地がだれて大変ですが、9月の作業は本当にラクチンで良かったです。

 

ちなみに、完成形がこちら。

 

ウェディングクッキー

 

 

天使+お星さま+ハートのアイシングクッキーのセット。

実はこれ、息子の結婚式のウェディングクッキーだったんです。
本当は、もう少し可愛いアイシングにできたら良かったのですが、
何せ修行中なのと、残された時間が僅かだったので、これで勘弁してもらいました。

 

手渡しする時に間近で見ていましたが、こういうのって嬉しいですね、やはり(≧▽≦)

 

実は、お弁当のおまけにもちゃっかり入ってます♪

この日のメニューは、

☆中華丼

☆巨峰ジュース

☆天使のクッキー

 

中華丼弁当

 

 

 

ついでに1のアイスボックスクッキーも久しぶりに作ってみました。

バター不足の折、今回のは、サンプルで頂いたコンパウンドマーガリンを使いました。

フランス産の発酵バターが40%入っているそうですが、やはりマーガリンということになります。

 

こちらは、ココア生地でアーモンドホールが入っています。

5mm~7mm程度にスライスしたら、あとは天板に載せて焼くだけですが、

型抜きと違って、こちらのクッキーは少し広がりますので、間隔をとって並べないと、

くっついてしまうので要注意ですね(笑)

 

 

 

アイスボックスクッキー

 

 

 

今日のお弁当にもおまけにつけておきました。

 

 

トマトソースパスタ

 

————-

さて、もう一つの話題

【パン屋開業への道のり…その3】

 

一年ほど前から、開業へ向けあれこれ妄想することから始まりました開業への道でしたが、

実は、先日、10/10(土)12:00、ついに開店してしましました。

 

軌道に乗れば、11時開店の予定ですが、今月は12時開店の予定です。

今のところ毎朝バタバタ状態ですので、

まずはそこから、ですね。

 

カフェの様子は、というと、

 

 

カーテン

 

 

先日大阪へ行った時に、オーダーしてきたカーテンが届きましたので取付けました。

 

何の変哲もないフラットなカーテンですが、

シンプルな中にも品がある、この柄に一目ぼれして決めました。

この真ん中に止めてある、マグネットのついたタッセル?

のおかげでこんな風に可愛く変身しました~。

 

オープンを10/10に決めてから、

プレオープン当日の、開店間際まで、あっちを片づけたり、買い物に行ったいり、汗だくでした。

 

当日は、安然ながら写真撮影はできませんでしたので、

二日目の様子です。

 

 

 

お花たち

 

 

お祝いのお花をたくさん頂きました。

応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

焼き菓子

 

焼き菓子コーナー。

 

 

20151011パン

 

 

 

この日のラインナップは、

左から、チーズバンズ、イングリッシュマフィン、バターロール、チョコっとコルネ。

 

 

アニーズ

 

 

それと、クランベリーと胡桃入りアニーズブレッド、白ごま山型食パンです。

 

生憎、朝からひどい雷雨で、初日程の客数はありませんでしたが、

夫の職場関係の方や、私のお友達、すでにリピーターとなったお客様などもご来店頂けて、またよい一日となりました。

 

 

こうやってしばらくは毎日あたふふたとするでしょうが、

毎日少しずつでも可頑張っていけるといいですね。

 

 

すけみつさんからの花

 

 

 

————

最後におまけ、私のブログです。
一緒に暮らしている犬、ゆず(シェットランドシープドッグ)や、パン&お菓子をはじめ、日々の手作りのことなどを綴っています。ぜひ、こちらもご覧くださいね。

 

kitten’s_tail (http://ateliersiz.exblog.jp/)

 

☆————————☆

Shizuka Sakamoto プロフィール

『Handwork & Café Atelier_shizz』『パンとワインの店 PAN VINO ぱんびーの 』主宰、
パン職人、JHBS(ジャパンホームベーキングスクール)講師、薬膳アドバイザー

若い時から「パンの人」と呼ばれる。